柔道初心者が知っておきたい投げ技・受け身・抑え込み技・組み方とは?

武道家におすすめの情報

柔道初心者が知っておきたい投げ技・受け身・抑え込み技・組み方とは?

柔道初心者が知っておきたい投げ技・受け身・抑え込み技・組み方とは?

柔道をはじめると、様々な新しいことを覚えていくことになります。

道場で丁寧に教えてもらえるから大丈夫だろうと思っている人もいるでしょう。

 

しかし、実は丁寧に教えてもらえるとは限らないのです。
なぜなら、これは指導者にもよるのですが、丁寧に教える人もいれば、先輩の動きを見て覚えてくださいという人もいるからです。

 

確かに先輩の動きを見て学ぶというのは大切なことです。
ところが、それは柔道の知識をある程度持っている場合です。
やはり初心者であっても、ある程度の知識は知っておくことで、先輩の動きから多くのものを学べるようになります。

 

そこで、初心者が知っておきたい

  • 投げ技
  • 受け身
  • 組み方
  • 抑え込み技

について紹介いたします。

 

受け身

柔道の最も大切な基本といえば

  • 受け身

でしょう。

 

安全に柔道を行っていくには、この受け身ができないといけません。
いくら投げ技や寝技がうまかったとしても、投げられてケガをしてしまっては、柔道を続けていくことはできません。
そのため、入門したころは、かなりの時間をかけてこの受け身の練習をします。

 

受け身の種類は4種類あります。

  1. 後受身
  2. 横受身
  3. 前受身
  4. 前回り受身

の4つです。

 

何度も何度も同じことをして、初めは面白くないかもしれません。
しかし、実際に柔道で投げられてみて、その重要さがよくわかります。
そのため初心者は、集中して何度もこの受け身の練習をしておきましょう。

 

具体的にはこちらをご覧ください。

 

 

前回り受け身は初心者にとっては、少し難易度が高いかもしれません。
こちらでコツなどを紹介していますので、ご覧ください。

 

 

組み方

釣り手と引き手

柔道では相手と組み合っておこなう武道です。

 

基本の組み手は

  • 襟(えり)
  • 袖(そで)

をもつようになります。

 

襟の方は、相手を釣り込むときに使います。

 

そのため

  • 釣り手

と呼ばれています。

 

袖の方は、動きに合わせて相手を前や横へ引き、崩していくときに使います。

 

そのため

  • 引き手

と呼ばれています。

 

持つ場所もいろいろありますが、具体的な方法はこちらをご覧ください。

 

 

相四つとケンカ四つ

先程、釣り手と引き手を説明しましたが、右手で襟を持ち、左手で袖を持つ組み方を

  • 右組み

といい、反対を

  • 左組み

といいます。

 

相手が自分と同じ組み方

  • 自分が右組み、相手も右組み
  • 自分が左組み、相手も左組み

という場合、

  • 相四つ

と呼ばれます。

 

相手が、自分と反対の組み方

  • 自分が右組み、相手も左組み
  • 自分が左組み、相手も右組み

という場合

  • ケンカ四つ

といいます。

 

具体的にはこちらをご覧ください。

 

 

八方の崩し

相手と組み合って、いきなり投げ技を狙っていても、投げることはできません。
相手の体勢やバランスを崩して、それに合わせて技を出していくことで、簡単に相手を投げることができます。

 

相手を崩していくには、様々な方法で、相手の体勢を崩していきます。

 

その方法は大きく3つあります。

  1. スピード
  2. リズム
  3. 方向

を変化させることです。

 

それらの3つを変化させることで、相手が対応できなくなり、体勢やバランスが崩れることになります。

 

柔道の崩しには、8つの方向があり、それを

  • 八方の崩し

とよんでいます。

 

具体的にはこちらをご覧ください。

 

 

投げ技

回転して投げる技

相手の前で回転して投げる技に

  • 背負投
  • 払腰
  • 大腰
  • 体落
  • 釣込腰

などがあります。

 

