初心者が知っておきたい剣道防具の知識とは?部位の名前・しまい方・着け方

武道家におすすめの情報

初心者が知っておきたい剣道防具の知識とは?部位の名前・しまい方・着け方

剣道を初めた頃というのは、覚えることがたくさんあります。
防具についての知識も、その一つです。

 

  • 防具の部位の名前
  • 防具の着け方
  • 防具袋へのしまい方
  • 防具の臭い対策

など、覚えることは結構あります。

 

道場で教えてもらうでしょうが、すぐにすべてを覚えられるわけではないでしょう。
そこで、剣道初心者が知っておきたい防具の知識について紹介していきます。

 

防具の部位の名前

剣道の防具は

 

  • 甲手
  • 垂れ

 

がありますが、それらの防具の各部位にも名前があります。

 

面の部位の名前

面の各部位の名前

面は頭や顔、喉を守る防具です。

 

  • 顔を守る面金
  • 喉を守る突き垂
  • 頭頂部や肩を守る面布団

などがあります。

 

各部位の詳しい名前はこちらをご覧ください。

 

 

甲手の部位の名前

甲手の部位の名前

甲手は手を守る防具です。

 

  • 指の部分を守る甲手頭
  • 手首を守る部分の筒
  • 腕を守る部分の甲手布団

などがあります。

 

甲手の各部位の詳しい名前はこちらをご覧ください。

 

 

胴の部位の名前

胴の部位の名前

お腹や胸を守ってくれる防具が胴になります。

 

  • 胸を守る部分の胴胸
  • お腹を守る部分の胴台
  • 脇腹を守る部分の小胸

などがあります。

 

胴の各部位の詳しい名前はこちらをご覧ください。

 

 

垂の部位の名前

垂の部位の名前

お腹や腰や下腹部を守ってくれる防具が垂です。

 

垂れネームを着けるのは大垂の真ん中になります。
垂の各部位の詳しい名前はこちらをご覧ください。

 

 

面タオルの着け方

 

防具の面をつけるときには、頭と面の間に面タオルを着けます。
初心者にとっては、その面タオルをどのように着けているのかわからないと思います。

 

面タオルのつけ方は、基本的に2種類あります。
どちらの方法にしても、頭にフィットさせていないと、動いているうちに面タオルがズレてきます。
何度も練習して、素速くズレないように着けれるようにしておきましょう。

 

面タオルの着け方の詳しい方法や動画はこちらを御覧ください。

 

 

面紐の結び方

 

面を着けるときは、面紐で結んで着けることになります。

 

  • 面乳革が下についているもの
  • 面乳革が上についているもの

もあります。

 

少し混乱してしまうかもしれませんが、一度覚えてしまうと簡単です。
動画で通し方や結び方などを解説していますので、詳しい方法はこちらをご覧ください。

 

 

胴紐の結び方

 

胴は

  • 下側の胴乳革から出ている胴紐同士を結ぶ
  • 上側の胴乳革から出ている胴紐を反対側の胸乳革に結ぶ

という方法で着けていきます。

 

胸乳革に胴紐を結ぶときは

  • 通常の1回結び
  • 試合におすすめの2回結び

などがあります。

 

しっかり結んでいないと、動いているときに緩んできます。
稽古や試合を中断させてしまうことになります。
ほどけないように、しっかりと結ぶことが重要です。

 

胴紐の詳しい結び方の動画はこちらをご覧ください。

 

 

面乳革の付け方

 

面乳革は、消耗してくるとちぎれてくることがあります。
そのときには、新しい面乳革を取り付けることになります。
取り付ける場所や、面紐との結び方などを覚えておくようにしましょう。

 

面乳革の付け方の詳しい方法はこちらをご覧ください。

 

 

胴乳革の付け方

 

胴乳革も、消耗してくると切れてくることがあります。
その時は、自分で交換することになります。
ペンチなどを使うと簡単に交換できますので、ぜひ、覚えておいてください。

 

 

甲手紐の通し方

 

甲手の紐は、普段結んだり通したりすることはありません。
しかし、時々紐が切れたり緩んだりすることがあります。

 

そのようなときは、紐を交換することになります。
複雑に見えますが、一度覚えれば簡単にできるようになりますので、覚えておきましょう。

 

 

防具の片付け方と防具袋へのしまい方

 

剣道の稽古が終わったら、片付けをします。
防具も片付けをしてきれいな状態にしておきます。

 

