上段の構えに対する攻撃、防御、テクニック、対策の仕方について

武道家におすすめの情報

上段の構えとはどのような構えか?

上段の構えに対する攻撃、防御、テクニック、対策の仕方について

剣道の構えには、大きく分けて次の5つがあります。

 

  • 中段(正眼)の構え
  • 上段の構え
  • 下段の構え
  • 八相の構え
  • 脇構え

この中で、最も攻撃的な構えが上段の構えです。

 

別名「火の構え」ともいうくらいです。

 

試合で上段の構えを使えるようになるのは、高校生以上です。

 

なぜかというと、剣道では最も基本的な構えが、中段とされているからです。

 

基本ができてないと、形がくずれてしまうという考えです。

 

宮本武蔵も、『五輪の書』の中で、
最も大事な構えは中段
だと書いています。

 

試合でも稽古でも、中段の構えの次に見かけることが多い構えが

  • 上段の構え

です。

 

剣道の5つの構えの種類(中段・上段・下段・八相・脇構え)

 

上段の構えの対策は避けて通れない

上段対策は、高校生以上の試合で勝ち抜いていくには、避けて通れない道といえるでしょう。

 

上段の構えにも、

  • どちらの足が前になるか
  • 竹刀を片手で持つか
  • 両手で持つか

でバリエーションがあります。

 

最もオーソドックスなのは、

  • 左足・左手前の両手持ち

です。

 

ここでは、この左足・左手前の両手持ちを相手にすることを想定します。

 

なぜ上段に構えるのか?

上段の構えは、最も攻撃的だと書きました。

 

この構えの最も恐ろしいところは、剣道で最もリーチの長い
「片手面」が打てる
ところです。

 

しかも、
構えているところから振りおろすだけで打てる
ので、電光石火の早業となります。

 

一時期、この上段の攻撃力が剣道界を席巻し、多くの優勝者を輩出するようになりました。

 

それまで禁止されていた、胸突きという技を、上段に限って認めるルールまで出たほどです。(その後、再度禁止されています。胸突きとは、胴の上の部分を突く技です。)

 

もう一つの特徴としては、
間合いがとりづらい
ことがあります。

 

通常、中段の構え同士であれば、竹刀の先端が触れ合うので、いわゆる「一足一刀の間合い」がとりやすいでしょう。

 

自分の竹刀のどのあたりが触れるかで、間合いを計っている選手もいます。

 

しかし、上段の構えは、相手の竹刀が上空にあるわけですから、こちらは間合いがとりづらいことになります。

 

しかも、相手は普段から慣れているわけですから、やりにくくなるはずはありません。

 

では、試合で相手になったらどうすればいいでしょうか?

 

剣道攻撃型の構え上段を始める人の練習方法とメリットデメリット

 

 

上段対策の構え方と防御のしかた

相手が上段に構えたときのセオリーは、

  • 「平正眼の構え」

をとることです。

 

これは、上段対策専門の構えといっていいでしょう。

 

中段の構えの状態から、竹刀の先端を自分から見て右上に上げ、相手の左拳につける
ようにします。

 

左拳は、動かさずに。自分のおへその前を保ったままです。

 

この構えの利点は、

  • 上段の構えの得意とする攻撃を防ぎやすい

点です。

 

まず、右小手は自分の竹刀に隠れているので、相手がまっすぐ振り下ろすだけでは当たりません。

 

最も警戒すべき面も、少し竹刀を上げるだけで防ぐことができます。

 

そして、
間合いをとる動きは、相手の左側に出るように斜め移動
します。

 

相手は、自分の左前に自分の拳がありますので、こちら側の視界が悪いです。

 

相手の死角に入り込もうとうするテクニックです。

 

まずはしっかりと防御することが大事

上段の構えから振り下ろす攻撃は、連続技を出しにくいものです。

 

しっかり自分の間合いをとり、集中力を切らさずに
相手の攻撃を防げば、こちらのチャンス
になります。

 

ただし、自分の出ばなをとられないように注意してください。

 

上段からの攻撃は豪快ですので、当たってなくても一本となるようなことが、ごくまれにあります。

 

それに、当たれば一本にならなくても痛いです。

 

ギリギリでかわすのではなく、しっかり防御しましょう。

 

こちらの攻撃はどうすればいい?

