剣道技面を速く一拍子で打つための練習方法

武道家におすすめの情報

剣道技面を速く一拍子で打つための練習方法

剣道の面を速く一拍子で打つ練習

初心者に多く見られる面の打ち方で、腕を上下させて打突をする打ち方があります。

 

いいタイミングで打てたとしても、その打ち方ではスピードが遅いですし、相手に動きを読まれて、反対に技を合わされて技を決められてしまうでしょう。

 

しかし、初心者にとって、1拍子の小さく鋭く打つというのは、わかっていてもむずかしいものです。

 

では、どのような練習をすれば、小さく鋭い打突を決めることができるのでしょうか?

 

竹刀を持たないで形を覚える

まずは、竹刀を持たずに練習をします。

 

右手を前に出して構え、左足で床を蹴って右足を前に出すと同時に、右手を振り上げ、右足を踏み込みます。

 

よく、子ども達が遊びでやっているような感じです。

 

この時のポイントとして、右手を振り上げて振り下ろす動作はしない、ということです。

 

振り下ろさずに、そのまま、相手に押し出すようなイメージです。

 

これにより、スムーズな体の移動を覚えることができます。

 

スムーズにできはじめたら、今度は、両手でやってみます。

 

それもスムーズにできだしたら、相手に立ってもらって、右手だけで自由に振れるような短い棒や、小さい竹刀などで、実際に右手だけで打ってみます。

 

今までと同じように、振り下ろすことを意識しないようにします。

 

右腕を伸ばすと同時に、手首を伸ばしてスナップで打つイメージです。

 

これができだしたら、今度は竹刀を使って打ってみます。

 

右足を前に出すと同時に、左手を振り上げ、伸ばすと同時に両手のスナップをきかせて打ちます。

 

それまでの練習がしっかりできていると、意外とうまくいくはずです。

 

打突は腕で振るものではなく、両手のスナップと体の前へ移動する力で行うもの、だというのがよくわかります。

 

ぜひ、試してみてください。

 

正しい剣道の振りが音で学べる竹刀はこちら

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道の構えで決まる一拍子の打突ができる正しい構え方とは?
一拍子で打っていくには、構えがしっかりとできていないと打てません。剣道の構えの基本とコツを解説しています。 構えで意識しておきたいのは、足の構え、上半身、左拳です。ぜひご覧ください。
剣道初心者が強く正確な面打ちをするために必要で基本的なこととは?
剣道初心者が強く正確な面打ちをするために必要な基本的なことを紹介しています。面打ちは、剣道の打ち方の中でも、最も基本となるものです。これが強く正確に打てなければ、小手や胴もうまく打てません。そこで面打ちの重要なポイントを紹介いたします。
剣道技小手で一本を決めるために重要なこと
剣道技小手で一本を決めるために重要なことを紹介いたします。
少年剣道や初心者におすすめの間合いと足さばきの練習方法
少年剣道や初心者におすすめの間合いと足さばきの練習方法を紹介しています。
剣道の5つの構えの種類(中段・上段・下段・八相・脇構え)とは?
剣道の基本となる5つの構えの種類(中段・上段・下段・八相・脇構え)について紹介しています。 それぞれの構えの特徴や、メリット、使い方などを紹介しています。剣道をしているなら覚えておきたい知識です。ぜひご覧ください。
剣道の基本の構えで確認しておきたい手と足の状態とは?
剣道の中段の構えの、竹刀の持ち方や足の位置などの基本的なことを紹介しています。 構えたときに重要となるのは、手と足の状態です。 これが崩れていると、素速く動いたり打突を決めたりすることができません。 ぜひご覧ください。
剣道足さばきの送り足のポイントと注意点
剣道の足さばきには、送り足や開き足、継ぎ足、あゆみ足などがあります。その足さばきの送り足のポイントや注意点を紹介いたします。
剣道の打った後の足さばきについて
剣道で打った後の足さばきが悪いと、すぐに攻撃に移れなかったり、相手に攻め込まれたりしてしまいます。そのポイントを紹介いたします。
剣道に重要な間合いの駆け引き
剣道では、間合いを取りながら駆け引きをして戦います。その間合いで重要な役割をはたすのが足さばきです。試合中では、常に足を使うことが大切です。そのためには、腰を入れた状態、腰に手を当ててすり足を繰り返し練習し、無意識で動けるようにしておくことです。防具や剣道着も、ズムーズな動きがしやすいものを選びましょう。