空手のケガや怪我の予防について

武道家におすすめの情報

空手のケガや怪我の予防について記事一覧

空手の怪我の予防や再発防止に役立つ最新テーピング術DVD

空手では速いスピードで、蹴ったり突いたりするために、それだけで、膝や肩などに大きな負荷がかかっています。また、急激な方向転換や、スピードのある激しい動きのため、間接だけでなく筋肉にも大きな負担がかかっています。そのため、怪我も多く発生します。怪我をしてしまうと動きが制限されたり、痛みを感じたりするた...

≫続きを読む

 

空手で怪我をしないための3つのポイント

空手に怪我はつきものです。現代ではスポーツとしても普及している空手ですが、歴史を辿れば「相手を傷つける技術」なのですから当然ともいえるでしょう。試合といっても互いに攻撃し合っているのですから、どちらかが怪我を負うのは何ら珍しい話でもありません。しかし、だからといって「怪我するのは当たり前」と放置する...

≫続きを読む

 

空手でヘルニアや坐骨神経痛や脊椎分離すべり症などの腰痛になったら?

空手の上段廻し蹴りを出すと、腰に大きな負担がかかります。また、素早く激しい動きが多いため、腰には筋肉異常の負担がかかっています。そのため、空手をやっている人には、腰痛に悩んでいる人が多くいます。最初は軽い痛みなのですが、それがだんだんとひどくなりヘルニア坐骨神経痛脊椎分離すべり症などのひどい痛みが慢...

≫続きを読む

 

空手で拳やスネや手首をけがをする人

フルコンタクト空手では、直接相手の身体に打撃をするため、固い部分に当たると、攻撃したこちら側がケガをすることがあります。突きでも蹴りでも、相手の肘や膝に当たると、固い上に面積が小さいために、ひどい時には骨折をすることもあります。フルコンタクト空手では、稽古ではサポーターなどをつけることにより、怪我の...

≫続きを読む

 

空手の組手で痛いと悩んでいる方へ

空手にはポイント式の伝統派空手実際に当ててKOを狙うフルコンタクト空手の2種類があります。現在では防具を使用する防具空手も多くなり、流派の数は数え切れません。2020年のオリンピックで公開種目になったのは、ポイント式の伝統派空手ですが、ルールが世界空手連盟方式なので、一昔前の退屈さはなく、選手も派手...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク