緊張が解ける呼吸方法とは?緊張して持ち前の力が発揮できない方へ

武道家におすすめの情報

緊張が解ける呼吸方法とは?緊張して持ち前の力が発揮できない方へ

緊張が解ける呼吸方法とは?緊張して持ち前の力が発揮できない方へ

メンタルトレーニングは非常に重要です。

 

昔はそこまで重要視されていませんでしたが、最近では

  • メンタルトレーニング
  • マインドセット

は非常に重要で、専門のトレーナーが存在するほどです。

 

メンタルトレーニングが必要なわけとは?

まず、なぜメンタルトレーニングは必要なのか?

 

誰しも
緊張して持ち前の力が発揮できない
という事は経験したことがあると思います。

 

  • 大事なプレゼンを前にして、
  • のどがカラカラになってしまい
  • ハァハァと息が上がってきて
  • ぼーっとして
  • 汗をかき
  • いざ進もうとしたら足がもつれて転んでしまう
  • 自分でも何をしゃべっているかわからないまま、プレゼンが終わってしまう・・・

 

それではせっかく準備したプレゼンが台無しです。

 

スポーツの世界でも、同じことが言えるでしょう。

 

緊張してしまっては、持ち前の力を発揮することができません。

 

緊張するということはどういうことなのか?

緊張とはそもそもなんなのか?
についてお話しします。

 

諸説あるようですが、

自己防衛本能による反応

というのがあるようです。

 

どういう事かというと、

 

身に危険が及ぶような出来事を前にすると、足がすくみ、震えが止まらなくなり行動を起せなくなります。

 

行動しないという事は、積極的に危険にかかわることを回避することができるので、自己の生命の危険は回避ができます。

 

しかしこれは本能的な防御反応なので、いつでも有効、というわけではありません。

 

行動しないことで更なる危険を誘発したり、状況を悪くしたりすることもあります。

 

防御反応は万全ではないのです。

 

例えば、迫りくる自動車や列車を前にして、防御反応が起きてしまって硬直してしまってはどうなるでしょう?

 

当然ひかれてしまいます。

 

時には、体の防御反応を、無理やりにでも回避して、最善の選択をしなければならない時があります。

 

緊張する、というのは、時と場合によっては非常に厄介な反応なのです。

 

緊張のメカニズム

緊張による防御反応のメカニズムは、

呼吸がうまくいかないことによる酸素循環不足

です。

 

うまく呼吸できなければ、酸素を体に取り込むことができなくなります。

 

酸素が取り込まれなければ、体はうまく動くことができなくなります。

 

これが足のもつれだったり、体力の極端な低下を引き起こします。

 

脳への影響も甚大で、酸素がなければ思考能力は当然なくなってしまいます。

 

頭が真っ白、パニック、と呼ばれる状態に陥ってしまいます。

 

パニックになるのがよくないことであるのは、皆さんもご存じの事でしょう。

 

パニックが状況をよくすることは、ほとんどありません。

 

どんなときにも正常な状態を保つには?

では、パニックを起こさず、パニックになる原因を排除して持ち前の能力を発揮し、思考力を保つためにはどうすればいいか?

 

精神的なパニック、観た、聞いたことに対する心のパニックというのは、なかなか防げるものではありません。

 

しかし、
心がパニックになり、体がパニックを起こすことは避けることができます。

 

具体的には、
呼吸をコントロールすること
です。

 

呼吸をコントロールし、体に酸素を循環させてやれば、体がパニックになることは防げます。

 

脳にも酸素がいきわたり、思考力、判断力を保つことができます。

 

呼吸が乱れないようにするには、簡単に言ってしまえば深呼吸です。

 

「緊張したときは大きく深呼吸して」
というのは、間違った事ではないのです。

 

パニックに陥りそうな時、呼吸を無理にでもするとはどういう事か?

