柔道のケガや怪我の予防について

武道家におすすめの情報

柔道のケガや怪我の予防について記事一覧

柔道のケガの再発防止や予防のための最新のテーピング術

柔道では、相手を投げたり押さえ込んだりするため、腰や膝や肩などに大きな負担がかかります。稽古でも常に悲鳴を上げている状態です。そのため、怪我も多くなってしまいます。ケガをすると、稽古ができないだけでなく、選手寿命を縮めたり、絶たれたりすることもあります。さらに、柔道だけでなく日常生活にも、支障をきた...

≫続きを読む

 

どうして柔道に「禁じ手」があるのか?

柔道には「禁じ手」と呼ばれる技がいくつかあります。打撃技蹴り技も柔道においては禁じ手といえますが、もともとは公認されていた技が「ある事情」によって禁じ手になったこともあるのです。現在、国際柔道連盟(IJF)の規定で禁止技に指定されている技は4つあり、そのいずれかを試合で出すと反則負けとして扱われます...

≫続きを読む

 

柔道で視力が悪いと不利なことは?視力回復や動体視力アッププログラム

視力が悪いと柔道では不利になるのでしょうか?実際、かなり視力が悪い人も関係なく柔道をしています。さすがに柔道ではメガネをかけられないから、というのもあるでしょう。視力が悪いことは、強さには何も関係がないと思えます。しかし、ハッキリと相手の動きが見えることによって、相手の細かい動きや表情や目の動きなど...

≫続きを読む

 

柔道をして腰痛で悩んでいる人へ腰痛改善ストレッチ

柔道の選手で腰痛に悩んでいる人は多いと思います。柔道では、人を投げたり押さえ込んだりするため、腰に大きな負担がかかります。そのため、腰痛は当然起こりうる症状といってもいいでしょう。しかし、この腰痛もそのままにしておくと、ヘルニアや坐骨神経痛や脊椎分離すべり症などを起こし、柔道生命を縮めたり、柔道自体...

≫続きを読む

 

柔道耳、カリフラワーイヤー、耳介血腫の原因、予防グッズや対策、治療方法について

柔道をしている人や、格闘技をしている人によく見られる、ボコっと突き出たような耳を見た事がある人も多いと思います。一般的に柔道耳カリフラワー耳餃子耳などと呼ばれ、寝技などで、畳やマットなどに耳が擦れる事で起こる症状なのです。人によっては勲章だと言い誇りを持ってる方もいる一方で、やはり気にしている人が多...

≫続きを読む

 

柔道稽古の量だけでなく質を高めるために必要な心構え

柔道で勝つために重要なのは、一にも二にも稽古です。稽古を重ねることで体が鍛え上げられ、試合で通用する実力が身につきます。しかし、単に稽古をしていればいいというものではありません。稽古の質を上げていく本当に柔道で強くなりたいのであれば、稽古の量ではなく質にこだわらなくてはいけません。質の高い稽古は短時...

≫続きを読む

 

学生柔道で勝つために「裏投げ」を練習すべきか?

柔道をやっている人間なら、ほとんどの人が「裏投げ」を知っていることでしょう。裏投げは真捨身技5本のうちのひとつで、後方から相手の体を持ち上げて背中側に投げる大技です。プロレスでいうところの「バックドロップ」によく似ている技としても知られています。実はこの裏投げという技、学生柔道家の間で密かな人気があ...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク