一本背負い・背負投げの重要なコツや具体的な練習のポイントとは?

武道家におすすめの情報

背負い投げとは

一本背負い・背負投げの動画やコツ、練習方法について

柔道の技においては基本的な手技の一つです。

 

柔道を見ている方にとっても、豪快で迫力のある技なので、人気のある技です。

 

背負い投げは熟練者同士であれば、技をかけるタイミングやスキは生まれない為、なかなか技をかけることができないのも難点です。

 

しかし、鍛錬や技術を向上させ背負い投げをかける事ができれば

  • 「一本を取る勝負技」

であることは間違いありません。

 

また背負い投げは背の低い方が、背の高い方を投げるのに適した技でもあるので、女性の護身術や警護の際にも有効な技です。

 

背負い投げのやり方

まずはスペースを広くとり、周りに人や障害物がないことを確認し、相手と向かい合いましょう。

 

そして、引き手と釣り手をしっかりと持ったままにします。

 

相手の道着にしっかりと手をかけた状態で、相手を自身の方へ引き寄せ相手のバランスを崩します。

 

そして自身の腰を回転させるようにして、相手浮かして投げます。

 

投げるときは力ずくで投げるのではなく、相手の体重を感じないほど、相手の力も利用するのがポイントです。

 

背負投げのコツや注意点

この時に自身の足を手前側に移動し、回転するスペースを意識することが重要です。

 

肘は、相手の前腕部に肘を入れるようにしましょう。

 

投げる時と投げた後は、バランスを崩して相手側に足をつかないようにするのもポイントです。

 

自分の手前に足がつけるようにします。

 

つまり、背負い投げをした後でも、自身の足先はほぼ平行になっているという事です。

 

背負い投げをした後も、引き手は相手から外さない事を意識します。

 

投げた後も、自身の顔は、相手が受身をしている方向に向いているのが正しい投げ方です。

 

  • 投げた反動で体の軸がぶれる
  • 倒れる

という場合は、正しい背負い投げになっていないので注意しましょう。

 

尚、背負い投げをされた方の受身は、横受身が基本です。

 

背負投の解説動画

 

 

 

背負い投げの練習方法

背負い投げを練習する場合は、一度に投げから受身まで行なうのでなく、ステップを踏んで行なうと、より正しい背負い投げを習得することができます。

 

  1. 引き寄せ
  2. 相手を背負うまで
  3. 手の位置足の位置を意識する
  4. 投げる

と段階が重要です。

 

また、人がいない場合でも柱などに道着を着せ、背負うまでのステップまでなら練習できるのでやってみましょう。

 

投技を習得するおすすめのプログラムはこちら

 

一本背負い投げについて

柔道の技において背負い投げと同様、手技の一種としてあるのが一本背負いです。

 

背負い投げと比較すると、一見同じように見えますが、違いは

  • 引き手
  • 釣り手

にあります。

 

背負い投げの時には、引き手と釣り手がしっかりと掴んだ状態から技が始まります。

 

しかし、左組から一本背負い投げの場合は、引き手のみ相手を掴んでいる状態から始まります。

 

そして背負い投げと同様に、相手を自分側へ引き寄せ、自身の釣り手を相手の脇の下に引き入れて投げるという技になります。

 

一本背負いのコツと注意点

足の運びも重要で投げる際に、生み出す足が相手側へ行き過ぎないよう、なるべく自分側を意識して運ぶと、相手の体重が乗りやすいです。

 

投げた後も相手の腕をしっかりと握らないと、相手が受身を取りづらい体勢になってしまうので気をつけましょう。

 

相手が横受身をとった状態の時も、背負い投げと同様に自身の足先が平行になっているか、軸がぶれていないか背負い投げと同様に意識しましょう。

 

一本背負い投げは、やり方を間違えると自身だけでなく、相手の腕や関節を痛める場合もあるので、しっかりと練習をすることが必要です。

 

一本背負いの解説動画

 

 

一本背負いの練習方法

一本背負いの練習方法は左組の場合

  1. 自身の引き手を相手の釣り手を握る
  2. 踏み込み
  3. 相手の脇に自身の釣り手を入れる

という、一連の流れが非常に重要なので、このステップを何度も練習します。

 