 

 

緊張した時の呼吸のコツ

緊張したときは呼吸は浅く早くなり、ショック状態と言われるときと同じようになります。

 

そして体に酸素がいよいよ足りなくなり、まるでおぼれているときのように、体が苦しくなり、ハァーハァーと肩で息をするように、とても苦しそうになります。

 

実は、この時点で体はうまく酸素を取り込めておらず、体はうまく機能できていません。

 

緊張し、呼吸が乱れる前に、自発的に深呼吸のように呼吸します。

 

  • コツは肺の中の息をとりあえずすべて吐き出してみる

ことです。

 

緊張していると、肺の中に空気が入っていても、吸おうとしてしまいます。

 

そうなると、呼吸もうまくいかないので、まずは吐いてみます。

 

肺の中の空気を吐ききると、肺と外圧の関係で自然と肺の中に空気が入っていきます。

 

肺の中に新鮮な空気があれば、肺は自動的に酸素を取り込んでくれます。

 

何を言っているのか、わからない方もいらっしゃるかとは思いますが、緊張しているときというのは、気づいていませんが、ビックリするくらい呼吸がうまくできていないものなのです。

 

そうして、
精神的な緊張が解けるまでは、肉体的な緊張を発生させないために強制的な呼吸が必要
になります。

 

緊張が解けるまで、呼吸は強制的に続けてください。

 

緊張を解くトレーニング方法

トレーニングの方法、は緊張する状態に自分自身を置いてもいいですが、

日常生活の中でも小さな緊張を見つけて、まずその緊張状態を発見する事

から始めます。

 

緊張を見つけることができないと、気づいた時にはパニック状態になっている
からです。

 

小さな緊張を見つけること、この練習をします。

 

そして緊張を見つけたら、ステップ2として

強制的な深呼吸

をします。

 

そして

緊張を取り除き、自分自身がパニックに陥っていないことを確認

します。

 

これがトレーニングになります。

 

結論を申し上げると、スポーツにおけるメンタルトレーニングでも必要なのは、呼吸によるパニックの防止です。

 

パニックはあわてている重度の状態もそうですが、ちょっとドキドキしている状態も、軽いパニックと言えると思います。

 

小さいパニック、気づかないパニックこそ厄介で、スポーツではそれが能力を低下させている
んだと思います。

 

パニックの緩和が重要です。

 

この方法はロシア軍のシステマ、という格闘術の方法です。

 

ぜひ、試してみてください。

 

13回日本一に導いたプロスポーツや大企業でも採用される“原田メソッド”とは?

金メダリスト、プロアスリートが実践しているメンタルトレーニングとは?


スポンサードリンク

関連ページ

8種類のスポーツメンタルトレーニング方法
実力はあるのに、大会や試合で結果が伴わない。そのような方はスポーツメンタルトレーニングを行うといいでしょう。目標設定、リラクゼーション、イメージトレーニング、集中力、プラス思考、セルフトーク、試合に対する心理的準備、コミュニケーションの8種類に分類されます。ぜひ、ご覧ください。
競技者に自信をつけられるような指導をすることが大切
試合の時に緊張して、力を発揮できないことがあります。自信がないことが緊張につながることがあります。試合の時に平常心でいられるような自信をつけてあげることが大切です。優しくしたり厳しくしたりのメリハリを付け、性格にあった指導を心がけます。練習で追い込むことによって、これだけやったという自信にもつながります。
剣道・柔道・空手の目標達成の技術を学ぶおすすめの方法
大谷翔平選手や菊地雄星選手を輩出した花巻東高校や日本ハムファイターズ、スポーツの強豪チームやユニクロやディズニーといった大企業も採用する「原田メソッド」。目標達成は技術です。普通の環境以下ともいえる中有学生が、原田先生の指導で陸上競技7年間13度の日本一を達成した技術を学んでください。
試合で練習通りの実力を発揮できるメンタルを得るための重要な癖
試合で実力が発揮できなかったり、失敗したりするのは、メンタル面が大きく影響します。メンタルが弱いのは生まれつきではなく、考え方や鍛えるトレーニングをすることで強くすることができます。試合で実力以上の力を発揮するために、普段から意識しておく大切なことがあります。
試合や大会で強い人の特徴とは?脳の性質を知ってメンタルを強くする
スポーツの大会で日頃の実力を十分に発揮するために、メンタルトレーニングを行っている人もいるでしょう。しかし、効果が出なかったり結果が残せないと必要性を疑ってしまいます。脳の性質を知って鍛えることで良いパフォーマンスが残せるでしょう。
子どもでもわかりやすいメンタルトレーニングおすすめの本
試合や大会でパフォーマンスに大きく影響するメンタル。精神面をうまくコントロールすることで、結果が大きく変わってきます。そこで子どもが読んでも理解しやすい本と、本番前の1分間で実践できるセルフコーチングのおすすめ本を紹介いたします。