剣道の試合で役立つ稽古方法

武道家におすすめの情報

剣道の試合で役立つ稽古方法記事一覧

試合時間フルに戦えるスタミナと瞬発力を同時に鍛えるタバタ式トレーニング

どんなスポーツにおいても、試合では勝ちたいと思うもので、剣道という武道も、もちろん同じことと思います。では剣道という武道で、それを実現させるにはどうしたらよいのでしょうか。5分間動けるスタミナまずは剣道では、試合時間は、年齢にもよりますが、一般的には5分程度になるかと思います。5分というと、短い時間...

≫続きを読む

 

体の小さい人が試合で勝つために必要な稽古や上達の仕方

体の小さい人が、剣道の試合で勝てるようになるには、小手や胴を狙うという作戦があり、小手や胴を打つ技で勝負する必要があります。それには、それ相応の稽古や上達の仕方があります。巻き技を使って小手を狙う方法出ばな小手面返し胴面抜き胴などを中心に、自分よりも背の高い相手に稽古をつけてもらうことで、身につける...

≫続きを読む

 

剣道小手を得意技にするには?

小学生から高校卒業まで剣道をしていましたが、正直下手くそで、試合でもなかなか勝てませんでした。私は、背がとても低く、常に頭一つ分以上も、背の高い相手と試合をしていました。当然、体格でとても不利で、ほとんどの試合で面を取られて負けていました。昔は、インターネットも普及していないので、すぐに調べることも...

≫続きを読む

 

剣道の上達や稽古や試合で役立つ知識や考え方

実際に剣道の試合で勝てるようなテクニックは、いろんな角度から考えることができると思います。試合は時間制限がある試合コートの広さが各試合によって変わる自分の剣道のタイプ相手のタイプがある団体戦個人戦これらを把握して試合に臨むことで、試合運びや一本への近道となることと思います。試合の序盤戦、中盤戦、終盤...

≫続きを読む

 

剣道の試合で打たれるリスクが少ない攻撃するべき機会を多くするには?

剣道をやっている皆さんで、道場の練習では実力が出せるのに、試合になると、結果が思うように出せない方がいると思います。道場での実力が出せれば、勝ったかもしれません。では、どうすれば、普段通りの実力を出せる、試合巧者になれるのでしょうか?いつもとは違った角度で、勝てるようになるテクニックを考えてみようと...

≫続きを読む

 

剣道で勝つために実践すべき6つのポイント

せっかく剣道をやるのですから、勝てるようになりたいです。剣道で勝つために実践すべき6つの事を、ポイントとしてまとめました。ぜひ、ご覧ください!【剣道で勝つために その一】隙を消してチャンスをうかがう実際の試合において、相手が最大の隙をつくる瞬間とはいつでしょうか。それは、相手が技を打ってきたその瞬間...

≫続きを読む

 

試合で技を出す時に気をつけること、稽古で意識すること

剣道は、スポーツというよりも日本伝統の”武道”であり、体力だけではなく、精神的安定も重要な上達要素の一つではないかと感じます。試合に向けての練習というよりも、毎日の稽古の積み重ねであり、試合直前になると緊張することもあり、さらなる集中力が必要になります。一本一本集中して打つ毎日の基本練習はただ打ち込...

≫続きを読む

 

剣道の有効打の条件を知り稽古で意識することで上達する

剣道は武道であり、その試合において勝敗を決めるのは、基本的には3人の審判の判定という事になります。同じ武道である柔道には、技あり有効効果など「一本」意外にもポイントとなる攻防があります。しかし、剣道には3人の審判の2人以上が有効と認めた「一本」以外に、打突によるポイントはありません。2つの「一本」を...

≫続きを読む

 

剣道で相手を攻めるべき打突のチャンスを知って一本を決める

剣道で勝つためには、一本を取らなければなりません。一本を取るためには、相手の部位を打って捕らえる必要があります。相手の部位を打って捕らえるためには、打つためのチャンスを作らなければなりません。つまり、攻めが重要となります。同時に、相手に一本取られて負けないようにしなければなりません。一本を取られない...

≫続きを読む

 

背の低い人が剣道の試合で勝つための戦略や稽古方法

私も小学生のころから剣道をしていましたが、背が小さくて大変苦労していました。試合で知らない人と対戦するときでも、あたま一つ分ぐらい身長が違う相手と、常に対戦していたのでなかなか勝つことができませんでした。しかし、やるからには勝ちたいと思い、いろいろ考えていました。どれだけがんばっても身長を伸ばすこと...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク