剣道の攻め方

武道家におすすめの情報

剣道の攻め方記事一覧

攻めを覚えれば剣道で強くなれる!攻め方のコツとパターンを解説

剣道の攻め方については、よく「打って勝つのではなく、勝ってから打つ」という考え方が持ち出されます。なんだか言葉遊びのようで混乱してしまいますが、この言葉にはどのような意味があるのでしょうか。「打って勝つ」「勝って打つ」言葉にすると、この2つは順番が違うだけで同じ意味を持っているようにも聞こえます。確...

≫続きを読む

 

剣道の公式試合には「二刀流」も出場できる!

一刀流に比べると競技人口が圧倒的に少ないですが、剣道の世界には「二刀流」の選手もちゃんといます。そして公式ルール上、剣道の試合に二刀流で参加することには何の問題もありません。大きな大会になると、実際に二刀流の選手が公式試合に参加している様子がみられます。二刀流の剣士と戦うことに慣れていない一刀流剣士...

≫続きを読む

 

左足の使い方を工夫して剣道の実力をアップさせよう!

剣道では右足を前に、左足を後ろにして踵を浮かせるのが基本的な構えとなっています。足さばきは攻撃・防御の両方に大きく関わる重要なポイントで、これができていない剣士は試合でも大した結果を出すことができません。しかし熟練の剣士でも、試合中にずっとこの構えを維持できているわけではありません。一瞬で勝敗が決し...

≫続きを読む

 

剣道の勝率を上げる踏み込みの練習方法

剣道を始めて間もない初心者が試合で勝てないのは腕の力に頼っているから…とよく言われます。竹刀を使って戦う競技なのですから腕に意識が行ってしまう気持ちもわかりますが、上級者の攻防には腕よりも「足」の使い方に比重が置かれます。攻撃のために相手に近づくときも、相手の攻撃を躱すときも、腕だけでなんとかするの...

≫続きを読む

 

剣道で勝つための「間合い」の捉え方

「間合い」という言葉を知らない剣士はいないでしょうが、その奥深さをちゃんと理解できていない方は少なくないでしょう。ざっくりと言えば間合いとは「自分から相手までの距離」のことですが、剣道における間合いには言葉以上に重要な意味が含まれています。人によって解釈は違うかもしれませんが、間合いとはいわば「攻撃...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク