空手の試合や稽古でのメンタル面で気をつけること

武道家におすすめの情報

空手の試合や稽古でのメンタル面で気をつけること

空手の試合や稽古でのメンタル面で気をつけること

試合で勝てるようになるテクニックですが、どんなに練習をしても、どんなに勝てるテクニックを学んでも、あることに意識を向けなければ、負けます。

 

逆に言えば、それが出来ていれば、かなりの確率で勝てるはずです。

 

それは何かと言えば、自分の思考です。

 

もっと分かりやすく言うと、自分の思いが結果として現れるということです。

 

自分は勝ち続けている

例えば、試合をする前に、または試合中に不安になって

  • 「勝てない」
  • 「負けるのではないか」

と思えば、その通りになります。

 

ですから、本番はもちろん、普段の練習からでも

  • 「自分は勝ち続けている」
  • 「自分は勝ち続けている」

と思い続けることが大事です。

 

注意点があります。

 

必ず

  • 「自分は」

と主語をつけることです。

 

「自分は」と主語をつけることで、ピンポイントされて思いのエネルギーが強くなります。

 

そして「勝ち続けている」とすることで、ずっと勝ちが続いているエネルギーが出来ます。

 

 

上達の基礎は思い

上記にお伝えしたことは、一見、伝統派空手の試合で勝つための、具体的な方法に思わないかもしれません。

 

実は、一番重要です。

 

自分の思いを変えることで、空手に対する取り組む姿勢まで変わってきます。

 

突きや、蹴りや、防御の構えをするときなど、全てが向上する一歩となります。

 

そして、「勝ち」の雰囲気を身に纏い、試合をする相手は怯むことでしょう。

 

勘違いして欲しくないのは、思いを変えるだけで、勝ち続けるわけではありません。

 

当然、普段の練習など、いろいろな要素があります。

 

まずは、一番の基礎となる自分の思いを変えることです。

 

思いを現実にする13回の日本一を達成したメソッドとは?

スポーツでのメンタルを強くするイメージトレーニング

 

試合で落ち着くためのテクニック

次のテクニックをお伝えします。

 

武道をしていた気功の先生に習った技です。

 

試合前や、試合中に落ち着きがなくなるときがあります。

 

そういう状態のときは、隙が出て、技をくらって負けやすくなります。

 

では、どうすれば落ち着くことができるのでしょうか?

 

  • 足裏を意識

します。

 

意識しづらければ、足の指をこちょこちょ動かすだけでも良いです。

 

または、「足裏を意識している」と思います。

 

上がっている気を下に下ろす

落ち着きがなくなるときは、気が上に上がっている状態です。

 

足裏を意識することで、気が下に落ちます。

 

気が下に落ちて着く=落ち着く状態を自らが作り出せます。

 

  • 「グラウンディング」

という技です。

 

特に試合前に目をつぶりながら深呼吸しながら、「グラウンディング」をするだけで、試合の結果が変わってきます。

 

また、周りからは「堂々としている」と思われます。

 

私の経験でいうと、特に下半身の部分が安定してきますね。

 

「グラウンディング」をしながら、蹴りやパンチをすると、安定した破壊力のある一撃を加えることができるでしょう。

 

8種類のスポーツメンタルトレーニングの方法

緊張が解ける呼吸法とは?

オリンピック選手のメンタルトレーニングとは?

 

拳やスネを鍛えておく

最後に、拳や、脛そのものを硬く強くします。

 

そのためには、拳立てをしたり、砂袋を用意して脛で打ったりします。

 

自宅では、ビール瓶を用いて、拳の部分や、脛の部分を軽くたたいていきます。

 

ビール瓶は割れないように、中に砂を入れて、外側はテープでぐるぐる巻きにします。

 

砂袋を購入するならこちらがおすすめ

拳やスネや手首の怪我を防ぐには?

 

勝ち続けるためには進化が必要

まとめると、勝ち続けるためには、

  • 自分の思いを変えて、常に落ち着く状態を作ること。
  • 筋トレ以外に試合中に当てる部分の拳や、脛を硬く強くすること

です。

 

また、練習中に違和感を感じたら、トレーニングそのものを変えることも大事です。

 

勝ち続けるためには、人生同様、常に進化が必要です。

 

空手をしている人におすすめのラインスタンプ

空手をしている人におすすめのラインスタンプです。

空手大会の結果報告スタンプ

空手おすすめラインスタンプ

空手で上達する方法

空手で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で師範や先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、空手に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

空手用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで空手用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら


空手で上達するには、一流の指導者から指導してもらうのが、一番上達します。
しかし、そのような恵まれた環境にいる人は少ないでしょう。
しかし、最近では一流指導者が、DVDで上達のコツなどを指導しているものがあります。
こちらもそのDVDの一つです。
評判のいい、おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

空手の一流指導者のDVDはこちら


スポンサードリンク

関連ページ

伝統派空手の試合で勝つために普段心がけること
空手の大会に出るからには、試合では勝ちたいものです。しかし、当然相手も勝ちにきますので、そう簡単には勝たせてもらえません。やはり、普段の稽古で、メンタル面であったり、基本であったりするものを、意識することが重要です。その意識の差が勝敗に影響してくるでしょう。
打撃の使い分け・打たれ強さ・連打の持久力・打撃力をあげるトレーニング方法
フルコンタクト空手の試合では、様々な力が必要になってきます。打撃の強さ・技のコンビネーション・受け返し・打たれ強さ・時間内のペース配分・持久力などです。その中でも打撃の使い分け・打たれ強さ・連打の持久力・打撃力をあげるトレーニング方法や動画を紹介いたします。
空手や格闘技で相手の攻撃を防御するために大切なこと
空手や格闘技で相手の攻撃を防御するには、相手の動きをよく見る必要があります。しかし、相手が攻撃を仕掛けてくると恐怖心を感じて目をつぶってしまいます。実は、この目をつぶらないことが、大切なのです。ぜひ、ご覧ください。
試合のための中段追い突きの稽古で重要なこと
試合でよく使う中段追い突き。顔面は人間の本能で反応されやすいので中段を狙います。重要な踏み込むスピード、初動を悟られない足のステップなど、稽古をする時から意識すると試合で活かされてきます。ぜひ、ご覧ください。
後ろ回し蹴りに必要なこと
後ろ回し蹴りは派手でカッコいい技ですが、実践では決まるような技ではありません。相手と攻撃を交わる最中に狙う必要がありますし、回転に入る初動を悟られない必要があります。相手の側面に入りながら回転するということも大切なことです。ぜひ、ご覧ください。
突きに必要な筋力を鍛え、下半身のステップワークでスピードを上げる
相手にダメージを与えるような突きを打つには、突きに必要な筋力を鍛えることが重要です。大胸筋や広背筋、三角筋などです。スピードを上げるには下半身のステップワークが大切になってきます。そのポイントを紹介いたします。
空手初心者が普段の稽古で注意しておきたいところ
空手を初めた頃というのは、動きについていくのがやっとで、注意点やコツや稽古方法などがよくわかりません。長年やっていると、あの頃にもっとここに注意していればよかった、これに力を入れればよかった、というのがわかります。そこで、空手初心者へのアドバイスを紹介いたします。「ネコ足立ち」の大切さ・型の演武とその技を考える・打撃に耐えうる体をつくる