剣道の竹刀の形(胴張り・小判型など)の種類や選び方について

武道家におすすめの情報

剣道の竹刀の形(胴張り・小判型など)の種類や選び方について

 

剣道の竹刀はどれも同じように見えて材質や形に、さまざまな種類があります。

 

それぞれの種類によって特徴があり、目的を持った材料や形になっています。

 

ここでは、形について解説します。

 

形は大まかに分けて次のような種類があります。

 

参考にしてみてください。

普及型(並)

最も一般的な標準な形をした竹刀です。
耐久性と安全性重視で作られていますので、練習用として普及しています。

 

初心者からベテランまで、練習から試合までと多岐にわたって使われています。
価格も低価格ですので、練習ですぐに消耗してしまうもののため、まとめ買いをしておくと、さらに安く買うことができます。

 

小判型

柄が小判のように楕円形になっている形の竹刀です。
柄の握る部分が小判型になっているため、自然と竹刀を上から握るような形となります。

 

竹刀を正しい握りとされる上から握ることができ、正しい打突や素振りを覚えるのに最適な竹刀です。
特に初心者は正しいうち方を覚えるのに適している竹刀といえるでしょう。

 

胴張り型

標準的な竹刀より、手前が太く作られています。
そのため、重心が手前になり竹刀を振ったときに軽く感じます。
振りにスピードが出るため、技のスピードやコンビネーションを出しやすく、返しも早くなります。

 

しかし手前に重心があるため、竹刀の細かいコントロールが難しく、初心者にはあまりおすすめしません。
主に試合用の竹刀として多くの人に使われています。

 

実戦型

胴張型と同じように、手前部分が太く作られている竹刀です。
さらに、先を細くしておりますので、胴張型より、かなり軽く感じるため、振りのスピードが格段と上がります。
連続技も出しやすく、出頭技や応じ技も出しやすいです。

 

デメリットは、先が細いので耐久性がないということです。
また、竹刀の細かいコントロールが難しくないrます。
完全に試合向けの竹刀で、レベルの高い選手が使うと、より効果的な竹刀といえるでしょう。

 

柄太実戦型

上の実践型の手前を太くして先を細くしてある竹刀を、さらに、柄の部分を太くした竹刀です。
最も振りで軽く感じて、スピードが出る竹刀といってもいいでしょう。

 

そのため、近距離での打ち合いでも、上手く竹刀をコントロールできる竹刀です。
手が大きめでないと、少し握りにくいのが難点です。
レベルの高い選手の試合向けの竹刀です。

柄太実践型竹刀を買うならこちらがおすすめ

 

古刀型

全体的に太さが均一の直刀型の竹刀です。
関東型とも呼ばれています。

 

剣先に重さを感じるタイプですので、打ちの重さは抜群です。
伸びのある面打ちができますが、重さを感じる竹刀ですので、それなりにパワーがある人でないと、使いこなせないでしょう。

古刀型竹刀を買うならこちらがおすすめ

 

柄細型

柄が細くて握りやすい竹刀です。
手が小さい人や女性は、普通の竹刀は握りにくく、その場合はこの竹刀を使うことをおすすめします。

 

柄が細いので少し重さを感じますが、握りにくい竹刀を使うよりは、握りやすい柄細型を使うほうがいいでしょう。

柄細型竹刀を買うならこちらがおすすめ

 

竹刀のおすすめ通販店5選はこちら

 

竹刀を使いこなせるほど剣道の実力を上げたいならこちら

 

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道初心者でもわかる竹刀の作り方や組み立て方の動画を紹介!
竹刀を組み立てるのは、初心者にとっては非常に難しいものです。写真などで解説しているサイトもありますが、動画で作り方や組み立て方をわかりやすく解説している動画がありましたので紹介いたします。
剣道の竹刀のサイズの選び方
竹刀はさまざまなサイズがあります。小学生以下は規定がありませんが中学生以上になりますと、長さや重さなどが規定に適していないと使用することができません。小学生以下は身長を基準に選んでみましょう。
剣道の竹刀の部位の名称とは?上達のために覚えるべき竹刀の名前とは?
剣道で使う竹刀ですが、各部位で名前がついています。その基本的な名前を紹介しています。
竹刀袋を選ぶときのポイント
剣道の竹刀袋はさまざまな種類や色が販売されています。竹刀袋は、長い間使うものですので、自分に合った竹刀袋を選ぶことが大切です。竹刀袋を選ぶときのポイントを紹介します。
剣道の竹刀の握り方持ち方の動画
剣道の竹刀は基本の持ち方があります。その持ち方で持つと、無駄な力が入らず、必要なときに素早く竹刀を振ることができます。その基本の持ち方の動画を紹介いたします。
剣道の竹刀の中結い(なかゆい)の結び方のわかりやすい動画を紹介!
竹刀の剣先の手前にある中結い。試合中に緩んだりして動いてしまい、直している光景をよく見かけます。中結くらいは、自分で結べるようにしておきたいものです。わかりやすい動画を紹介しておきます。
おすすめの素振り用竹刀で剣道に必要な筋肉をつける
剣道で必要な筋肉は、剣道の動きでつけるのが理想です。素振り用の竹刀を使うことで、剣道に必要な筋肉をつけることができます。
竹刀のお手入れやメンテナンスの道具
竹刀は、すぐ割れる、ささくれる、という問題があります。しかし、しっかりメンテナンスをすることで、それら防止し、割れにくく長持ちさせることができます。ぜひ、ご覧ください。
軽く感じる実戦型竹刀の激安販売店
同じ重さの竹刀でも重心が手元に近くなる実戦型竹刀なら、かなり軽く感じます。そのため、スピード型の剣道をする人にとっては実戦型の竹刀はおすすめです。操作性がよく、返し技や応じ技も出しやすい試合用の竹刀といっていいでしょう。そんな実践型竹刀の激安通販店の紹介です。
カーボン竹刀のメリットとデメリットとは?試合で使うのはどうなの?
剣道の竹刀は、多くの人は竹の竹刀を使っています。それ以外にはカーボン竹刀があります。竹刀と比べて折れにくく、ささくれもできにくい竹刀です。竹の竹刀とは打突の感触や音が違いますので、初心者には不向きともいえます。激安で販売されているお店を紹介いたします。