裏回し蹴りの大切なコツとは?使える技にするポイントを紹介!

武道家におすすめの情報

カウンター裏回し蹴り 空手の組手の技の厚みを作る

裏回し蹴り

相手が攻撃してきた後や、中途半端に接近したときや、不用意に入り込んできたときに、さまざまな対応方法があると思いますが、一つ覚えておくと、組手の流れを有利にする技があります。

 

それが、カウンターの裏回し蹴りです。

 

上手く裏回しを蹴られる選手は少ないと思います。

 

だからこそ、身につけておくと、技のバリエーションが増え、相手よりも有利な状態で試合や組手を進められます。

 

もし、攻撃してもそのときに合わせられる技や、攻撃した後に切り返してくる技を、相手が持っていたとしたらどうでしょうか?

 

きっと、かんたんに攻撃することはできず、攻撃したとしても中途半端な技が多くなってしまうでしょう。

 

 

裏回し蹴りを上手く蹴るポイント

他の蹴り技にもいえることですが、抱え込みが最も重要なポイントです。

 

胸に付けるように抱え込むことによって、裏回しからそのまま上段回し蹴りへも移ることができます。

 

また、スナップが利きやすいため、蹴りのスピードも上がります。

 

スナップを利かすには、抱え込みと、つま先を伸ばすことがポイントになります。

 

逆に、抱え込みが少ないと、膝が前に出すぎて、相手に動きを読まれ、反応されやすくなります。

 

また、スナップが利かず、蹴りのスピードは遅くなり、相手との距離も調整しにくくなり、ポイントが外れてしまいます。

 

蹴りを決める瞬間は、蹴るまでに縮めた体を一気に伸ばし、足首から先で巻き込むイメージで蹴ります。

 

相手の頭で止めるのではなく、振り抜くイメージです。

 

裏回し蹴りの使い方

 

相手が迷って中途半端な技を出し、間合いが遠くもなく、接近し過ぎていないとき
相手が攻撃のとき、深く入り込んで戻れず、その場でとどまっているとき
蹴り足を上げたままの待ち伏せ。上段蹴りでも裏回しでも両方対応できる。相手が出てくるときの牽制

 

技は、自分が習得することで理解ができます。

 

理解ができると、相手の攻撃を防ぐことができます。

 

裏回しは、習得すると使い道が多く、使うことによって相手に大きなプレッシャーを与えることができます。

 

また、習得している人は、それほど多い技ではありませんので、技を決めやすい技ともいえます。

 

今はできなくても、繰り返し練習することで、見えてくるものもあるのではないでしょうか?

 

裏回し蹴りのおすすめ動画

 

 

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら

空手グッズの通販サイト CHAMP ONLINE

空手の世界チャンピオンから上達法を学ぶならこちら

フルコンタクト空手を科学的に分析・解説しているのはこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

空手の組手で有利なカウンター後の先(ごのせん)テクニック
空手の組手で有利なカウンター後の先(ごのせん)テクニックについて紹介しています。
フルコンタクト空手黒澤浩樹と角田信郎と村上竜司の試合動画
フルコンタクト空手黒澤浩樹と角田信郎と村上竜司の試合動画の紹介です。
空手上段回し蹴り(ハイキック)を決めるために重要なコツとは?
空手上段回し蹴り(ハイキック)のコツと動画を紹介しています。 決まると技ありや一本になる可能性の高い上段回し蹴り。 しかし、そう簡単に当たるわけではありません。 上段回し蹴りで一本を決めるためには、様々な要素が必要になります。 ぜひ、ご覧ください。
空手中段回し蹴り(ミドルキック)の重要なコツとは?蹴るまでが大切な理由
空手中段回し蹴り(ミドルキック)のコツの紹介です。中段回し蹴りは、威力が強く、相手の肝臓などの急所に当たれば、一発で一本が取れる蹴り技です。しかし、ただ蹴るだけでは当たりません。スピードと強さを上げて、相手に当てるには重要なコツがあります。ぜひご覧ください。
空手下段回し蹴り(ローキック)のコツや目的別の狙う場所とは?
空手下段回し蹴り(ローキック)のコツの紹介です。下段回し蹴りは、蹴り技の中では最も多く使われる技です。ダーメージを与えたり、足を刈ったりと様々な目的で使われます。ぜひご覧ください。
フルコンタクト空手前蹴りで重要とされる3つのポイントを解説!
フルコンタクト空手の前蹴りのコツや使い方についての紹介です。前蹴りは蹴り方によっては、ケガや骨折をしてしまいます。効果的に前蹴りを蹴るにはどうのようなことに気をつければいいのか紹介いたします。空手初心者におすすめのページです。
空手下突きのポイントと動画とは?小さい動きで強い下突きを出すコツとは?
空手下突きのポイントと動画を紹介しています。
鉤(カギ)突きを決める3つの重要なポイントとは?おすすめの動画紹介
空手の鉤(カギ)突きのポイントと動画を紹介いたします。 鉤突きは、他の技を有効にするためにも、覚えておきたい技の一つです。 鉤突きで、相手に大きなダメージを与えることもできます。 スピードと威力を上げるために3つの重要なポイントがあります。 ぜひ、ご覧ください。
空手裏拳の使い方と動画
空手では大会ではあまり使われない裏拳があります。その使い方を紹介いたします。
蹴り技や突き技を素速く出せるようにするには?
空手で蹴り技や突き技を相手のスキを見て出そうと思っても、遅れてしまうと防御の体勢を取られてしまいますし、反対に反撃の隙を与えてしまうことになります。瞬間的に技を出すにはどうすればいいのか?どのような稽古やトレーニングをすればいいのかを紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。
難しい空手の足技、蹴り技が上手くなる練習法
空手の中でリーチが長く攻撃においてとても有効的な足技。足技といっても種類は様々ですが、使用するのは難しい部分も多くあります。そんな足技をより上手く、効果的に使えるようになる練習法についてみていきましょう。