柔道に重要なバランス力を鍛える自重の筋トレとは?

武道家におすすめの情報

柔道に重要なバランス力を鍛える自重の筋トレとは?

柔道に重要なバランス力を鍛える自重の筋トレとは?

柔道では、

 

  • バランス
  • 重心
  • 体勢

 

が崩れたほうが投げられます。

 

柔道をしているとわかると思いますが、どんな大きな相手でも、それらが崩れたときには、非常に弱いものです。

 

柔道で勝つ秘訣は、

 

  • いかに相手の重心を崩すか?

 

ということと

 

  • いかに自分の重心を崩されないか?

 

ということです。

 

そこで自分の重心を崩されないために、柔道に重要な脚の筋力を高めながら、バランス力を高めるおすすめの自重筋トレを紹介いたします。

 

柔道のバランス力が強くなる筋トレ

 

柔道で重心を崩されないバランス力をつけていくには、当然稽古の中から身につけていくことが重要です。

 

それプラス筋トレを行うことで、効率よくバランス力をつけていくことができます。
今回は、自宅でもできる自重のトレーニングを紹介いたします。

 

 

ウォーキングランジ

 

 

  1. フロントランジと同じように片脚を大きく一歩前に出します。
  2. 前脚の膝を曲げて、後ろの脚の膝が床に着く寸前まで深く腰を下ろします。
  3. 前脚に体重をかけて立ち上がるようにして、後ろの脚を前へ大きく踏み出します。
  4. これを繰り返していきます。

 

主に脚のトレーニングですが、後ろの足を前に出すまでの間、片足立ちの不安定な状態になります。
このときにしっかりとバランスを取れないと、ふらついてしまうことになります。

 

ふらつかないようにすることで、バランス力を高めることにつながります。
柔道に必要な下半身の筋力も鍛えられます。

 

ブルガリアンスクワット

 

 

  1. ベンチの前に立ち後ろ足をベンチに引っ掛けます。
  2. 前の脚に体重をかけたまま、膝を曲げて腰を落としていきます。上半身は前に傾けないように、できるだけ立たせておきます。
  3. 太ももが床と平行になるくらいまで落としていきます。
  4. 膝を伸ばして元の体勢に戻ります。
  5. これを繰り返していきます。

 

片脚で行うスクワットです。

 

後ろ脚は引っ掛けていますが、ほぼ前の脚で立ってバランスを取りながらトレーニングすることになります。
片脚ですので、スクワットの負荷も高く、脚のトレーニングとしてもおすすめです。

 

ワンレッグデッドリフト

 

 

  1. 軸足となる方の膝を軽く曲げて片足で立ちます。
  2. 上体を前へ倒すと同時に、軸足と反対の脚を後方へ上げていきます。
  3. 上体と後方の脚が床と平行になるくらいまで動かします。
  4. スタートポジションに戻ります。
  5. これを繰り返していきます。

 

片脚で立って行うデッドリフトです。
ハムストリングスを鍛えながら、バランス力を鍛えることができます。

 

柔道に必要なバランス力を鍛える筋トレメニュー

 

これらの3つは主に脚のトレーニングです。

 

  • 柔道では下半身の強さが必要

 

です。

 

下半身のトレーニングについてはこちらを参考にしてみてください。

 

 

その下半身を鍛えながら、バランス力を鍛えられますので、おすすめのトレーニングといえるでしょう。

 

自重トレーニングで慣れてきたら、ダンベルやバーベルなどで負荷を上げてトレーニングすることもできます。

 

 

 

自重なら自宅でできますので、普段のトレーニングに取り入れてみてください。

 

柔道に必要な力を鍛える方法はこちらを参考にしてみてください。

 

 

