柔道の基本動作

武道家におすすめの情報

柔道の基本動作記事一覧

柔道の基本の組み方釣手と引手

柔道では相手と組んでする武道です。そのため、どのような相手と組むかが重要な要素となってきます。柔道の基本の組手は相手の道着の襟(えり)袖(そで)をもつようになります。襟をもつ方の手は、相手を吊り上げる動作のときに使うために釣手(つりて)といいます。拳を立てるようにしてもつことが重要です。袖を持つほう...

≫続きを読む

 

柔道の2つの組手の相四つとケンカ四つ

柔道では相手の道着をつかんで組み、それから技を出していくことになります。襟を持つ釣手と、袖を持つ引手があります。釣手と組手の説明はこちら右組みと左組み右手で襟を持ち、左手で袖を持つ組み方を右組みといいます。左手で襟を持ち、右手で袖を持つ組み方を左組みといいます。相四つとケンカ四つこのように組手には2...

≫続きを読む

 

投げ技に入るための八方の崩し

投げ技に必要なのは崩し作り掛けといわれています。いくらすごい投げ技をもっていたとしても、相手が安定した状態では、素人でない限り、決して投げることはできません。まず、相手の体勢やバランスを崩してから、技の体勢を作って、技を掛ける必要があります。では、相手の体勢を崩すにはどうすればいいのでしょうか?相手...

≫続きを読む

 

柔道の受身の基本と種類と動画

より安全に柔道を楽しむために必要な技術があります。それが受身です。受身をしっかり身につければ練習中の怪我を防ぐことができます。また、日常生活での転倒などでおこる怪我を予防することもできます。柔道の練習だけでなく、日常生活においても、怪我を防いでくれる受身ですので、しっかりと学んでおきたい技術です。基...

≫続きを読む

 

子供に柔道の受身を徹底して教える

柔道を始めた頃は、まず、受身の練習を徹底してやります。受身とは、投げられた時に、致命傷となる頭や内臓へのダメージを最小限にする技術です。ある意味柔道は、投げられること、負けた時のことを最初に徹底して体に覚えさせる、特殊な武道・スポーツと言えます。それだけ、柔道では受身を重要なことと位置づけているのだ...

≫続きを読む

 

一本背負い・背負投げの動画やコツ、練習方法について

柔道の技においては基本的な手技の一つです。柔道を見ている方にとっても、豪快で迫力のある技なので、人気のある技です。背負い投げは熟練者同士であれば、技をかけるタイミングやスキは生まれない為、なかなか技をかけることができないのも難点です。しかし、鍛錬や技術を向上させ背負い投げをかける事ができれば「一本を...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク