剣道の上達や稽古や試合で役立つ知識や考え方

武道家におすすめの情報

剣道の上達や稽古や試合で役立つ知識や考え方

剣道の上達や稽古や試合で役立つ知識や考え方

実際に剣道の試合で勝てるようなテクニックは、いろんな角度から考えることができると思います。

 

試合は

  • 時間制限がある
  • 試合コートの広さが各試合によって変わる
  • 自分の剣道のタイプ
  • 相手のタイプがある
  • 団体戦
  • 個人戦

これらを把握して試合に臨むことで、試合運びや一本への近道となることと思います。

 

試合の序盤戦、中盤戦、終盤戦で考える

試合に時間制限があることは、非常に重要なポイントであります。

 

  • 序盤戦
  • 中盤戦
  • 終盤戦

制限時間をこのように切り分けて試合運びをします。

 

序盤

序盤は

  • 相手がどういう剣道をするのか
  • 自分がどう攻めていくのか

を考えながら、先を取って試合を運びます。

 

最初が肝心ですので、気合や攻めで相手の攻めを抑えることも重要です。

 

この序盤戦に一本とることができれば、試合運びはずいぶんと楽になるでしょう。

 

中盤

中盤以降、相手の出方も随分と把握することができる中、自分の得意な技を駆使して一本とることです。

 

あわてずに、十分にせめて集中して一本を狙います。

 

後半

後半は体力や集中力、精神力も落ちてきます。

 

どこまでそれらを保って一本取ることができるか?

 

これにかかってくるでしょう。

 

試合コートの広さ

試合のコートの広さを把握することも、もちろん重要です。

 

  • 場外反則を取られない
  • 相手をコートの端に追いやる
  • 試合場のどの位置にいればどういった攻撃ができるか

も考慮する必要があります。

 

  • 引き技を出すには十分なスペースが残っているか
  • 自分の後ろに十分なスペースが無い場合は、どうやって相手をひきつけて体を裁くか

これらを常に計算しながら、試合コートの広さを活用する試合運びが望まれます。

 

引き技を決める上で重要な鍔迫り合い

自分の剣道のタイプ

自分の剣道のタイプは、どんなスタイルでしょうか。

 

それによっても相手への攻め方がかわります。

 

  • 得意な技をどのタイミングで出すか?
  • どんな技を駆使して試合を構成していくか?

などを考えながら、試合を運べるようになると、またひとつ上の試合ができるでしょう。

 

試合の主導権を握る試合での作戦

 

 

団体戦

団体戦などは、チームの総合的な勝利を考えて、試合をする必要があります。

 

  • ポジションによってどのような試合運びをするか?
  • 自分のチームメイトのスコアどのようになっているか?

を常に計算する必要があります。

 

  • 自分のポジション以降の選手がどのくらい本数を取れるか?

も考慮する必要がでてきます。

 

それぞれのポジションで、役割が変わってきますので、自分の役割をしっかりと果たすことが重要です。

 

個人戦

個人戦は、団体戦とは違い、自分以外のスコアを計算する必要が無いため、相手への攻め方もかわってきます。

 

今までにあたったことの無いタイプの選手と、試合をする機会が出てくるのも個人戦の特徴です。

 

一本にこだわって試合運びをする必要があります。

 

精神力が試されることが多くなることでしょう。

 

考えて稽古をする

これらを念頭に、稽古をすることで、試合の内容やテクニックが随分とあがってくるでしょう。

 

稽古の中で、実践的に先の技、先々の先、後の先、いろんな種類の技稽古を習得し、どの場面で有効的に活用できるかを試すと良いでしょう。

 

追い込みや掛稽古は体力、精神力のアップもさながら、足裁きに非常に有効です。

 

相手との間合いを、体で覚えることができるため、稽古に取り入れると、試合でも稽古の成果を発揮することがあることでしょう。

 

一番重要なのは基本稽古ですが、十分に基本をやった上で、

  • 出ばな技
  • 応じ技
  • 引き技

それに加え

  • 掛稽古
  • 追い込み
  • 体当たりの強化

を加え確実に習得することが重要です。

 

日々稽古の掛かり稽古や地稽古で意識しておくこと

剣道応じ技返し技のポイントやコツと動画

応じ技のすり上げ技のコツやタイミングの解説と動画

努力を続けること

  • 子供のころから剣道をしている人
  • 学生から始めた人
  • 社会人になってから始めた人

それぞれに稽古方法があるかと思います。

 

先ずは続けること、これが一番重要です。

 

稽古をやったり、やらなかったりでは、上達はありません。

 