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

筋トレで柔道の動きがぎこちなくスピードが落ちてしまうのか?
筋トレで柔道の動きがぎこちなくスピードが落ちてしまうのか?についての紹介です。
柔道の体力づくりと技のコツ
柔道を始めた頃の初心者にとって、多くの人が他の人との力の差を感じるのではないでしょうか?それを克服した方法の紹介です。
柔道で使える下半身の筋力トレーニングの重要なポイントとは?
柔道の下半身の筋力トレーニングについてです。柔道で重要な筋肉となる下半身。しかし、いくら筋肉がついていても、それが柔道に活かされなければ意味がありません。柔道に使える筋肉にするにはポイントがあります。ぜひご覧ください。
全身の筋肉の働きが重要になる柔道での筋力トレーニングについて
柔道では、全身の筋肉を駆使して相手をいかにして倒すかはもちろんの事、組みかかってくる相手にどうやって対応するか、また相手の繰り出してきた技をどのようにして返し技にするか?それは全身の筋肉の働きが重要になってきます。
柔道の動きの基になる足腰を鍛えることの大切さ
強い柔道家になりたいのなら、力に頼るような柔道をしてはいけません。必ず限界が来ます。技を磨く方が重要です。それから「技」をより洗練させるため筋力をつけていきます。なかでも重要になるのが「足腰の筋肉」です。相手の攻撃を躱し、振り回す力を受け流し、重心をズラして耐え、攻撃をするときの軸になる…これら柔道の試合における一連の流れは、全て足腰の筋力によって成り立つものです。
自宅で一人でもできる「一人打ち込み」とは?メリットや効果とは?
打ち込みのやり方として「一人打ち込み」と呼ばれる方法があります。通常の打ち込みは2人以上で行うものですが、一人打ち込みは呼んで字の如くたった1人でも行える練習法です。例えば一本背負いの打ち込みを行う場合は柱などに帯を巻き、それを相手の腕に見立てて背負い投げのモーションに入ります。また、壁を相手に見立てて両手で掴んだり、壁や柱を使わずにモーションだけを繰り返すという方法もあります。やり方によっては、二人打ち込みや三人打ち込みにも無い大きなメリットを享受することができる優れた練習法なのです。
バトルロープトレーニングが柔道選手におすすめの理由とは?トレーニング方法を紹介
重いロープを波のように動かしてトレーニングするバトルロープトレーニング。 見た目より、かなりハードで強度の高いトレーニングです。 最近ジムでもできるようになっていて、様々なスポーツ選手が導入しています。 柔道の選手も導入してトレーニングしている人もいるでしょう。 では、柔道選手がバトルロープをするメリットは何でしょうか? そこには大きなメリットがあります。 そこで柔道選手がバトルロープでトレーニングするメリットや、トレーニング方法を紹介いたします。
柔道背負投などの担ぎ技を強化する筋トレのジャークのやり方とは?
背負投などの担いで投げる技は、低い姿勢で相手の懐に入り込み、下半身の力を使って投げます。 いろいろな力が必要ではありますが しっかりとした下半身 瞬間的な大きな力を出す瞬発力 下半身の力を上半身に伝える連動力 などが重要です。 その力を付けていくのにおすすめのトレーニングがあります。 それが ジャーク です。 担ぎ技を強化する上でおすすめのトレーニングです。 そこで、ジャークのやり方を紹介いたします。
柔道投げ技を強化する筋トレのスラスターのやり方とは?
柔道の投げ技、特に担ぎ技を強化するためには、下半身の爆発的な瞬発力を強化することが重要です。 低い姿勢で相手のふところに入って、そこから下半身の爆発的な力を使って、相手を投げるからです。 相手の懐にうまく入り込んでも、下半身の力をうまく使えなければ、投げることができません。 確かにフォームやタイミングなどの技術は重要です。 しかしそれを活かせる筋力がなければ、その技術が使えません。 投げ技を強化するためには、下半身の瞬発力を上げる必要があります。 そこでおすすめのトレーニングが スラスター です。 そのスラスターのやり方を紹介いたします。