適当に片付けてしまうと、紐が出たり、見た目が悪かったりします。
剣道では体を守ってくれる防具を大切に扱います。

 

片付けるときにも、大切にきれいな状態で片付け、防具袋に入れておきましょう。
具体的な方法はこちらをご覧ください。

 

 

手刺しとミシン刺し防具の違い

 

剣道の防具には、主に

  • 手刺し
  • ミシン刺し

の2種類があります。

 

文字通り、手刺しは職人さんが一針一針手で刺して糸を締めて作られたものです。
ミシン刺しは、機械で縫われた防具となります。

 

一概にどちらがいいとはいえません。
どちらにもメリットやデメリットがあります。

 

それらを理解して購入することが大切です。
手刺しとミシン刺しのメリットやデメリットなどはこちらをご覧ください。

 

剣道防具の手刺しとミシン刺し、刺し幅の違いのメリット・デメリット

 

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら



スポンサードリンク

関連ページ

洗える小手無双を買える通販店
剣道防具の小手は甲手サポーターをしていても臭くなります。消臭スプレーをしてもいいですが、洗うのが間違いありません。洗える小手無双を激安で買える通販店の紹介です。
小手紐の通し方や結び方とは?長い場合の処理の仕方
剣道で使う甲手には、靴紐のような紐がついています。 これで小手の締め具合を調整するようになります。 この小手紐ですが、長年使っていると切れることがあります。 そのようなときは、小手紐を交換しないといけません。 しかし、小手紐の通し方がわからないという人は多いと思います。 一度覚えてしまえば、意外と簡単にできます。 そこで、小手紐の通し方や最後の結び方、長い場合の処理の仕方を紹介いたします。
剣道防具小学生用を激安で買うには?防具を買うときの注意点を解説!
剣道を始めたばかりの入門者で、低学年や少年用の防具一式買うのであれば、ネット通販がおすすめです。価格や値段が安いのはもちろんですが、メーカーやサイズなどが豊富で、人気ランキングなどもわかります。ぜひ、ご覧ください。
大人入門者用の剣道防具のおすすめの販売店
大人になって剣道を始める人もたくさんいます。初心者で防具一式を買うのであれば、まずは安いものがおすすめです。ネット販売店であれば一般用でも5万円台で販売されています。ぜひ、ご覧ください。
人気のメッシュ防具袋おすすめ通販店
剣道の防具を入れて持ち運ぶ防具袋。最近はたくさんの種類が出ていますが、手提げにもなりますしリュック、ショルダーにもなる価格の安いナイロンの3way防具袋が楽天で人気です。ぜひご覧ください。
構えが良くなり打突が強くなれるビクトリー小手
剣道の竹刀を握るときに、横握りすると脇が甘くなり、強い打突ができません。上から正しく握ると手首も上手く使えます。そんなきれいな構えが自然とできる形の小手があります。柔らかくて軽いので動きやすいので、試合でも勝てることも多くなるでしょう。ぜひ、ご覧ください。
小学生中高生に人気の手首が動かしやすい柔らかい小手の販売店
買ったその日から手首を動かしやすい柔らかい小手。非常に柔らかくて軽いので強い打突が打てます。洗濯機で洗えるので衛生的で臭いの悩みも解決できます。抗菌防臭作用もありますのでコストパフォーマンスの高いお買い得の小手です。ぜひご覧ください。
剣道防具の手刺しとミシン刺し、刺し幅の違いのメリット・デメリット
剣道の防具を購入するときに、様々なことを考慮して購入します。手刺し、ミシン刺し、刺し幅の違い、サイズや性能、それぞれにメリットデメリットが有ります。それらをわかりやすく解説しています。ぜひ、ご覧ください。
動きやすく技が出しやすい洗える柔らかい小手を購入できるおすすめのお店
小手の手首の部分の固さが、手首の動きや技に大きく影響します。柔らかい小手だと打たれると痛いという欠点もあります。独自加工されたやわらか小手なら手首は柔らかく丈夫にできているので安心です。洗濯機で洗えますので、臭いやヌルヌルも防げておすすめです。ぜひご覧ください。
面を打たれるのが痛い!面打ちの衝撃緩和グッズ面クッションの通販店
剣道の練習で面を打たれると、頭への衝撃が強く、頭が痛くなります。それが苦痛で、稽古が嫌になったり、辞めてしまったりする人もいます。そこでおすすめなのが面クッションです。その面クッションの激安店を紹介いたします。