試合で引き技を決める上達のコツ

武道家におすすめの情報

試合で引き技を決める上達のコツ

試合で引き技を決める上達のコツ

剣道は相手を打ちにいくために、踏み込みのスピードや、前に出る気迫が絶対不可欠だと私は思っています。

 

しかし、長く剣道に携わっていると、それだけでは試合に勝つことはできないとわかってきます。

 

ときには、相手との鍔迫り合いの状態から打ち込む

  • 「引き技」

を使う場面も出てきます。

 

引き技の動画

 

 

現在の剣道の試合においては、鍔迫り合いの状態からのパターンとしては、

  • そのまま膠着状態が続いて審判から「待て」の指導が入る
  • 引き技を打ち込んで距離を置くか

のどちらかになります。

 

私の場合は、試合中に審判が間に入られるのがどうも好きではないため、必然的に引き技を多用することになります。

 

そこで私は、引き技の稽古にたくさん打ちこんできました。

 

後ろへの移動をスムーズにできるように何度も稽古

人は、前を見ながら後ろに移動することに、意外と慣れてはいません。

 

単純に見えないからだと思いますが、後ろに引く際に、一瞬の躊躇があるように私には感じられたのです。

 

その躊躇をなくしてスムーズに移動できるように、何度も

  • 後ろへ移動する足捌きを稽古

しました。

 

足を引く動作と打ち込む動作を一体にする

稽古しているうちにわかってきたのは、
足を引く動作と竹刀を打ち込む動作との間が上手く行っていない
と気付きました。

 

「移動」してから「打ち込む」という一拍の余白があるため、相手に反応されやすいのだろうと仮説を立てました。

 

鍔迫り合いから足を引く動作と竹刀を打ち込む動作が一体
になれば、一拍子で打てるために、反応されにくいはずだと考えて稽古に励みました。

 

そうすると、今度は飛び下がるように打ち込もうとしてしまうのですが、そういう「飛ぶ」という動作も相手には反応されやすいのです。

 

おそらく、飛ぶために足の指の力をタメる動作が見破られやすいのでしょう。

 

それなりに速くはなってきたのですが、ここで手詰まりになってしまいました。

 

それでも試行錯誤していくうちに、一つの方法が浮かんできました。

 

後ろに倒れこむようにしながら打つ

それは

  • 身体を後ろに倒れこむようにしながら打ち込む

という方法です。

 

剣道は踏み込む動作が多いため、激しい動きになりがちです。

 

そのため、相手もそういう動きには敏感に反応してきます。

 

そこで、後ろに倒れこむようにして、身体を静かに動かしながら一拍で打ち込めたら、相手にとっては反応しにくい動きになるのではないかと考えました。

 

後ろにゆらっと倒れこむと同時に、竹刀をポンッと打つ
ようにしてみたら、試合でも引き技が決まるようになりました。

 

飛び下がるように打つ方法と併用して使うと、より効果的
だと思います。

 

ここで紹介したのは一つの方法ですが、重要なのは幾つかのバリエーションを持っておくことです。

 

そういう幅を持っておくことが、試合では有効に働くので、いろいろな稽古を編み出していくといいと思います。

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

普段の素振りや稽古で上達のために意識することを剣道ノートに記録する
剣道で上達するには、特別なことをするというより、普段の素振りや稽古で、その稽古の意味を考えて課題を持って取り組むことがポイントです。練習メニュー、改善すべき点、反省点、先生や先輩から頂いたアドバイスなどを剣道ノートに記録しましょう。
試合で勝つために一人稽古で重視している重要なこととは?
試合で勝つために、一人で稽古をしています。強い打突や体捌きをするための足腰の強化や、お腹から声が出せるように腹筋を鍛えたり、様々相手の動きに対応できるようにイメージトレーニングをしたり、鏡の前で構えのチェックをしたりしています。その方法が勝利のために大きく貢献してくれました。
面タオル帽子の作り方とは?誰でもできる簡単な動画を紹介!
面タオル帽子の作り方の動画を紹介いたします。 面タオルは2種類の方法があります。 その中の帽子の作り方を紹介いたします。 誰でもできるように動画を紹介しておりますので、参考にしてみてください。
剣道応じ技返し技で必ず一本を取るためのポイントやコツとは?
剣道の応じ技の一つの返し技、面返し面、小手返し面、面返し胴の技の解説や上達のポイント、おすすめの返し技の動画を紹介いたします。 応じ技は、自分が打っていく仕掛けわざと比べると、相手の動きを見極めないといけませんので、少し難易度が高くなります。応じ技を決めていくには、必ず知って置かなければいけないポイントが有るのです。ぜひご覧ください。
剣道打ち落とし技を決めるために押さえておきたいポイントとは?
剣道の応じ技の一つ、打ち落とし技の解説とおすすめの動画の紹介です。ぜひ、ご覧ください。 打ち落とし技には 胴打ち落とし面 小手打ち落とし小手 などがあります。それらの技を出せるようにするには、大切なポイントがあります。ぜひご覧ください。 面打ち落とし面
試合の主導権を握る試合での作戦
剣道の試合を有利にすすめるためには、主導権を握る必要があります。その作戦の一つに相手が油断しているところを狙うことです。ぜひ、ご覧ください。
剣道で先を取る重要性
相手から一本を取るために重要なのは先を取ることです。そのためには気持ちで絶対に負けないことです。基本やすり足などの練習をたくさんすることで自信がつき気持ちで勝てるようになります。上達するにはレベルの高い試合を見に行くことも大切です。ぜひ、ご覧ください。
日々稽古の掛かり稽古や地稽古で意識しておくこと
試合で強くなるためには、日々の稽古と精神的な強さと自信を持つことが重要です。日々の稽古では、打突の瞬間を目で見ているか?それが竹刀の有効打突分で打てているかが判断できます。掛かり稽古では、試合で無心で出せる技を養います。地稽古で下の相手とするときは、応じ技の練習を中心にするといいでしょう。
剣道をはじめて間もない人が確実に上達する方法と稽古の仕方とは?
剣道を始めた頃というのは、普段の稽古で精一杯で、試合のことまでは考える余裕もないと思います。しかし、試合を想定して稽古することで、上達も早まることでしょう。初心者がどんなことに気をつけて稽古したらいいのか?防具や道具の考え方などを紹介いたします。
剣道の指導で言う「左腰を入れろ!」って一体どういう意味?
「左腰が入っていない状態」は、言い換えれば「右半身が前に出過ぎている状態」のことです。前に出ている右足は真っすぐ正面を向いているのに、左足が左斜めを向いているため、身体全体が引っ張られて左に傾いてしまっているわけですね。不離五向とは心・目・剣先・爪先・臍の5つを相手に向けて決して離すな…という教えですが、これもいわば「左腰を入れろ」という考え方の一種です。左腰が入っていない状態だと、少なくとも爪先と臍が相手の方向に向きませんから、不離五向の教えを守れていないことになります。左腰を入れるためにはどうすればいいのかを紹介いたします。