一本を狙える重要な技といえます。
動作が大きいため、いきなりこの技を狙っていても、なかなか決まることはありません。

 

相手を崩しておくことが重要です。
具体的な方法はこちらをご覧ください。

 

 

刈る投げ技

相手の足を刈って投げる技があります。

  • 大外刈
  • 大内刈
  • 小内刈
  • 小外刈

などがそうです。

 

その技その技にポイントがありますが、共通していえるのは

  • 最後まで刈りきる
  • 頭の向きは投げる方向
  • つま先を伸ばす

ということです。

 

具体的な方法はこちらをご覧ください。

 

 

払う投げ技

足を払って投げる技です。

  • 膝車
  • 出足払
  • 送足払
  • 支釣込足

などがあります。

 

当然この技自体で、技を決めるのですが、相手の体勢をこの技で崩して、次の技につなげるためにも多用される技です。
覚えておくことで、試合を有利に進めることができます。

 

具体的な方法はこちらをご覧ください。

 

 

抑え込み技

投げ技などが上手く決まらなくて、倒れ込んだ状態でも、技を出して一本を取ることができます。
それが

  • 抑え込み技

です。

 

この抑え込み技が強いことで、組んだときにも相手にプレッシャーをかけて、試合を有利に進めることができます。
抑え込み技は

  • 袈裟固
  • 縦四方固
  • 肩固
  • 横四方固
  • 上四方固

などがあります。

 

具体的な方法などはこちらをご覧ください。

 

 

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

柔道の基本の組み方とは?知っておきたい釣手と引手の使い方とは?
柔道の基本の組み方釣手と引手について説明しています。組む手には、釣り手と引き手があります。具体的な役割や使い方を紹介しています。 ぜひご覧ください。
柔道の2つの組手の相四つとケンカ四つとは?初心者が覚えておきたい
柔道の2つの組手の相四つとケンカ四つの説明です。 柔道の組み方には大きく2つの組み方があります。 それらの具体的な説明とメリットやデメリットなどを紹介いたします。
柔道の投げ技に入るための八方の崩しを具体的に解説!
投げ技に入るための八方の崩しについての説明です。 投げ技は、力任せに投げても決まりません。相手の体勢やバランスを崩すことで、簡単に投げることができます。 その相手を崩す基本を具体的に紹介いたします。
柔道受身の基本4種類と初心者が理解しやすい動画を紹介!
柔道の受身の基本と種類と動画を紹介しています。柔道の基本といえば受け身でしょう。柔道を初めたときには、受け身の練習に時間をかけます。それだけ大切なものです。しかし、初心者は、コツが掴めなかったり、うまくできなかったりします。 そこで、受け身のコツや動画を紹介いたします。ぜひご覧ください。
子供に柔道の受身を徹底して教える絶対に外せない理由とは?
子どもが柔道始めたばかりで、受身の練習ばかりで辞めたい気持ちになる事があります。しかし、柔道は受身ができないのに次の段階に進むと、必ずケガにつながります。
一本背負い・背負投げの重要なコツや具体的な練習のポイントとは?
背負投げは柔道の技においては基本的な手技の一つです。背負い投げと同様、手技の一種としてあるのが一本背負いです。それらの投げ方やコツ、注意点や稽古方法や動画を紹介いたします。
柔道の受け身が苦手な方必見!初心者でもできる前回り受け身のコツとは?
前回り受け身(前方回転受身)は、柔道に関するあらゆる技術の中でも初歩中の初歩といえる動きです。 柔道家ならマスターしていて当然といっていい動作ですので、「前回り受け身ができない!」と悩んでこの記事に辿り着いた方の多くは体育の授業で柔道をすることになった未経験者なのではないでしょうか。 前回り受け身を修得しておけば、思いっきり投げられても肩・背中・腕・腰・脚などを順番に地面につけて衝撃を分散することができるため、大した怪我もしなくなるのです。