柔道の抑え込み技を決める重要なコツとは?袈裟固・縦四方固・肩固・横四方固・上四方固

武道家におすすめの情報

柔道の固技の袈裟固・縦四方固・肩固・横四方固・上四方固について

固め技

投げ技が上手く決まらなかったときに、寝た状態で攻撃できるのが抑え込み技です。

 

もし、この固め技を極めることができれば、もし、投げ技が決まらなかったり、投げられたあとに相手と寝た状態になったりしたときにも、固め技で一本を取る事ができます。

 

固め技のポイントとして

斜め上から相手を抑える
肩と頭を抑える

ことです。

 

袈裟固

右腕で相手の首を抱えて、左脇に右腕挟み、相手の右脇に自分の腰を密着させて相手の上体を制する技です。
形として相手の体を対角線上に抑え込む形となります。

 

袈裟固めのポイントとして

両膝を伸ばさずに90度に曲げ、右足が前、左足が後ろになる
自分の体側で相手に密着して上体を制する

 

袈裟固めのおすすめ動画

 

 

上四方固

上四方固めとは、相手の頭の方から両手を相手の肩の下から入れて、相手の横帯をつかんで抑え込む技です。

 

上四方固めのポイントとして

自分の胸を相手の鎖骨に当てるようにして制する
両足は開き、両膝を立てるか伸ばしてつま先を立てる形をとる

 

上四方固めのおすすめ動画

 

 

 

横四方固

相手の真横から右手を相手の首の下に差し込んで右襟をつかみ、左手は相手の下ばきを持って、それぞれ上半身下半身を制する技です。

 

横四方固めのポイントとして

胸で相手の胸を圧迫して体重をかける
右足は伸ばしてつま先を立て、バランスをとる
左足は曲げ、相手の腰に密着させる

 

横四方固めのおすすめ動画

 

 

肩固

相手の肩と頭を抱え込み首と肩を同時に抑える技です。

 

肩固めのポイントとして

相手の右肩と頭をまとめて右腕で抱え込む
相手と密着し、右手と左手をしっかりとロックする
相手の動きを抑えるために、右ひざを相手の右腰に密着させる
自分の肩、相手の肩・頭が一直線になるようにする

 

肩固のおすすめ動画

 

 

 

縦四方固

肩固めの体勢から馬乗りになり、両足で相手を挟んで抑える技です。

 

縦四方固のポイントとして

肩固めと同じポイントを気をつける
両足を自分の足か相手の足に絡めてロックする

 

 

縦四方固めのおすすめ動画

 

 

寝技を深く学びたいならこちら

 

 

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

投げ技から寝技への移行で一本を狙う寝技への入り方やタイミング
投げ技から寝技への移行で一本を狙う寝技への入り方やタイミング
柔道の寝技を集中して練習し一本勝ちできるようになった
柔道で強くなりたいと思って練習しても、才能や運動神経がなかったり、体格差や体重差があったりして、なかなか上達しない人もいるでしょう。立ち技を多くしている人が多い中、寝技を学んで効果的に強くなる事ができました。ぜひご覧ください。
寝技で上達するポイント
寝技で強くなるには、基本動作が大切です。極める力、逃げる力、返す力をつけるには、基本動作と寝技の反復練習が上達の近道となります。ぜひ、ご覧ください。
柔道の試合の勝率を上げるために寝技を稽古しよう
寝技は、努力が結果に結びつきやすい技です。立技はしっかりと稽古するけど、寝技を熱心に稽古している人が少ないからではないでしょうか?寝技を稽古していない相手というのは寝技が有効に使えます。立技からの流れ、逃げられた時の対処など、しっかりと稽古しておきましょう。ぜひ、ご覧ください。
試合で使える寝技を身につけるには?
寝技を練習していると、寝技師同士の気の合う者同士で練習してしまいがちです。高度な寝技を身につけることができますが実践的ではありません。試合では、亀の相手をいかに仕留めるか、亀にさせないか、重要です。立技の強い人との練習が重要です。ぜひ、ご覧ください。
寝技の攻めの抑え込み、締め、関節技と防御のエビと亀
寝技は立技と違って努力で強くなることができます。寝技を磨くことで立ち技に優れる者にも肉薄することができます。攻めは抑え込み、締め、関節技の三つ、防御のエビと亀、体落としや巴投げなど、寝技に誘い込みやすい立ち技をしっかりと練習しましょう。
寝技の絞め技と関節技を決めるためのポイント
関節技のポイントは、相手に逃げられる場所を与えて、自分の有利な状態に誘導してあげることです。寝技全般に言えることは、体力とバランス感覚が重要になってきます。寝技の攻防は体力の消耗が激しく、基礎体力がないとすぐにガス欠になってしまいます。
柔道の寝技を強化するためにブラジリアン柔術を学ぶこともおすすめの方法
関節技を覚える事が柔道においての寝技を強化する一つの方法です。アームロックの腕固めは横四方固めや、上四方固めから極める事ができる技です。ブラジリアン柔術は柔道の寝技よりはるかにレベルが高く、多彩で実践むけです。動画をYouTubeで見てみてください。これが柔道の寝技を強化するコツでもあります。