空手裏拳の使い方と動画

武道家におすすめの情報

空手裏拳の使い方と動画

空手の裏拳の使い方

フルコンタクト空手の試合では、ほとんど使われない技の裏拳があります。

 

至近距離で打つことが多い裏拳ですが、本当に相手にダメージを与えようとすると、顔面を狙うことになります。

 

相手の攻撃を受け流して、横に位置した時に、流れの中で裏拳を使うという使い方もあります。

 

回転して打つバックハンドブローという使い方もあります。

 

しかし、顔面なしのフルコンタクトルールでは、反則になるため使われることはありません。

 

他の部位は、ダメージを与えにくく、有効な技とはなりにくいでしょう。

 

下突きや鉤突きの方が至近距離での攻撃も威力があり、ダメージを与えやすくなります。

 

実践では、有効な技になります。

 

実践では、試合ではありえないような、掴んだり、複数人であったりします。

 

正面から相手が来るとは限りませんし、武器を持っているかもしれません。

 

そんな場面で、試合で使うような直突きや下突きや鉤突きだけでは対応できないでしょう。

 

受けた手でそのまま攻撃できる裏拳を使ったり、横にいる相手に裏拳や鉄槌を使ったりする必要があるでしょう。

 

拳を傷めたら、手刀や掌底を使う必要もあるでしょう。

 

そのような意識を持って普段の稽古をすることも重要ですし、試合ではルールがありますので、普段の組手などで意識しておくことが重要です。

 

裏拳についてのお話を聞きましたので、紹介いたします。

 

参考になる部分もあると思いますので、ぜひ、ご覧ください。

 

 

裏拳で意表をつく攻撃をする

タイトル
「裏拳」のコダワリ

 

空手のカウンターが得意でしたが、相手が攻めてくることに対して反撃するだけではなく、自分から攻撃する技を取得しようと裏拳を得意技にしました。

 

直線的な技(空手はこの手の技が多い)に対して、裏拳などはサイドからの攻撃は意表をつける点に魅力を感じました。

 

裏拳の特徴として、素早く打ち込むことができ、軌道が読みにくく左右や後方にいる相手に不意打ちができることです。

 

攻撃部位も上段・中段から、前方・側方・振り向きざまの後方などがあります。

 

裏拳の威力を増すために、踏み込みをつけたり、より足をつけるなどと工夫をすることにより、一段と攻撃力の強い裏拳を放つことができます。

 

なお、裏拳のコツは

  • 力を入れないこと(どうしても力を込めてしまいがちですが)
  • 拳をしっかり握って肘の位置を動かない
  • 腕全体を振り回さない

ことです。

 

また握った拳を自分の顔にくっつきすぎないことも重要です。

 

「裏拳」の応用技として、フェイントに使用しています。

 

至近距離から放つため、相手をひるませることができ、別の突き技や蹴り技を連続して出すことで、効果的な攻撃に繋げることもできます。

 

裏拳の動画

 

 

空手をしている人におすすめのラインスタンプ

空手をしている人におすすめのラインスタンプです。

空手大会の結果報告スタンプ

空手おすすめラインスタンプ

空手で上達する方法

空手で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で師範や先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、空手に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

空手用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで空手用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら


空手で上達するには、一流の指導者から指導してもらうのが、一番上達します。
しかし、そのような恵まれた環境にいる人は少ないでしょう。
しかし、最近では一流指導者が、DVDで上達のコツなどを指導しているものがあります。
こちらもそのDVDの一つです。
評判のいい、おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

空手の一流指導者のDVDはこちら


スポンサードリンク

関連ページ

空手の組手で有利なカウンター後の先(ごのせん)テクニック
空手の組手で有利なカウンター後の先(ごのせん)テクニックについて紹介しています。
裏回し蹴りの大切なコツとは?使える技にするポイントを紹介!
カウンター裏回し蹴りを習得して、空手の組手の技の厚みを作りましょう。裏回し蹴りには、コツがあります。それを知ることで、意外と初心者でも使える技となります。組手でも使うポイントがあります。ぜひご覧ください。
フルコンタクト空手黒澤浩樹と角田信郎と村上竜司の試合動画
フルコンタクト空手黒澤浩樹と角田信郎と村上竜司の試合動画の紹介です。
空手上段回し蹴り(ハイキック)を決めるために重要なコツとは?
空手上段回し蹴り(ハイキック)のコツと動画を紹介しています。 決まると技ありや一本になる可能性の高い上段回し蹴り。 しかし、そう簡単に当たるわけではありません。 上段回し蹴りで一本を決めるためには、様々な要素が必要になります。 ぜひ、ご覧ください。
空手中段回し蹴り(ミドルキック)の重要なコツとは?蹴るまでが大切な理由
空手中段回し蹴り(ミドルキック)のコツの紹介です。中段回し蹴りは、威力が強く、相手の肝臓などの急所に当たれば、一発で一本が取れる蹴り技です。しかし、ただ蹴るだけでは当たりません。スピードと強さを上げて、相手に当てるには重要なコツがあります。ぜひご覧ください。
空手下段回し蹴り(ローキック)のコツや目的別の狙う場所とは?
空手下段回し蹴り(ローキック)のコツの紹介です。下段回し蹴りは、蹴り技の中では最も多く使われる技です。ダーメージを与えたり、足を刈ったりと様々な目的で使われます。ぜひご覧ください。
フルコンタクト空手前蹴りで重要とされる3つのポイントを解説!
フルコンタクト空手の前蹴りのコツや使い方についての紹介です。前蹴りは蹴り方によっては、ケガや骨折をしてしまいます。効果的に前蹴りを蹴るにはどうのようなことに気をつければいいのか紹介いたします。空手初心者におすすめのページです。
空手下突きのポイントと動画とは?小さい動きで強い下突きを出すコツとは?
空手下突きのポイントと動画を紹介しています。
鉤(カギ)突きを決める3つの重要なポイントとは?おすすめの動画紹介
空手の鉤(カギ)突きのポイントと動画を紹介いたします。 鉤突きは、他の技を有効にするためにも、覚えておきたい技の一つです。 鉤突きで、相手に大きなダメージを与えることもできます。 スピードと威力を上げるために3つの重要なポイントがあります。 ぜひ、ご覧ください。
蹴り技や突き技を素速く出せるようにするには?
空手で蹴り技や突き技を相手のスキを見て出そうと思っても、遅れてしまうと防御の体勢を取られてしまいますし、反対に反撃の隙を与えてしまうことになります。瞬間的に技を出すにはどうすればいいのか?どのような稽古やトレーニングをすればいいのかを紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。
難しい空手の足技、蹴り技が上手くなる練習法
空手の中でリーチが長く攻撃においてとても有効的な足技。足技といっても種類は様々ですが、使用するのは難しい部分も多くあります。そんな足技をより上手く、効果的に使えるようになる練習法についてみていきましょう。