剣道の指導で言う「左腰を入れろ!」って一体どういう意味?

武道家におすすめの情報

【稽古中に「左腰を入れろ!」と注意されたことはありませんか?】

剣道の指導で言う「左腰を入れろ!」って一体どういう意味?

剣道の特有の言葉のひとつに「左腰」というものがあります。

 

稽古中に「もっと左腰を入れろ!」なんて注意を受けた経験のある方も多いと思います。

 

しかし「左腰」なんて言葉は、日常会話ではほとんど使われることがないので、実はキチンと理解できていない方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、稽古中にはなかなか聞きづらい「左腰」について学び直してみたいと思います。

 

 

【そもそも「左腰が入っていない」とはどんな状況なのか】

 

「左腰が入っていない状態」は、言い換えれば
「右半身が前に出過ぎている状態」
のことです。

 

前に出ている右足は真っすぐ正面を向いているのに、左足が左斜めを向いているため、身体全体が引っ張られて左に傾いてしまっているわけですね。

 

もっと簡単に言えば「半身になっている」という状態です。

 

右半身だけが前に出過ぎたまま打ちこんだらどうなるか、頭の中でシミュレーションしてみてください。

 

身体が開いたまま打ち込むわけですから、攻撃のスピードも遅くなりますし、力が入りにくいので打ちが軽くなってしまいますよね。

 

もっと言えば、無駄に傾いた身体は「隙だらけ」なので、逆に打ち込まれるリスクも高まってしまうわけです。

 

剣道の世界には

  • 「不離五向」

という言葉がありますよね?

 

不離五向とは

  1. 剣先
  2. 爪先

の5つを相手に向けて決して離すな…という教えですが、これもいわば「左腰を入れろ」という考え方の一種です。

 

左腰が入っていない状態だと、少なくとも爪先と臍が相手の方向に向きませんから、不離五向の教えを守れていないことになります。

 

「左腰を入れろ!」と注意された経験のある方は、今一度「不離五向」を意識してみるのもよいでしょう。

 

相手と向かい合ったとき、アナタの心・目・剣先・爪先・臍はしっかり相手の方を向いていますか?

 

 

 

 

【左腰を入れるためにはどうすればいい?】

 

「左腰を入れる」というのが、どういうことか感覚的に掴めない人は、ひとまず
「左足の爪先を真正面に向ける」
ことを意識してみてください。

 

左足が斜めを向いていると、骨盤が左側に引っ張られてしまうので、左足の爪先を真正面に向ければ、それだけで腰が真正面に角度を変えます。

 

それでも無意識に左足が斜めを向いてしまうという方は、普段の稽古のときに「丸めたタオル」を太ももに挟んでみてください。

 

タオルが落ちないように太ももでキープし続けるだけで、自然と両足の爪先が真正面を向くようになります。

 

両足の爪先と腰を、しっかりと相手の方向に向けている姿勢こそが、「左腰が入っている」という状態なのです。

 

さすがにタオルを挟んだまま、切り返しなどの稽古を行うのは難しいですが、足さばきの稽古くらいならタオルを挟んだままでもできます。

 

最初は違和感を感じますが、タオルを落とさずに足を運べるようになれば、左腰の悪癖は解消されるはずですよ。

 

 

【左足が開いてしまうタイミングとは?】

 

タオルを使った稽古などである程度は克服できても、試合になるとまた左足が開いてしまう癖が出てしまう選手もいます。

 

左足が開けば腰が傾き、結局は半身で打ち込むことになってしまうので、勝率も上がらないでしょう。

 

無意識に出てしまう癖を治すのは大変ですが、地道に練習を重ねていくしかありません。

 

応急的な対策として、左足が開いてしまうタイミングを、自分で見極めておくことが重要です。

 

試合で左足が開いてしまう選手には、大抵
「打ち込んだ瞬間」
「跳んで着地した瞬間」
など、左足が開きやすいタイミングがあるものです。

 

普段の稽古から、自分が左足を開いてしまうタイミングを見極めて、その瞬間だけ注意しておけばミスの回数も自ずと減っていくはずです。

 

試合中に熱くなりすぎると注意が散漫になってしまうので、試合中でも常に冷静にいようとする心掛けも大切ですね。

 


剣道用品を安く買えるお店5選はこちら

竹刀を安く買えるお店3選はこちら

剣道の技の勉強や研究をするならこちら

大人専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

子ども専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

昇級・昇段審査対策を学ぶならこちら

非常識な剣道上達法を学ぶならこちら

剣道初心者が覚えておきたい防具や竹刀の名称や片付け方を解説

剣道初心者必見の無料レポート請求はこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

普段の素振りや稽古で上達のために意識することを剣道ノートに記録する
剣道で上達するには、特別なことをするというより、普段の素振りや稽古で、その稽古の意味を考えて課題を持って取り組むことがポイントです。練習メニュー、改善すべき点、反省点、先生や先輩から頂いたアドバイスなどを剣道ノートに記録しましょう。
試合で勝つために一人稽古で重視していること
試合で勝つために、一人で稽古をしています。強い打突や体捌きをするための足腰の強化や、お腹から声が出せるように腹筋を鍛えたり、様々相手の動きに対応できるようにイメージトレーニングをしたり、鏡の前で構えのチェックをしたりしています。その方法が勝利のために大きく貢献してくれました。
面タオル帽子の作り方の動画
面タオル帽子の作り方の動画を紹介いたします。
剣道応じ技返し技のポイントやコツと動画
剣道の応じ技の一つの返し技、面返し面、小手返し面、面返し胴の技の解説や上達のポイント、おすすめの返し技の動画を紹介いたします。
剣道打ち落とし技の解説
剣道の応じ技の一つ、打ち落とし技の解説とおすすめの動画の紹介です。ぜひ、ご覧ください。
試合の主導権を握る試合での作戦
剣道の試合を有利にすすめるためには、主導権を握る必要があります。その作戦の一つに相手が油断しているところを狙うことです。ぜひ、ご覧ください。
剣道で先を取る重要性
相手から一本を取るために重要なのは先を取ることです。そのためには気持ちで絶対に負けないことです。基本やすり足などの練習をたくさんすることで自信がつき気持ちで勝てるようになります。上達するにはレベルの高い試合を見に行くことも大切です。ぜひ、ご覧ください。
日々稽古の掛かり稽古や地稽古で意識しておくこと
試合で強くなるためには、日々の稽古と精神的な強さと自信を持つことが重要です。日々の稽古では、打突の瞬間を目で見ているか?それが竹刀の有効打突分で打てているかが判断できます。掛かり稽古では、試合で無心で出せる技を養います。地稽古で下の相手とするときは、応じ技の練習を中心にするといいでしょう。
試合で引き技を決める上達のコツ
鍔迫り合いからの引き技で一本を決められるようになると、試合を有利にすすめることができます。引き技で上達するには、後ろへ移動する足さばきを練習したり、鍔迫り合いから足を引く動作と打ち込む動作を一体にする稽古をしたりする必要があります。ぜひ、ご覧ください。
剣道をはじめて間もない人の上達方法と稽古方法
剣道を始めた頃というのは、普段の稽古で精一杯で、試合のことまでは考える余裕もないと思います。しかし、試合を想定して稽古することで、上達も早まることでしょう。初心者がどんなことに気をつけて稽古したらいいのか?防具や道具の考え方などを紹介いたします。