剣道で必要な上半身の筋肉をつける切り返し

武道家におすすめの情報

剣道で必要な上半身の筋肉をつける切り返し

先日、ある中学校の剣道の練習を見る機会がありました。

 

その中学校は、団体や個人で、全国大会優勝や入賞をしている強い学校です。

 

その学校の稽古は、面や小手を着けずに1時間もさまざまな稽古をしています。

 

スピードをつけるような稽古だったり、体力をつけるような稽古だったりします。

 

その中の一つを紹介いたします。

 

よく、割れた竹刀を何本も束ねて、素振り用の竹刀を作っている人は多いと思います。

 

自作の素振り用竹刀 自作の素振り用竹刀

 

竹刀数本分の重さになりますので、これで素振りをすると、竹刀を振るときに必要な筋肉がつきます。

 

しかし、実際は、筋肉をつけようと思ったときに、この竹刀で、長々と時間を掛けて素振りをしても、そう筋肉はつきません。

 

瞬発的に爆発的な力を発揮する、大きな筋肉を発達させようと思ったら、45秒以内に、筋肉が限界を迎えるような負荷を掛けてあげることが、効率よく筋肉をつける方法です。

 

そのためには、どうすればいいのか?

 

その中学校では、その理想的な方法を、稽古に取り入れていました。

 

大きな負荷をかけた切り返し

自作の素振り用竹刀

2人1組になり、この素振り用の竹刀で、体育館の端から端まで、目一杯の速さで、前に進みながら端まで行って、後ろに下がりながら端までの切り返しを1往復します。

 

重たい素振り用の竹刀ですので、当然切り返しに必要な上半身の筋肉は限界を迎えるようになります。

 

また、この束ねた竹刀は、柄の部分も太くなって握りにくく、しっかりと握っていないと速く振れないため、握力も同時に鍛えられます。

 

1往復終えた中学生は、息が上がっていましたが、そこからさらに追い込んでいきます。

 

今度は、普通の竹刀に持ち替えて、同じように目一杯の速さで切り返しを1往復します。

 

これは、ウエイトトレーニングで、筋肉を限界まで追い込むテクニックにもあります。

 

重たいウエイトでトレーニングして、限界を迎えたら、すぐに軽いウエイトに持ち替えて限界までトレーニングすることで、筋肉を本当の限界まで追い込むことができます。

 

そうすることで、筋肉は効率よく早く発達していきます。

 

剣道で使う筋肉は、剣道の動作で作るのが一番です。

 

しかし、筋肉を発達させる45秒以内に限界を迎える稽古というのは、普通の稽古ではできません。

 

このように、普段かからないような負荷を掛け、剣道の動作に取り入れることで、必要な筋肉がしっかりと付くことになりますね。

 

強い選手というのは、さまざまな工夫をしていますね。

 

少年剣士が上達するコツはこちら

 

剣道で重要な手首のトレーニングも、専用のトレーニングをすると、効率よく鍛えることができます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道の試合で勝つために重要な心構え
剣道の試合で勝つために重要な心構えを、剣道三段の方の体験談より紹介いたします。
剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方とは?専用の竹刀とは?
剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方の紹介です。剣道などの上半身を使うスポーツや武道は、手首の強い人が多くいます。それは手首の強さが必要だからです。逆に言えば手首を鍛えることによってその競技で強くなるともいえます。
剣道出小手のコツとは?技を決める自分のパターンを作るポイントとは?
剣道の試合で多く使われる出小手。その打ち方やタイミングは練習で身につける必要があります。そのやり方やコツや動画を紹介いたします。 出小手は、自分のパターンを作るのがポイントです。そのパターンを作ることによって、初心者でも大会で通用する出小手が打てるようになります。ぜひご覧ください。
剣道払い小手のコツ
剣道の払い技、払い小手のコツとポイントを紹介いたします。
剣道抜き技の上達のコツとポイントと動画
剣道の応じ技の一つの抜き技。面抜き胴、面抜き面、小手抜き面、小手抜き小手などありますが、それらで一本を決めるための上達のコツや注意点などを紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
剣道の突きを使った一本を取る練習方法
高校から使いはじめる突き技。この突きで一本を取ることもできますが、その突きの後の連続技で一本を取ることもできます。そのつなげ技の考え方やタイミングなどを紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。
引き技を決める上で重要な鍔迫り合い
引き技を決めるためには、鍔迫り合いで相手の体勢を崩し、スキを作る必要があります。また、技が決まらなかった時に相手に打たれないように素早く次の行動に移す足さばきも重要です。引き技(面・小手・胴)それぞれの注意点を紹介いたします。
剣道の「切り返し」には本当に上達効果があるの?
切り返しとは正面打ちと左右面打ちを組み合わせ、剣道の基本的動作を繰り返し練習するための動作です。切り返しは地味で地道な稽古法ですが、「たしかな上達効果が見込める」からこそ長い剣道の歴史のなかで生き残り続けてきたのだと考えることができるでしょう。切り返しにはどんなメリットがあるのか?正しく切り返しをするためのコツなどを紹介していきます。ぜひご覧ください。