必ず続けることが大切です。

 

子供の頃から剣道をしている人は、理屈よりは、体で覚えますので、スポーツ感覚で始められる方が多いと思います。

 

しかし、剣道を始める年齢が上がるにつれて、体で覚えるのが困難になってきます。

 

小中学生専門の剣道上達方法はこちら

大人から剣道を始めた人専門の剣道上達方法はこちら

理合を理解する

体で覚えられなくなってくる分、剣道で重要なのは

  • 理合

です。

 

理合を理解し実践することで、攻めのポイントが分かりやすくなってきます。

 

理合を十分に理解し、習得することができれば、試合にも生かすことができます。

 

ぜひ日常の稽古に取り入れることをお勧めします。

 

この理合を、常にイメージできるようになると、稽古中でなくても試合の勝利へ一歩近づきます。

 

剣道上達の知識をしっかりと学ぶにはこちら

竹刀や道具の手入れ

試合では、竹刀の軽量検査がありますので、必ずこれに通らなければなりません。

 

試合前日までに、

  • 竹刀の手入れ
  • 重さの確認

を済ませておくことは、当然のことtなります。

 

普段の稽古から、

  • どういった竹刀が自分にとって使いやすいか?

を見極めておくことも大切です。

 

どういった竹刀なら手の内が効きやすいかなど、竹刀購入時にいろんなタイプを試すことをお勧めします。

 

剣道の竹刀の形(胴張り・小判型など)の種類や選び方について

竹刀を激安で買える通販店

 

私が個人的にかっこいいなあと思うことは、面のつけ方です。

 

強い選手ほど、かっこよく面をつけていますので、姿、形から強いオーラがみなぎってきるように感じます。

 

防具のつけ方ひとつで、相手の印象も変わりますので、気をつけたいポイントですね。

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

試合時間フルに戦えるスタミナと瞬発力を同時に鍛えるタバタ式トレーニング
年齢にもよりますが、剣道の試合時間は5分前後です。その間、動き続けるというのは、かなりの体力を使います。 それは、相手も同じですので、スタミナがある方が、試合の最終段階では有利になります。また、スタミナがあるという自信が試合を有利にすすめることができます。そのスタミナと瞬発力を同時に鍛えるトレーニングがタバタ式トレーニングです。
体の小さい人が試合で勝つために必要な稽古や上達の仕方
剣道で体が小さいことは、不利にはなりません。小さいことを活かした技や動きをすることで、自分より大きい相手にも勝つことができます。主に小手や胴を狙うことになるのですが、手首を柔らかくスナップが使えるようにすることが大切です。
剣道の試合で打たれるリスクが少なく攻撃するべきチャンスとは?
剣道では、相手が攻撃よりも防御を優先する時があります。それは、打たれるリスクが少ない時で、こちらが攻撃を仕掛けていくチャンスでもあります。その機会を多くし、逃さないためにはどうすればいいのかを紹介いたします。
剣道で勝つために実践すべき6つのポイント
剣道で勝つためには、いろいろな要素が必要です。技を出すタイミングであったり、技術力であったりします。また、テクニックだけでなく、防具や竹刀も、試合の勝負では大きく関わってきます。そんな剣道の試合で勝つために大切なことを紹介いたします。
試合で技を出す時に気をつけること、稽古で意識すること
剣道の稽古には、さまざまな稽古があります。それぞれに目的があり、その目的を持って稽古することによって、上達のスピードが違ってきます。掛かり稽古や地稽古の目的や注意点を紹介いいたします。
剣道の有効打の条件を知り稽古で意識することで上達する
剣道では3人の審判の内2人が1本をあげることで技が決まります。その有効打の一本になるには条件があり、声や残心、適正な姿勢や竹刀の打突の場所、正しい刃筋などを見て有効打かどうかを判断します。それを知ったうえで稽古することで上達が早まることでしょう。
剣道で相手を攻めるべき打突のチャンスを知って一本を決める
剣道では、闇雲に打っていっても技は決まりません。相手の動きや状態を見て、相手が反撃しにくい時や防御しにくい時、スキが出来やすい時を狙って打突を決めていくことで一本になりやすくなります。その打突のチャンスの場面を紹介いたします。
背の低い人が有利になる剣道の試合で勝つための戦略や稽古方法とは?
どんなスポーツや武道でもそうですが、背が低いことは、不利なことが多いです。しかし、それでも試合では勝たなければいけません。何も考えずに試合をしたり稽古をしていては勝てないでしょう。小手や胴を得意技にするなどの、戦略やそれに基づいた練習が必要です。