その後は背負い投げと同様に、足の運びなども意識しながら練習を進めていきましょう。

 

一本背負いの場合を一人で練習する場合、柱にゴムチューブや長めの紐などを結び、相手の片腕を想定して練習するだけでも有効です。

 

投技を習得するおすすめのプログラムはこちら

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道で上達していくには
  • 一流の人がどのような練習や考え方をしているのか?
  • 一流の指導者がどこをポイントとして指導しているのか?
を知ることが、一番の近道です。
それらを知ることができる、おすすめのDVDがこちらです。
ぜひご覧ください。
柔道上達プログラム
世界選手権2連覇しオリンピック金メダリストの岡田弘隆先生の
柔道技を効果的に仕掛けるための
  • 『崩し方』
  • 『タイミング』
  • 『間合い』
  • 『スピード』
と様々な柔道の技の具体的なかけ方、連絡技や変化技など、『技の幅』を広げ、決定力を高めるための“秘訣”を伝授しているDVDです。
柔道ジュニア選手育成プログラム
講道館少年部指導歴20年の向井幹博先生の
  • 少年柔道家を真に優れた柔道選手に育て上げる極意
を公開しているDVDです。
  • 将来を見据えた基礎技術指導
  • ジュニア選手特化のトレーニング法
  • 小学生の目線での動画解説
などを中心に紹介されています。
柔道体力強化プログラム
柔道で強くなるためには、技術だけでは強くなりません。
体力という基礎があって技術が活かされます。
その基礎となる体力も、柔道に特化されたものが必要になります。
その
  • 柔道に特化した体力強化
のみを解説しているDVDがこちらになります。
これほど柔道に必要な体力強化を詳細に解説しているDVDは、他にはないでしょう。

柔道用品を安く購入できるお店

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ
スポンサードリンク

関連ページ

柔道初心者が知っておきたい投げ技・受け身・抑え込み技・組み方とは?
初心者であっても、ある程度の知識は知っておくことで、先輩の動きから多くのものを学べるようになります。 そこで、初心者が知っておきたい 投げ技 受け身 組み方 抑え込み技 について紹介いたします。
柔道の基本の組み方とは?知っておきたい釣手と引手の使い方とは?
柔道の基本の組み方釣手と引手について説明しています。組む手には、釣り手と引き手があります。具体的な役割や使い方を紹介しています。 ぜひご覧ください。
柔道の2つの組手の相四つとケンカ四つとは?初心者が覚えておきたい
柔道の2つの組手の相四つとケンカ四つの説明です。 柔道の組み方には大きく2つの組み方があります。 それらの具体的な説明とメリットやデメリットなどを紹介いたします。
柔道の投げ技に入るための八方の崩しを具体的に解説!
投げ技に入るための八方の崩しについての説明です。 投げ技は、力任せに投げても決まりません。相手の体勢やバランスを崩すことで、簡単に投げることができます。 その相手を崩す基本を具体的に紹介いたします。
柔道受身の基本4種類と初心者が理解しやすい動画を紹介!
柔道の受身の基本と種類と動画を紹介しています。柔道の基本といえば受け身でしょう。柔道を初めたときには、受け身の練習に時間をかけます。それだけ大切なものです。しかし、初心者は、コツが掴めなかったり、うまくできなかったりします。 そこで、受け身のコツや動画を紹介いたします。ぜひご覧ください。
子供に柔道の受身を徹底して教える絶対に外せない理由とは?
子どもが柔道始めたばかりで、受身の練習ばかりで辞めたい気持ちになる事があります。しかし、柔道は受身ができないのに次の段階に進むと、必ずケガにつながります。
柔道の受け身が苦手な方必見!初心者でもできる前回り受け身のコツとは?
前回り受け身(前方回転受身)は、柔道に関するあらゆる技術の中でも初歩中の初歩といえる動きです。 柔道家ならマスターしていて当然といっていい動作ですので、「前回り受け身ができない!」と悩んでこの記事に辿り着いた方の多くは体育の授業で柔道をすることになった未経験者なのではないでしょうか。 前回り受け身を修得しておけば、思いっきり投げられても肩・背中・腕・腰・脚などを順番に地面につけて衝撃を分散することができるため、大した怪我もしなくなるのです。