剣道の「切り返し」には本当に上達効果があるの?

武道家におすすめの情報

【大昔から存在していた「切り返し」】

剣道の「切り返し」には本当に上達効果があるの?

ひとくちに剣道といっても、流派や地域によって稽古方法は異なります。

 

しかしどの流派・地域の剣道であっても、必ず行っているであろう稽古法のひとつが

  • 「切り返し」

です。

 

一応説明しておくと、切り返しとは正面打ちと左右面打ちを組み合わせ、剣道の基本的動作を繰り返し練習するための動作です。

 

剣道を始めて間もない初心者はもちろんのこと、剣道歴数十年の上級剣士であっても切り返しを怠ることはありません。

 

全日本剣道連盟でも統一規格を設けているほど、切り返しは剣士にとって重要な稽古法なのです。

 

しかし切り返しという稽古法そのものは近年になって生まれたものではなく、全日本剣道連盟が誕生するよりも遥かに大昔から存在していたことが分かっています。

 

その起源には諸説ありますが、北辰一刀流の開祖・千葉周作が

  • 「切り返し十徳」

という指導要綱を記述した資料が遺されていることから、切り返しは少なくとも江戸時代には存在していたのではないかと言われています。

 

古くから残っている練習が必ずしも良い…というわけではありませんが、効果の薄い稽古法ならとっくの昔に廃れていたはずです。

 

切り返しは地味で地道な稽古法ですが、
「たしかな上達効果が見込める」からこそ長い剣道の歴史のなかで生き残り続けてきた
のだと考えることができるでしょう。

 

 

剣道切り返し動画

 

 

【切り返しにはどんなメリットがあるのか】

 

切り返しには剣道の基本動作が全て詰まっていると言っても過言ではありません。

 

毎日繰り返し切り返しを行うことは、

  • 初心者剣士にとって「基本動作を学ぶこと」
  • 中級・上級剣士にとって「基本動作を忘れないこと」

に大いに役立ちます。

 

さらに細かく言うなら、

  • 「構え」
  • 「打ち」
  • 「足さばき」
  • 「間合い」
  • 「呼吸法」
  • 「体力」
  • 「気力」

などを向上させることに繋がるのです。

 

構えだけを練習する、打ちだけを練習する…といった稽古はもちろん必要ですが、それら全ての動作を「同時に」使いこなすための稽古は必要不可欠です。

 

つまり切り返しは、剣道の基本動作を同時に練習できるうえ、剣道の基本動作を同時に使いこなすためのコンディション作りにも一役買っているのです。

 

また、意外と馬鹿に出来ない効果が「準備運動・整理運動」になるということですね。

 

切り返しは基本的に稽古の序盤と終盤に行われますが、これが剣士の身体を無理な運動から守るために役立っているのです。

 

いきなり試合や激しい稽古をしても身体が付いてこないので、まずは切り返しで身体を温めてから動く…というのが選手生命を長続きさせるためのコツでもあります。

 

 

【正しく切り返しをするためのコツ】

 

試合での勝率はそれほど悪くないのに、なぜか切り返しが下手…という不思議な選手がときどきいます。

 

そういった選手は瞬発力や動体視力といった持ち前のセンスに任せて剣を振るっているので、基本動作の集大成である切り返しを苦手としてしまうわけです。

 

センスに任せて試合をするのが悪いということはありませんが、その状態で慢心してしまっては、いずれ徹底的に技術を磨いた選手たちに勝てなくなってきます。

 

そうならないためにも、現時点で「切り返しが苦手だ」という方は、正しい切り返しの方法を学び直しておきましょう・

 

正しく切り返しを行うためのコツですが、単純に

  • 「正しい動きを真似する」

のが確実です。

 

全体のフォームを真似するのではなく、姿勢・構え・竹刀の握り方・足の運び方など、上手い人の動きを細かく分割して観察してみてください。

 

自分の動きと違う箇所をひとつひとつ潰していくことで、結果的に綺麗な切り返しが行えるようになってきます。

 

上手く真似できない場合は、とりあえず「ゆっくり確実に行う」ことを目標にしてください。

 

上級者の切り返しは目で追えないほど速いですが、下手な人がいきなりそのスピードをトレースしようとしてはいけません。

 

まずはゆっくり確実に動きを真似して、フォームが綺麗になってから少しづつスピードを上げていってみてください。

 

上級者の切り返し動画

 

 


剣道用品を安く買えるお店5選はこちら

竹刀を安く買えるお店3選はこちら

剣道の技の勉強や研究をするならこちら

大人専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

子ども専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

昇級・昇段審査対策を学ぶならこちら

非常識な剣道上達法を学ぶならこちら

剣道初心者が覚えておきたい防具や竹刀の名称や片付け方を解説

剣道初心者必見の無料レポート請求はこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

剣道で必要な上半身の筋肉をつける切り返し
ある中学校の剣道の練習を見学する機会がありました。その中で、いい稽古方法がありましたので紹介いたします。
剣道の試合で勝つために重要な心構え
剣道の試合で勝つために重要な心構えを、剣道三段の方の体験談より紹介いたします。
剣道で様々なタイプの相手と稽古して経験を積む
剣道で強くなるためには、様々なタイプの相手に対応できるようにならないといけません。得意な相手や苦手な相手は必ずあります。普段どんなことを意識すればいいのかを紹介いたします。
剣道上達のために人に教える
剣道で上達のために、一生懸命練習することが大切です。そして、もう一つ上達するためのコツが有ります。それは、人に教えることです。その経験談を頂きましたので、紹介いたします。
剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方
剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方の紹介です。
剣道出小手のコツ
剣道の試合で多く使われる出小手。その打ち方やタイミングは練習で身につける必要があります。そのやり方やコツや動画を紹介いたします。
剣道払い小手のコツ
剣道の払い技、払い小手のコツとポイントを紹介いたします。
剣道抜き技の上達のコツとポイントと動画
剣道の応じ技の一つの抜き技。面抜き胴、面抜き面、小手抜き面、小手抜き小手などありますが、それらで一本を決めるための上達のコツや注意点などを紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
剣道の突きを使った一本を取る練習方法
高校から使いはじめる突き技。この突きで一本を取ることもできますが、その突きの後の連続技で一本を取ることもできます。そのつなげ技の考え方やタイミングなどを紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。
引き技を決める上で重要な鍔迫り合い
引き技を決めるためには、鍔迫り合いで相手の体勢を崩し、スキを作る必要があります。また、技が決まらなかった時に相手に打たれないように素早く次の行動に移す足さばきも重要です。引き技(面・小手・胴)それぞれの注意点を紹介いたします。