剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方とは?専用の竹刀とは?

武道家におすすめの情報

剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方

剣道の振りを速くする手首のスナップの鍛え方

剣道の振りの速さは、剣道の強さに直結します。

 

同時に打っていけば、振りの速いほうが勝ちます。

 

体の使い方や、中心の取り方などもありますので、振りの速さだけで決まるわけではありませんが、やはり、振りの速さは、剣道上達の要素の一つといえるでしょう。

 

振りの速さを決めるのは、前腕や上腕二頭筋や三頭筋、広背筋などの筋肉の強さや、下半身の動きの速さなどが影響します。

 

手首の強い人は剣道の強い人が多い

そして、手首の強さは、特に影響します。

 

手首が強いと、振りが速くなるだけでなく、手首だけで竹刀を自由自在に動かすことができ、竹刀の動きを変化させることも容易になります。

 

手首の強い人は、剣道が強い人が多いです。

 

実際、私は、アームレスリングを競技としてやっていますが、剣道の強い人は、手首の強い人が多く、アームレスリングをやっても、他のスポーツをやっている力自慢の人より、余程強いです。

 

では、どうやって手首を鍛えればいいのでしょうか?

 

それは、普段の稽古や素振りなどで、自然と鍛えられるものではあります。

 

しかし、それより、もっと効果的に手首を鍛えるのであれば、それ専用の稽古をすることです。

 

リストカール

 

手首を鍛える代表的なトレーニングとして

  • リストカール

があります。

 

 

リバースリストカール

 

もう一つ代表的なトレーニングでは

  • リバースリストカール

があります。

 

 

素振りの動作から鍛える

 

今は、手首強化用の素振り竹刀があります。
部屋の中でもできますので、おすすめです。

 

 

他の人が意識していない部分を鍛えることで、他の人より一歩抜きん出る事ができます。

 

リストハンマーで手首を鍛える方法

 

手首を鍛える方法として、この

  • リストカール
  • リバースリストカール

以外にも、おすすめの筋トレ方法があります。

 

それは、リストハンマーを使ったトレーニングです。
剣道の手首の動きに近い動きで鍛えることができますので、おすすめです。

 

リストハンマーでの手首の鍛え方はこちらをご覧ください。

 

 

同じ練習でも自分なりに工夫しなければ、自分のための練習にならない

タイトル
振りが遅いなら手首が弱い可能性も。

 

私は学生の時、部活で剣道をしていました。

 

部活見学で、剣道をしている先輩方を見て、その格好良さに惹かれて入部しました。

 

だけど入部してからは、思うように上達せず悩みました。

 

最初見学した時の先輩方の剣道が、自分にもすぐにできると思っていたのですが、大間違い。

 

やっぱり練習しなければ、上手くはならないのだと思い知らされた感じでした。

 

私は部員の中でもかなり弱い方で、試合ではいつも負けていました。

 

練習しても勝てないのかと苦しんでいると、先輩に同じ練習でも自分なりに工夫しなければ、自分のための練習にならないと言われました。

 

特に私の場合は、振りが遅く、動きをよまれてしまうので、手首を鍛えるようにアドバイスをもらいました。

 

それからは、単なる素振りでも手首を意識して振る等、普段の練習から自分に必要なポイントを考えながら、練習するようになりました。

 

また自宅でも、砂を入れたペットボトルを持つ等して、手首を強くする努力をしました。

 

その結果、竹刀が振りやすくなり、自分の得意なタイミングを見つけることが出来ました。

 

試合にも何度か出してもらえるようになり、やっと剣道というのが板についてきたようでした。

 

今でもあの手首を鍛えた感覚は残っていて、竹刀を持つとあの頑張った日々が蘇ります。

 

 

おすすめの素振り用竹刀で剣道に必要な筋肉をつける

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道で必要な上半身の筋肉をつける切り返し
ある中学校の剣道の練習を見学する機会がありました。その中で、いい稽古方法がありましたので紹介いたします。
剣道の試合で勝つために重要な心構え
剣道の試合で勝つために重要な心構えを、剣道三段の方の体験談より紹介いたします。
剣道出小手のコツとは?技を決める自分のパターンを作るポイントとは?
剣道の試合で多く使われる出小手。その打ち方やタイミングは練習で身につける必要があります。そのやり方やコツや動画を紹介いたします。 出小手は、自分のパターンを作るのがポイントです。そのパターンを作ることによって、初心者でも大会で通用する出小手が打てるようになります。ぜひご覧ください。
剣道払い小手のコツ
剣道の払い技、払い小手のコツとポイントを紹介いたします。
剣道抜き技の上達のコツとポイントと動画
剣道の応じ技の一つの抜き技。面抜き胴、面抜き面、小手抜き面、小手抜き小手などありますが、それらで一本を決めるための上達のコツや注意点などを紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
剣道の突きを使った一本を取る練習方法
高校から使いはじめる突き技。この突きで一本を取ることもできますが、その突きの後の連続技で一本を取ることもできます。そのつなげ技の考え方やタイミングなどを紹介いたします。ぜひ、ご覧ください。
引き技を決める上で重要な鍔迫り合い
引き技を決めるためには、鍔迫り合いで相手の体勢を崩し、スキを作る必要があります。また、技が決まらなかった時に相手に打たれないように素早く次の行動に移す足さばきも重要です。引き技(面・小手・胴)それぞれの注意点を紹介いたします。
剣道の「切り返し」には本当に上達効果があるの?
切り返しとは正面打ちと左右面打ちを組み合わせ、剣道の基本的動作を繰り返し練習するための動作です。切り返しは地味で地道な稽古法ですが、「たしかな上達効果が見込める」からこそ長い剣道の歴史のなかで生き残り続けてきたのだと考えることができるでしょう。切り返しにはどんなメリットがあるのか?正しく切り返しをするためのコツなどを紹介していきます。ぜひご覧ください。