いろいろな強みがある上段の構えですが、こと防御となると、他の構えに比べて弱みがあります。

 

まず、面以外は空いているところだらけです。

 

前述の

  • 突き
  • 右胴
  • 逆胴

それに、相手が中段の時には出せなかった、

  • 左小手

で一本を取ることができます。(右手前の上段の場合は右小手です。)

 

基本は、
左小手を攻めながら、喉への突きや胴を狙っていく
のがセオリーといえるでしょう。

 

前述のとおり、胸突きは禁止です。

 

また、先にも述べたように、
上段は連続技が出しにくいうえに、一度技を出すと構えに戻るのに中段よりも時間がかかります。

 

そこで、

  • 相手が技を出したところを上手にいなして、返し技や抜き技

につなげていけばきれいな一本がとれるはずです。

 

上段に対する平正眼は、返し胴を出しやすい構えでもあります。

 

ただし、小手や胴が空いているように誘って、出ばなを狙ってくる相手もいますので、しっかり観察しましょう。

 

対上段の基本稽古動画

 

 

まとめ

上段の構えは、試合で使えるのは高校生以上です。

 

使う選手は決して多くはありませんが、中段の次に多いので、しっかりした対策が必要です。

 

上段に対する構えは平正眼。

 

中段から剣先を少し右上に上げた構えです。

 

相手のリーチとスピードのある片手面に注意しながら、小手や突き、返し技を狙っていきましょう。

 

上段を得意とする選手の対策に、自分が上段の練習をしてみるのもいいかもしれません。

 

また、仲間に上段の構えをしてもらって、対策を練習するのもいいでしょう。

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道の試合で勝つために意識したい5つのポイント
精神の鍛錬が重要な剣道ですが、試合で勝ちたいと思うことも大切です。自分より強い相手に勝ちたいという思いが一層の精進につながり、人間的に大きく成長します。「待つ」のではなく「備える」、足さばきこそ重要、竹刀は振りかぶらない、相手を知ることが勝利への第一歩、息を読んで流れを読む、などについて紹介いたします。
頭を使って勝つ!剣道の試合で勝つための練習と技術の使い方
剣道で上達するには、自分に合った練習方法を見つけることで早く腕を上げることができます。試合で勝つためには、基本稽古と試合に有効なテクニックを学ぶ必要もあります。基礎練習と試合を意識した練習の仕方を紹介いたします。
剣道初心者が楽しく上達できる練習方法や考え方とは?
剣道で強くなっていくためには、効果的な稽古が必要です。特に初心者が意識して行いたい、体力づくり、竹刀、防具を装着した上の練習、残心の重要さ、上を目指しての練習試合について紹介いたします。
剣道攻撃型の構え上段を始める人の練習方法とメリットデメリット
上段の構えは中段の構えとは全く違った要素が必要になります。腕力や攻撃の仕方、足さばき、、試合運び、間合いなど、使いこなせるようになるにはメリットやデメリットを理解したうえで専用の稽古が必要です。上段の動画も紹介いたします。
表や裏、緩急を使い分けて攻撃!面で確実に勝てるように技術と戦略を練る
剣道では、ただ強くて速い面が打てても勝てません。打ち気が強ければ下がり、守りが強い時はこちらが攻める。剣先をわざと緩め相手を誘い、面を打ってきたら小手や胴で返すなどの戦略が重要です。そうすることで相手の面に対する応じ技も自然と自分で対策や上達し勝てるようになります。
前に出て相手にプレッシャーをかける!剣道小手に対する応じ技のポイント
応じ技は、最初から応じ技で対応しようという姿勢では、上達も勝つこともありません。プレッシャをかけ我慢できなくなった相手が小手を打ってくるところを小手抜き面、小手返し面、相小手面などを打つことで一本が決まります。隙を瞬間的に見極め反応できるように反復練習が必要です。
小手を打つ時の右手と左手の上手な使い方
小手ですが、手の内「スナップ」を効かせ最小の動作で小手を打つ事が重要です。左手を軸として右手は円を描く様な動作や打突をする際に行う上下の動作が必要になってきます。左手を動かさず小手へ最短で打突が出来る様に練習すると良いでしょう。ぜひ、ご覧ください。
剣道の試合で勝つための下半身の使い方
剣道の稽古では竹刀を操る上半身に意識が行きがちですが、試合では上半身よりも下半身の使い方が重要になります。攻撃の動作も防御の動作も上半身だけでは十分な効果は期待できません。下半身の動きと上半身の動きを連動させて初めて効果的な動きになります。ぜひ、御覧ください。
学生剣道から社会人剣道へ変化するために役立った本
社会人になると、生活の変化や、年齢とともに体の変化が起こってきます。学生の時のような稽古や試合運びができなくなってきます。そこで剣道の自分自身のスタイルの見直しが必要になります。そこでおすすめの本を紹介いたします。剣道の試合の攻め方、昇段審査についても詳しく書かれていて、勉強になる本です。
剣道の同じ稽古でも人と違う意識を持つことで上達する
普段の剣道の稽古は、他の人と同じメニューになります。同じことをしているので同じ実力になるのですが、それでも実力の差が出てきます。その差が出てくるのは稽古に対する意識の差だと思います。ぜひ、ご覧ください。
初心者の剣道上達に必要なポイントをまとめてみました
剣道の試合で勝つためには、そのための練習やポイントがあります。打突のスピードをアップさせる稽古や体当たりやフェイント、連続技などのテクニックを覚えることも必要です。それらをまとめていますのでぜひご覧ください。