小手を打つ時の右手と左手の上手な使い方

武道家におすすめの情報

小手を打つ時の右手と左手の上手な使い方

小手を打つ時の右手と左手の上手な使い方

剣道において小手を制する事が出来ると、試合を有利に進める事が出来ます。

 

胴や面に対する応じ技や、仕掛け技は多数ありますが、小手は初動作が小さく防御が遅れがちになるので、一番打たれたくない箇所になります。

 

逆に面や胴への攻撃は、初動作が大きいので察する事が容易という事になります。

 

これは相手にとっても同じ事なので、

  • 如何に速く小手を打つ事が出来るか?

が勝敗の決め手になって来ます。

 

でばな小手を速く打つ

剣道の技の多くは

  • 切っ先の攻防戦から前に出る技
  • つば競り合いからの下がり技

に分かれます。

 

つば競り合いから【下がり小手】を打つのは、体を残す為に素早く下がらなければならず、面に隙が生じるリスクを負う事になるので、余りお勧めはしません。

 

ここでは小手を制する為に

  • 【出ばな小手】を如何に早く打てるか

という事と、

  • 相手が小手面を繰り出した際の返し技【返し銅】

についてお話ししたいと思います。

 

スナップを使って小手を打つ

まずは【出ばな小手】ですが、
手の内「スナップ」を効かせ最小の動作で小手を打つ
事が重要となってきます。

 

竹刀を持っている左手は、中心線から動かさず手の内を効かせる事のみに専念します。

 

下手に上下させると速さが鈍くなるので、最小の動きが出来る様に練習しましょう。

 

その分、右手手の動きが重要になって来ますが、左手を軸として右手は円を描く様な動作・打突をする際に行う上下の動作が必要となります。

 

鏡を見ながら左手を軸にして動かさず、右手で様々な動作が出来る様に練習すると上達が早くなります。

 

出ばな小手で一本を決めるコツとポイント

 

小手を決めるための試合での駆け引き

余談ですが、試合に出場する際は面と胴のみの攻撃を行い、相手が小手への警戒心を緩める様な駆け引きも有効になってきます。

 

こちらが小手を打たないと見せかけてからの【出ばな小手】は、一撃必殺であり、かなり有効な攻撃となります。

 

この際、最小限の動きで仕留める必要があるので、左手を動かさず小手へ最短で打突が出来る様に練習すると良いです。

 

小手面を狙っている相手への返し胴

逆に相手が小手を打って来た時の有効な返し技ですが、こちらから見ても一番防御し難いのが小手ですので、切っ先の攻防戦からの一瞬で決まってしまいます。

 

相打ち覚悟の【相小手】も有効ですが、相手が小手面を狙ってきた時のリスクを回避する為に、【返し銅】を放つ事で小手を防御しながら、胴を打ち返す事が出来ます。

 

返し銅を打つ際のコツも基本は同じで、左手を最小限の動きにして軸とする事が必要です。

 

相手が小手面を狙っているようでしたら、相手の攻撃を回避する為に、打点をずらす意図で右手を右斜め上に持っていきます。

 

あとは小手を受けて手首を返し、返し胴へ持っていきます。

 

動きやすく技が出しやすい洗える柔らかい小手を購入できるおすすめのお店

 

攻めの防御を意識する

この時に注意する事は、防御の為の【返し銅】ではなく、攻撃として仕留める為の【返し銅】と意識する事が大切です。

 

  • 防衛的なのか
  • 攻撃的なのか

意思の持ちようにより、その後の試合展開も違って来ます。

 

試合を優位に進める為には、攻めの防御を身に付ける様に意識して練習すると、上達が早くなると思います。

 

試合で有効な出小手やすりあげ面で一本を狙う方法

 

試合で有効な出小手やすりあげ面で一本を狙う方法

剣道の試合に勝てるようになるには、やはりそれなりのテクニックや、試合運びが必要だと思います。

 

剣道の試合で勝つためには、一本が取りやすい小手、面への打突が確率的には高いので、そこを狙うのが基本となると思います。

 

一番近い打突部分の小手

まず小手ですが、剣道の打突部分で一番手前に位置し、一番可動する部分ですので、一本を取りやすい部位だと思います。

 

一本を取るには、基本的に
小さい動きで素早く確実に相手の右小手を打突する
必要があります。

 

また打った後も、そこにとどまれば相手にとっては、間合いが打ちごろの状態なので、素早い逃げを伴った残心などが必要になります。

 

試合で有効な出小手

小手を狙う場合、試合で有効なのが

  • 出小手

と呼ばれる技です。

 

これは相手との間合いの取りあいの中で、
相手が小手や面を狙おうと動いたのと同時に、素早く懐に入るように小手を打突し一本を取りにいく
という、カウンターのような技です。

 

この技は試合で特に有効で、こればかりを狙ってくる人もいるくらいです。

 

出小手で重要なポイント

この技の練習には

  • 技を出すタイミングを見極めること
  • 相手の小手に小さい動きで確実に当てること

が必要となります。

 

練習方法としては、実戦形式の練習が有効なのですが、普段の練習でも

  • 常にすぐに出小手に対応できるような足の動きを意識しながら練習する

のがいいと思います。

 

また使う人も多いので、その人からコツを盗むべく試合を観戦するのもいいと思います。

 

出小手のおすすめ動画

 

 

剣道出小手のコツ

 

 

すりあげ面

次に試合で使える技として個人的に思うのは、

  • すりあげ面

です。

 

  • 面すりあげ面
  • 小手すりあげ面

が試合では有効だと思います。

 

