空手上段回し蹴り(ハイキック)を決めるために重要なコツとは?

武道家におすすめの情報

空手上段回し蹴り(ハイキック)のコツと動画

上段回し蹴り

フルコンタクト空手で一撃で倒せる技といえば上段回し蹴りではないでしょうか?

 

突きやローキックでは、ダメージを蓄積させて倒す技で、なかなか一撃で倒せるものではありません。

 

しかし、上段回し蹴りは、一発当たれば、技ありや、ダメージによっては一本を奪うことができます。

 

そのため、この上段回し蹴りで、一本を狙えるほどの技量を持っているだけで、相手には大きなプレッシャーを与えることができ、試合を有利に進めることができます。

上段回し蹴りを決めるポイント

しかし、上段回し蹴りは、いきなり出していっても当たる技ではありません。

 

相手も、一撃で形勢を逆転される技ですので、上段に関する技は、かなり警戒しています。

 

そのため、上段回し蹴りで重要なのは、スキができた瞬間に確実に、しかも瞬時にそこを蹴ることができるスピードはもちろんですが、そこまでに至る、駆け引きや他の技とのコンビネーションが重要になってきます。

 

相手が思ってもいないところで技を出したり、死角を作って技を出す必要があります。

 

下段回し蹴りや前蹴りなどで注意をそらしたところからのコンビネーションを使ったり、突きを出して死角を作り、突きを出したと同時に、突きと同じ側の足で上段を蹴ったりするような工夫が必要になります。

 

 

上段回しをスムーズに出すために必要な柔軟性

上段回し蹴りで狙っていく場所は、アゴやコメカミを狙うことになります。

 

当然、高い場所を狙いますので、股関節の柔軟性が非常に重要になります。

 

股関節の柔軟を高めるストレッチはこちら

 

ローキックを蹴るくらいの感覚で、ハイキックが出せないと、スピードのある蹴りは出せませんので、この柔軟性はしっかりと身につけておいてください。

 

蹴りの高さとスピードとキレを決めるもの

その股関節の柔軟性ができると、上段回し蹴りを出していくときに、蹴りの高さを決めてくる、膝の抱え込みを高くすることができます。

 

この膝の抱え込みが低かったり、しっかりと抱え込みきれていないと、足を振り回すようなスピードのない蹴りになったり、タメがある切れのある強い蹴りができなかったりします。

 

しっかりと高い位置まで、膝をしっかり抱え込みできるように何度も稽古をすることが必要です。

 

そこから、膝の抱え込みのタメを解放するように蹴っていくのですが、そこで軸足の踵を相手の方に向けるようにして返していきます。

 

このことによって、腰の入ったスピードと切れのある上段回し蹴りを蹴ることができます。

 

スピードのある回し蹴りを練習するのにおすすめのスタンディングバッグはこちら

 

相手に蹴りを読まれないために気をつけること

また、高いところを蹴るときに多いのが、体の軸がぶれてしまっていることです。

 

特に、後ろや軸足の方へ倒れてしまっている人が多いのですが、軸がぶれてしまうと、相手に動きを読まれたり、蹴った後に次の動作ができず、相手にスキを見せてしまうことにもなります。

 

軸がぶれないように、軸足を安定させた蹴りが出せるような筋力も重要ですね。

 

上段回し蹴りは、軽く当たるだけでも相手を倒すことができる技です。

 

パワーよりも、スピードやキレを重視して稽古するといいですね。

 

 

上段回し蹴りのおすすめ動画

 

 

中段回し蹴りのコツはこちら

下段回し蹴りのコツはこちら

後ろ回し蹴りに必要なこと

大きなダメージを与える膝蹴りのコツや注意点、試合での使い方

フルコンタクト空手で一本が狙える科学的な方法はこちら

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら

空手グッズの通販サイト CHAMP ONLINE

空手の世界チャンピオンから上達法を学ぶならこちら

フルコンタクト空手を科学的に分析・解説しているのはこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

空手の組手で有利なカウンター後の先(ごのせん)テクニック
空手の組手で有利なカウンター後の先(ごのせん)テクニックについて紹介しています。
裏回し蹴りの大切なコツとは?使える技にするポイントを紹介!
カウンター裏回し蹴りを習得して、空手の組手の技の厚みを作りましょう。裏回し蹴りには、コツがあります。それを知ることで、意外と初心者でも使える技となります。組手でも使うポイントがあります。ぜひご覧ください。
フルコンタクト空手黒澤浩樹と角田信郎と村上竜司の試合動画
フルコンタクト空手黒澤浩樹と角田信郎と村上竜司の試合動画の紹介です。
空手中段回し蹴り(ミドルキック)の重要なコツとは?蹴るまでが大切な理由
空手中段回し蹴り(ミドルキック)のコツの紹介です。中段回し蹴りは、威力が強く、相手の肝臓などの急所に当たれば、一発で一本が取れる蹴り技です。しかし、ただ蹴るだけでは当たりません。スピードと強さを上げて、相手に当てるには重要なコツがあります。ぜひご覧ください。
空手下段回し蹴り(ローキック)のコツや目的別の狙う場所とは?
空手下段回し蹴り(ローキック)のコツの紹介です。下段回し蹴りは、蹴り技の中では最も多く使われる技です。ダーメージを与えたり、足を刈ったりと様々な目的で使われます。ぜひご覧ください。
フルコンタクト空手前蹴りで重要とされる3つのポイントを解説!
フルコンタクト空手の前蹴りのコツや使い方についての紹介です。前蹴りは蹴り方によっては、ケガや骨折をしてしまいます。効果的に前蹴りを蹴るにはどうのようなことに気をつければいいのか紹介いたします。空手初心者におすすめのページです。
空手下突きのポイントと動画とは?小さい動きで強い下突きを出すコツとは?
空手下突きのポイントと動画を紹介しています。
鉤(カギ)突きを決める3つの重要なポイントとは?おすすめの動画紹介
空手の鉤(カギ)突きのポイントと動画を紹介いたします。 鉤突きは、他の技を有効にするためにも、覚えておきたい技の一つです。 鉤突きで、相手に大きなダメージを与えることもできます。 スピードと威力を上げるために3つの重要なポイントがあります。 ぜひ、ご覧ください。
空手裏拳の使い方と動画
空手では大会ではあまり使われない裏拳があります。その使い方を紹介いたします。
蹴り技や突き技を素速く出せるようにするには?
空手で蹴り技や突き技を相手のスキを見て出そうと思っても、遅れてしまうと防御の体勢を取られてしまいますし、反対に反撃の隙を与えてしまうことになります。瞬間的に技を出すにはどうすればいいのか?どのような稽古やトレーニングをすればいいのかを紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。
難しい空手の足技、蹴り技が上手くなる練習法
空手の中でリーチが長く攻撃においてとても有効的な足技。足技といっても種類は様々ですが、使用するのは難しい部分も多くあります。そんな足技をより上手く、効果的に使えるようになる練習法についてみていきましょう。