空手の組手で有利なカウンター後の先(ごのせん)テクニック

武道家におすすめの情報

空手の組手で有利なカウンター後の先(ごのせん)テクニック

空手の後の先カウンター

空手の組手で、理想の形といえば、相手が反応できない技でしょう。

 

抜群のスピードとタイミングが合えば、そのような技を出すことができます。

 

しかし実際は、そのような技が出せることはほとんどありません。

 

よほど力の差があれば可能かもしれませんが、大会などではこちらから攻撃を仕掛けられる場面ばかりではありません。

 

当然相手からも攻撃を仕掛けられることも多々あります。

 

こちらから攻撃しての一本だけを狙っていては、なかなか決まりませんし、技も単調になってしまうでしょう。

 

そこで、もし、身につけていれば組手を有利に進められるテクニックがあります。

 

それが、カウンターテクニックです。

 

カウンターが狙えるようになれば、相手が攻撃を仕掛けにくくなります。

 

こちらから攻撃を仕掛けられる場面も多くなり、有利な立場で組手を進められることになるでしょう。

 

相手が動いた瞬間はスキだらけ

空手の後の先カウンター

相手が攻撃しようとしたり、フェイントをかけようとしたりする、動き出す瞬間というのは、その動きを修正することが難しいです。

 

その瞬間というのは、スキだらけで、防御に移る動作も難しく、技が決まりやすくなります。

 

それがカウンターです。

 

後の先(ごのせん)ともいいます。

 

しかし、このカウンターも、ただ相手が攻撃するところを狙っているだけであれば、おそらく相手の攻撃を受けてしまうでしょう。

 

安易なカウンター狙いは、逆に命取りとなります。

 

相手に先に攻撃をさせるといっても、相手の間合いで攻撃させてはいけません。

 

自分がしっかりと間合いを詰め、相手にプレッシャーをかけておく必要があります。

 

そして、相手がガマンできずに無理に攻撃するところを狙えば、スキも多く、間合いを詰められた体勢から攻撃に移るまでに時間がかかりますので、カウンターは決まりやすくなります。

 

また、しっかりと間合いを詰めていれば、相手がカウンターを誘ってきていたり、逆に、カウンターを狙ってきていたりしても、こちらの攻撃があたりますし、間合いが詰まってカウンターを受けにくくなります。

 

あとは、スピードの速さも重要です。

 

いいタイミングで技が出せたとしても、それが当たるまでのスピードが遅ければ、相手に防御の体勢をとられてしまい、カウンターは決まらないでしょう。

 

また、タイミングがよければ、少ないパワーで相手にダメージを与えられますので、力よりスピードが重要になってきます。

 

カウンター裏回し蹴り 空手の組手の技の厚みを作る

 

 

カウンターのポイント

は、相手の攻撃しやすい間合いからの攻撃を狙うのではなく、

  • しっかり間合いを詰めてプレッシャーをかける
  • 相手が無理に攻撃してくるところを狙う
  • スピードのある技を出せるようにする

ということですね。

 

空手のカウンター技の動画

 

空手上達におすすめするDVD

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら

空手グッズの通販サイト CHAMP ONLINE

空手の世界チャンピオンから上達法を学ぶならこちら

フルコンタクト空手を科学的に分析・解説しているのはこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

裏回し蹴りの大切なコツとは?使える技にするポイントを紹介!
カウンター裏回し蹴りを習得して、空手の組手の技の厚みを作りましょう。裏回し蹴りには、コツがあります。それを知ることで、意外と初心者でも使える技となります。組手でも使うポイントがあります。ぜひご覧ください。
フルコンタクト空手黒澤浩樹と角田信郎と村上竜司の試合動画
フルコンタクト空手黒澤浩樹と角田信郎と村上竜司の試合動画の紹介です。
空手上段回し蹴り(ハイキック)を決めるために重要なコツとは?
空手上段回し蹴り(ハイキック)のコツと動画を紹介しています。 決まると技ありや一本になる可能性の高い上段回し蹴り。 しかし、そう簡単に当たるわけではありません。 上段回し蹴りで一本を決めるためには、様々な要素が必要になります。 ぜひ、ご覧ください。
空手中段回し蹴り(ミドルキック)の重要なコツとは?蹴るまでが大切な理由
空手中段回し蹴り(ミドルキック)のコツの紹介です。中段回し蹴りは、威力が強く、相手の肝臓などの急所に当たれば、一発で一本が取れる蹴り技です。しかし、ただ蹴るだけでは当たりません。スピードと強さを上げて、相手に当てるには重要なコツがあります。ぜひご覧ください。
空手下段回し蹴り(ローキック)のコツや目的別の狙う場所とは?
空手下段回し蹴り(ローキック)のコツの紹介です。下段回し蹴りは、蹴り技の中では最も多く使われる技です。ダーメージを与えたり、足を刈ったりと様々な目的で使われます。ぜひご覧ください。
フルコンタクト空手前蹴りで重要とされる3つのポイントを解説!
フルコンタクト空手の前蹴りのコツや使い方についての紹介です。前蹴りは蹴り方によっては、ケガや骨折をしてしまいます。効果的に前蹴りを蹴るにはどうのようなことに気をつければいいのか紹介いたします。空手初心者におすすめのページです。
空手下突きのポイントと動画とは?小さい動きで強い下突きを出すコツとは?
空手下突きのポイントと動画を紹介しています。
鉤(カギ)突きを決める3つの重要なポイントとは?おすすめの動画紹介
空手の鉤(カギ)突きのポイントと動画を紹介いたします。 鉤突きは、他の技を有効にするためにも、覚えておきたい技の一つです。 鉤突きで、相手に大きなダメージを与えることもできます。 スピードと威力を上げるために3つの重要なポイントがあります。 ぜひ、ご覧ください。
空手裏拳の使い方と動画
空手では大会ではあまり使われない裏拳があります。その使い方を紹介いたします。
蹴り技や突き技を素速く出せるようにするには?
空手で蹴り技や突き技を相手のスキを見て出そうと思っても、遅れてしまうと防御の体勢を取られてしまいますし、反対に反撃の隙を与えてしまうことになります。瞬間的に技を出すにはどうすればいいのか?どのような稽古やトレーニングをすればいいのかを紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。
難しい空手の足技、蹴り技が上手くなる練習法
空手の中でリーチが長く攻撃においてとても有効的な足技。足技といっても種類は様々ですが、使用するのは難しい部分も多くあります。そんな足技をより上手く、効果的に使えるようになる練習法についてみていきましょう。