柔道の受け身が苦手な方必見!前回り受け身のコツ

武道家におすすめの情報

【柔道で前回り受け身の修得が必須になる意味とは】

柔道の受け身が苦手な方必見!前回り受け身のコツ

前回り受け身(前方回転受身)は、柔道に関するあらゆる技術の中でも初歩中の初歩といえる動きです。

 

柔道家ならマスターしていて当然といっていい動作ですので、「前回り受け身ができない!」と悩んで、この記事に辿り着いた方の多くは、体育の授業で柔道をすることになった未経験者なのではないでしょうか。

 

体育のテストとして前回り受け身をさせる学校も多いので、未経験者の学生さんが前回り受け身のやり方に悩むことは珍しくありません。

 

前回り受け身のコツに関しては次の項でご説明しますが、まずは「前回り受け身の意味」から簡単に解説しておきましょう。

 

  • 何のために前回り受け身をする意味があるのか
  • 前回り受け身という動作にどのような意味があるのか

をしっかり理解しておくことで、実際の動作の完成度も高まるはずです。

 

そもそも前回り受け身とは、相手に投げられたときの衝撃を緩和するためにあるものです。

 

何の工夫もせずに投げられてしまうと、頭や背中などをビターン!と地面に打ち付けて怪我をする可能性が高くなります。

 

しかし前回り受け身を修得しておけば、思いっきり投げられても肩・背中・腕・腰・脚などを順番に地面につけて、衝撃を分散することができるため、大した怪我もしなくなるのです。

 

これは柔道を行う上では必須の能力ですが、受け身をマスターしておくことは日常生活での怪我のリスクすら軽減してくれるでしょう。

 

そのため日本中の中学・高校では柔道の授業を行い、特に初歩的な受け身である前回り受け身を重要視する傾向があるのです。

 

 

 

【柔道の試合で上手く前回り受け身を取るコツ】

 

前回り受け身を上手くとるコツは、「自分から回ること」です。

 

相手に投げられるままではいけません。

 

もう確実に投げられる!という状況になったら無理に耐えようとせず、自分から飛び込んで受け身を取るようなイメージです。

 

難しいように思えるかもしれませんが、前回り受け身の動きなんて要は「でんぐりがえし」です。

 

頭が地面にぶつからないよう首を返し、その勢いでぐるんと回ってしまえばいいだけなのです。

 

このとき、

  • 足を肩幅にする
  • ひじから着地する
  • 腕と足を地面に強く打ち付けて勢いを殺す

などのコツがあります。

 

怖がって躊躇すると頭などを打ってしまう可能性があるので、ためらわず一気に回るというのもひとつのコツです。

 

また、回転するときは前ではなく

  • 自分の足を見るようにする

ことで自然と回転がかかります。

 

とはいえ、いきなり投げられても実践できないと思いますので、まずは相手がいない状況で前回り受け身の練習を行ってみるとよいでしょう。

 

前回り受身の解説動画

 

 

柔道用品を安く買えるお店はこちら

トップレベルになりたい選手と指導者向けの柔道上達プログラムはこちら

柔道ジュニア選手育成プログラムはこちら

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

柔道選手のためのトレーニングプログラムを学ぶならこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

柔道の基本の組み方釣手と引手
柔道の基本の組み方釣手と引手について説明しています。
柔道の2つの組手の相四つとケンカ四つ
柔道の2つの組手の相四つとケンカ四つの説明です
投げ技に入るための八方の崩し
投げ技に入るための八方の崩しについての説明です。
柔道の受身の基本と種類と動画
柔道の受身の基本と種類と動画を紹介しています。
子供に柔道の受身を徹底して教える
子どもが柔道始めたばかりで、受身の練習ばかりで辞めたい気持ちになる事があります。しかし、柔道は受身ができないのに次の段階に進むと、必ずケガにつながります。
一本背負い・背負投げの動画やコツ、練習方法について
背負投げは柔道の技においては基本的な手技の一つです。背負い投げと同様、手技の一種としてあるのが一本背負いです。それらの投げ方やコツ、注意点や稽古方法や動画を紹介いたします。