剣道出小手のコツとは?技を決める自分のパターンを作るポイントとは?

武道家におすすめの情報

剣道出小手のコツ

剣道出小手のコツ

出小手は、試合の中でも多く出される技の一つでもあります。

 

うまく出せるようになれば、相手は警戒して攻撃しにくくなり、試合を有利に進めることができます。

 

出小手の上達のコツは、

  • 自分の形を作っていく

ことです。

 

そして、その形を増やしていきます。

 

例えば、間合いを詰めて行く時に、鎬の左側をすべらせるように使って、相手の剣先を中心から外していきます。

 

その時に、抵抗して押し返しながら面を打ってくる相手であれば、表の上から出小手を狙っていきます。

 

逆に、押し返してこないで、手首を返すように面を打ってくる相手であれば、下の裏から出小手を狙っていきます。

 

このように、自分の得意なパターンや形を作り、

  • そのパターンに合致する時には高い確率で出小手を決められる

というパターンを練習で増やしていくことで、様々なタイプの相手にも出小手を決められるようになります。

 

まずは一つ、過去の試合などを振り返りながら、自分の得意なパターンを作ってみてください。

 

 

様々な技のパターンを学ぶならこちらがおすすめ

 

出小手を得意技にする

タイトル
小さい身体を利用する

 

剣道を稽古続けていますが、身体が小さいので、どうしても大きな身体の方との稽古は、怖ささえ感じます。

 

飛ばされたり、相手の方から面をドカンと打たれたりして、先生方に「稽古に工夫せよ」と言われて、どうしたらよいか、研究しました。

 

高段の先生でも、身体の小さな先生が、とてもすばやく出小手を打つ姿を何度も見取りして、自分の得意技にするために、自分より段の下の方に面を打ってもらい、出小手の練習をしました。

 

出小手は出せばいいのではなく、うまく身体も出して、相手の出てくる力をうまく取り込まないと決まりません。

 

そのために振りは小さく強く打つ素振りをしました。

 

大きな素振りや打ち方が出来ない人は、小さく打てないとも言われて、大きな打ちを習得して、それから小さく打つ稽古もしました。

 

相手が打ってくるタイミングを目と身体で覚える

大人になると基本打ちの稽古が少なくなるので、学生と稽古して出小手の技を出す稽古をしました。

 

相手が面を打ってくるタイミングを目で覚え、身体でタイミングを覚え、それを実践していくのが一番です。

 

表(上から打つ)裏(下から打つ)の両方できるようになると、技の範囲も広くなります。

 

また素振りも必ず止める。

 

本数が出来なくても集中して素振りすることも必要です。

 

ただ出小手は面を狙っているという意識を持たないと決まりません。

 

面もしっかり稽古しましょう。

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道で必要な上半身の筋肉をつける切り返し
ある中学校の剣道の練習を見学する機会がありました。その中で、いい稽古方法がありましたので紹介いたします。
剣道の試合で勝つために重要な心構え
剣道の試合で勝つために重要な心構えを、剣道三段の方の体験談より紹介いたします。
剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方とは?専用の竹刀とは?
剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方の紹介です。剣道などの上半身を使うスポーツや武道は、手首の強い人が多くいます。それは手首の強さが必要だからです。逆に言えば手首を鍛えることによってその競技で強くなるともいえます。
剣道払い小手のコツ
剣道の払い技、払い小手のコツとポイントを紹介いたします。
剣道抜き技の上達のコツとポイントと動画
剣道の応じ技の一つの抜き技。面抜き胴、面抜き面、小手抜き面、小手抜き小手などありますが、それらで一本を決めるための上達のコツや注意点などを紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
剣道の突きを使った一本を取る練習方法
高校から使いはじめる突き技。この突きで一本を取ることもできますが、その突きの後の連続技で一本を取ることもできます。そのつなげ技の考え方やタイミングなどを紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。
引き技を決める上で重要な鍔迫り合い
引き技を決めるためには、鍔迫り合いで相手の体勢を崩し、スキを作る必要があります。また、技が決まらなかった時に相手に打たれないように素早く次の行動に移す足さばきも重要です。引き技(面・小手・胴)それぞれの注意点を紹介いたします。
剣道の「切り返し」には本当に上達効果があるの?
切り返しとは正面打ちと左右面打ちを組み合わせ、剣道の基本的動作を繰り返し練習するための動作です。切り返しは地味で地道な稽古法ですが、「たしかな上達効果が見込める」からこそ長い剣道の歴史のなかで生き残り続けてきたのだと考えることができるでしょう。切り返しにはどんなメリットがあるのか?正しく切り返しをするためのコツなどを紹介していきます。ぜひご覧ください。