必ず知っておきたい剣道の技の種類とは?上達に必要な知識です!

武道家におすすめの情報

剣道の技の種類について

剣道の技には、ただ単に、
  • 小手
  • 突き

を打っていくだけではありません。

 

相手がいて、相手の動きや、相手の状態に合わせて、さまざまな種類の技を仕掛けていくことになります。

 

基本的には、技は、大きく分けて2つあります。

 

  • 仕掛け技
  • 応じ技

です。

 

仕掛け技について

仕掛け技は、字のごとく、こちらから先に打っていく仕掛けていく技です。

 

こちらの攻めの姿勢から、相手の構えが崩れたところや、隙ができたところ、相手が打ってこようとするときの隙を狙って、打ってく技です。

 

  • 一本技
  • 連続技
  • 払い技
  • 出ばな技
  • 引き技

の5つがあります。

 

一本技

一本打ちの技でしっかりと竹刀で正中線を制し、間合いをつめてプレッシャーをかけていきます。
相手がプレッシャーに耐えられなくなって動き出したところを、それにあわせて、面や小手や胴を打っていきます。

 

剣道仕掛け技の小手の一本技のコツと注意点

 

連続技

一本目の打突で技が決まらなかったときに、始めの一本で相手が崩れ隙ができたところを、二本目、三本目の打突を決めていく技です。
一本目の技を打ったときに姿勢が崩れていると、二本目の打ちができませんので、一本目を正しい姿勢で打っていくことが大切です。
二本目を打つ前提で、一本目を打っていくのではなく、一本目を決めていくつもりで打っていくことも重要です。
常に、打った後も、相手の隙があれば打っていく姿勢が大切です。

 

剣道小手面打ちのコツや動画

 

 

払い技

相手の竹刀が正中線を外れず、なかなか隙ができないときに、相手の竹刀を左右に払い、相手の隙ができて、相手が姿勢を正すまでに打っていく技です。
竹刀を払うときに、こちらも隙ができていることを忘れないようにしましょう。

 

剣道払い小手のコツ

 

出ばな技

相手が打ち込もうとする瞬間に隙ができます。
そこを狙って打っていく技です。
相手が打つ瞬間を捉えていないと、先に打たれる可能性が大きいので、こちらがしっかりと正中線を制しておくことが大切です。

 

剣道出小手のコツ

 

引き技

鍔ぜり合いのときの相手の隙や、こちらが打っていき体当たりしたあとの隙を狙って、引きながら打っていく技です。
相手の姿勢が崩れていなかったり、隙ができていないときに、引きが遅いと、すぐに間合いをつめられて不利な体制になりますので、タイミングが重要な技です。

 

引き技を決める上で重要な鍔迫り合い

 

応じ技について

仕掛け技がこちらから打っていく技に対して、応じ技は、相手が打ってきた技に対して、かわしたり、受けたりして返していく技です。

 

  • すりあげ技
  • 返し技
  • 抜き技
  • 打ち落とし技

の4つがあります。

 

すりあげ技

相手が打ってきた竹刀を、こちらの竹刀ですりあげ、相手の竹刀を流して、相手の姿勢や竹刀が崩れたところを、隙を狙って打っていく技です。
竹刀を払うようにするのではなく、すり上げて、相手の竹刀を流すようにして崩すことがポイントです。
すり上げが失敗すると、相手の打突が決まってしまいますので、非常に難易度が高く、高度な技といえます。

 

すり上げ技で大事な要素となる脱力

 

返し技

相手が打ってきた技を自分の体に近いところで受け止め、打突の後にできる隙を打っていく技です。
相手の竹刀の勢いを利用した受けや、体も同時にかわし動かすことで、相手の隙を狙いやすくなります。

 

剣道小手の応じ技のコツ 小手すり上げ面 小手返し面 小手抜き面

 

抜き技

相手が打ってきたものをかわして、相手が空振りさせ相手の竹刀を流し、隙ができたところを狙う技です。
間合いを制して、必要最小限の動きで、ギリギリかわすことで、こちらの姿勢は崩れず、すぐに打ち返すことができます。
距離を読み間違うと、相手の打ちが当たってしまうので、後ろの動きだけでなく、左右の動きも大切です。

 

抜き技の上達のコツとポイントと動画

 

打ち落とし技

相手が打ってくる竹刀を斜め下に打ち落としながら、隙を狙って打っていく技です。
打ち落とした瞬間に打っていかないと、相手と間合いが詰まって有効打突となりませんので、力を抜いて手首の力で打ち落とすことで、間合いが詰まる前に打ち返すことができます。
また、こちらの姿勢が崩れていると、これも打ち返すのが遅くなる原因となりますので、姿勢を正したまま体をさばきながら打ち落とすことが重要です。

 

仕掛け技や応じ技を習得するには?

仕掛け技や応じ技の紹介をしてきましたが、実際にこれらを身につけるには、やはり、何度も何度も稽古を積み重ねることが重要です。

 

また、これらの技のコツやポイントを踏まえた上で稽古をすることで、短期間に上達することができます。

 

これらの仕掛け技や応じ技の細かいコツやポイントを解説したDVDがあります。

 

教士八段の香田郡秀先生のDVDです。

 

短期間で剣道の上達方法を学べる教士八段香田郡秀先生のDVDはこちら

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道での足捌きの種類とは?知っておきたい送り足・継ぎ足・歩み足・開き足
剣道での足さばきを極めることは、上達のための近道です。その足捌きの種類について紹介しています。
剣道が強くなる先手の種類と注意点とポイント
剣道が強くなる先手の種類と注意点とポイントの紹介です。
出ばな小手で一本を決めるコツとポイント
出ばな小手で一本を決めるコツとポイントを紹介しています。
小手の応じ技を決める重要なコツとは?小手すり上げ面 小手返し面 小手抜き面
剣道の小手の応じ技の小手すり上げ面、小手返し面、小手抜き面のコツについて紹介しています。 小手の応じ技を決めるには、外せないポイントがあります。 それを知ることで初心者でも、技を決めて一本を取ることができます。 それらのポイントを紹介いたします。
剣道仕掛け技の面の一本技のコツ
剣道で自分から仕掛けて打っていく技、剣道仕掛け技の面の一本技のコツや注意点を紹介しています。
剣道とびこみ胴のコツと注意点
剣道とびこみ胴のコツと注意点を紹介しています。
剣道仕掛け技の小手の一本技のコツと注意点
剣道仕掛け技の小手の一本技のコツと注意点を紹介しています。
引き胴で一本を決めるコツ
剣道の引き胴は、使えるようになると非常に有利な技です。剣道で勝つための戦術として、体得しておくといい技でしょう。
剣道払い技の注意点とコツ
仕掛け技の一つ、払い技についてのポイントを紹介しています。