剣道の突きを使った一本を取る練習方法

武道家におすすめの情報

剣道の突きを使った一本を取る練習方法

剣道の突きを使った一本を取る練習方法

突きに関するお話をいただきましたので、紹介いたします。

 

高校から突きが技として使用できるようになります。

 

この突きは、ある程度パターンが決まっていますので、流れさえ覚えられれば、胴や小手に簡単につなげながら、一本を取れる技です。

 

私自身が、試合でよく使用しており、一本がとりやすかった記憶があります。

 

そのコツを簡単にお話ししてみたいと思います。

 

正確に突きの技を出す

まず最初に、練習方法としては、ひたすら突きをのど元に決められるように、突く練習をするのが良いです。

 

理由としては、突きをする方は、それほど難しくはありませんが、受ける方は躱し難いうえに、少しでものど元からずれて突きをされると防具で受けれず非常に痛いです。

 

剣道は武道であり、礼儀を重んじますので、そういった事態を避けるためにも必要です。

 

実際は試合中に相手もよけることが多々ありますので、ずれて当たってしまう場合もありますが、それは仕方がないです。

 

突きをした後の技

次にある程度突きに慣れてきたな、と思い始めたら、すり足をしつつ繋げ技の練習をしましょう。

 

突きをしてから、下がり小手、もしくは引き胴を打つ練習です。

 

大抵の場合であれば突きを竹刀でたたいて躱されます。

 

その場合、近距離の間合いにて立ち会うことになりますので、鍔迫り合いに多くはなりやすいです。

 

そこで、裏をかくためにもすぐさま小手か胴を打って距離を戻しましょう。

 

これが出来れば大したレベルの相手でなければ、最初の突き又はその後の小手・胴のどちらかが決まって終わりになります。

 

ここまでくれば、あとはすり足の練習など復習して、基礎を固めることで突きの精度と速さが上がり、決まりやすくなります。

 

速度と技量を磨く練習

その為、

  • 速度をめざすのであれば踏み込みとすり足の練習をする
  • 技量を磨きたいのであれば突きからの小手と胴の打ち方を練習する

など自身にあった方法でやっていくのが良いです。

 

それによって突きが体に馴染んできますので、いざというときに自然と一連の動作としてできるようになります。

 

また、おまけとしてですが、体格が特に身長が高い人であれば、突きからの面でも一本はとれます。

 

ですので練習の際、に面のみで練習をしてもいいかもしれません。

 

長くなりましたが、「言うは易し行うは難し」が突きです。

 

日々コツコツとやることで、確実に体格差など気にならないくらい強くなれますので、練習してみようと思われる方は頑張ってください。

 

今回は御話にお付き合い頂きありがとうございました。

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道で必要な上半身の筋肉をつける切り返し
ある中学校の剣道の練習を見学する機会がありました。その中で、いい稽古方法がありましたので紹介いたします。
剣道の試合で勝つために重要な心構え
剣道の試合で勝つために重要な心構えを、剣道三段の方の体験談より紹介いたします。
剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方とは?専用の竹刀とは?
剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方の紹介です。剣道などの上半身を使うスポーツや武道は、手首の強い人が多くいます。それは手首の強さが必要だからです。逆に言えば手首を鍛えることによってその競技で強くなるともいえます。
剣道出小手のコツとは?技を決める自分のパターンを作るポイントとは?
剣道の試合で多く使われる出小手。その打ち方やタイミングは練習で身につける必要があります。そのやり方やコツや動画を紹介いたします。 出小手は、自分のパターンを作るのがポイントです。そのパターンを作ることによって、初心者でも大会で通用する出小手が打てるようになります。ぜひご覧ください。
剣道払い小手のコツ
剣道の払い技、払い小手のコツとポイントを紹介いたします。
剣道抜き技の上達のコツとポイントと動画
剣道の応じ技の一つの抜き技。面抜き胴、面抜き面、小手抜き面、小手抜き小手などありますが、それらで一本を決めるための上達のコツや注意点などを紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
引き技を決める上で重要な鍔迫り合い
引き技を決めるためには、鍔迫り合いで相手の体勢を崩し、スキを作る必要があります。また、技が決まらなかった時に相手に打たれないように素早く次の行動に移す足さばきも重要です。引き技(面・小手・胴)それぞれの注意点を紹介いたします。
剣道の「切り返し」には本当に上達効果があるの?
切り返しとは正面打ちと左右面打ちを組み合わせ、剣道の基本的動作を繰り返し練習するための動作です。切り返しは地味で地道な稽古法ですが、「たしかな上達効果が見込める」からこそ長い剣道の歴史のなかで生き残り続けてきたのだと考えることができるでしょう。切り返しにはどんなメリットがあるのか?正しく切り返しをするためのコツなどを紹介していきます。ぜひご覧ください。