この技に限らず、応じ技はどれも難しく、習得するには多くの練習を積まなくてはなりません。

 

しかしいったん習得すれば、試合での一瞬の状況判断で、相手から一本を奪うことができます。

 

すりあげ面のポイント

面すりあげ面は、
相手が面を打ってくるときに、自らは竹刀を振り上げながら、相手の面の軌道を自らの左側に逸らすように手首でコントロールし、その振り上げた状態から、相手面へと振り下ろし打突する
という技です。

 

面すりあげ面おすすめ動画

 

 

剣道面の応じ技 面すり上げ面 面返し胴 面抜き面のコツと動画

 

小手すりあげ面は
相手が小手を狙ってくるときに、自分は竹刀を振り上げながら、相手の小手の軌道を自分の右側に逸らすように手首でコントロールし、その振り上げた状態から、相手面へと振り下ろし打突する
技です。

 

剣道小手の応じ技のコツ 小手すり上げ面 小手返し面 小手抜き面

 

技としては軌道をすらす方向は逆になります。(表と裏と言ったりもします。)

 

真剣の部分で言う鎬(しのぎ)部分であいての剣の軌道を逸らし、それと同時に相手の面を打突するという、文字にするとわかりにくいのですが、習得すれば試合でかなり有効になります。

 

この技はただひたすら

  • タイミング
  • 手首の動き
  • 一挙動で繰り出せるなめらかな打突

といったものが、無意識にできるまで実戦形式で練習するしかありません。

 

頭で考えすぎるよりも、体で覚えることが重要だと思います。

 

以上の技を駆使すれば、実戦で勝てるような剣士になれると思います。

 

試合で使える技を学ぶにはこちらがおすすめ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道の試合で勝つために意識したい5つのポイント
精神の鍛錬が重要な剣道ですが、試合で勝ちたいと思うことも大切です。自分より強い相手に勝ちたいという思いが一層の精進につながり、人間的に大きく成長します。「待つ」のではなく「備える」、足さばきこそ重要、竹刀は振りかぶらない、相手を知ることが勝利への第一歩、息を読んで流れを読む、などについて紹介いたします。
頭を使って勝つ!剣道の試合で勝つための練習と技術の使い方
剣道で上達するには、自分に合った練習方法を見つけることで早く腕を上げることができます。試合で勝つためには、基本稽古と試合に有効なテクニックを学ぶ必要もあります。基礎練習と試合を意識した練習の仕方を紹介いたします。
剣道初心者が楽しく上達できる練習方法や考え方とは?
剣道で強くなっていくためには、効果的な稽古が必要です。特に初心者が意識して行いたい、体力づくり、竹刀、防具を装着した上の練習、残心の重要さ、上を目指しての練習試合について紹介いたします。
剣道攻撃型の構え上段を始める人の練習方法とメリットデメリット
上段の構えは中段の構えとは全く違った要素が必要になります。腕力や攻撃の仕方、足さばき、、試合運び、間合いなど、使いこなせるようになるにはメリットやデメリットを理解したうえで専用の稽古が必要です。上段の動画も紹介いたします。
表や裏、緩急を使い分けて攻撃!面で確実に勝てるように技術と戦略を練る
剣道では、ただ強くて速い面が打てても勝てません。打ち気が強ければ下がり、守りが強い時はこちらが攻める。剣先をわざと緩め相手を誘い、面を打ってきたら小手や胴で返すなどの戦略が重要です。そうすることで相手の面に対する応じ技も自然と自分で対策や上達し勝てるようになります。
前に出て相手にプレッシャーをかける!剣道小手に対する応じ技のポイント
応じ技は、最初から応じ技で対応しようという姿勢では、上達も勝つこともありません。プレッシャをかけ我慢できなくなった相手が小手を打ってくるところを小手抜き面、小手返し面、相小手面などを打つことで一本が決まります。隙を瞬間的に見極め反応できるように反復練習が必要です。
上段の構えに対する攻撃、防御、テクニック、対策の仕方について
高校生以上になると、上段の構えをする対戦相手も出てきます。上段の構えは攻撃力が強く、全く対策などを取らずに対戦してしまうと、負けてしまうことが多くなります。そのためには上段の構えの特徴を知り、それに応じた攻撃や防御を知っておくことです。
剣道の試合で勝つための下半身の使い方
剣道の稽古では竹刀を操る上半身に意識が行きがちですが、試合では上半身よりも下半身の使い方が重要になります。攻撃の動作も防御の動作も上半身だけでは十分な効果は期待できません。下半身の動きと上半身の動きを連動させて初めて効果的な動きになります。ぜひ、御覧ください。
学生剣道から社会人剣道へ変化するために役立った本
社会人になると、生活の変化や、年齢とともに体の変化が起こってきます。学生の時のような稽古や試合運びができなくなってきます。そこで剣道の自分自身のスタイルの見直しが必要になります。そこでおすすめの本を紹介いたします。剣道の試合の攻め方、昇段審査についても詳しく書かれていて、勉強になる本です。
剣道の同じ稽古でも人と違う意識を持つことで上達する
普段の剣道の稽古は、他の人と同じメニューになります。同じことをしているので同じ実力になるのですが、それでも実力の差が出てきます。その差が出てくるのは稽古に対する意識の差だと思います。ぜひ、ご覧ください。
初心者の剣道上達に必要なポイントをまとめてみました
剣道の試合で勝つためには、そのための練習やポイントがあります。打突のスピードをアップさせる稽古や体当たりやフェイント、連続技などのテクニックを覚えることも必要です。それらをまとめていますのでぜひご覧ください。