剣道が強くなる先手の種類と注意点とポイント

武道家におすすめの情報

剣道が強くなる先手の種類と注意点とポイント

剣道の先手を制する

先手と聞くと、先に打っていくことのように聞こえます。

 

確かに、見える現象だけを見ると、そのようなことかもしれません。

 

しかし、実際は目に見えないことが、先手の決め手となります。

 

それは、

  • 自分に有利な状況を先に作ること
  • 優位に立つこと

です。

 

相手が攻めているようであっても、自分が優位に立って、相手がプレッシャーに負けて打ってきているような状況もあります。

 

この自分に有利な状況を先に作ることが、先を制するということなのです。

 

3つの先

先を制する形として3つの形があります。

 

先々の先(懸りの先)

相手の起こりを見極めて、先に技を決めていくことです。
相手の先より、さらにその先をいきます。
自分が優位に立ち、相手に圧力をかけないとできません。
剣道では、最も重要だといわれています。

 

先(対の先)

相手が打ち込んでくるのを、相手の技が当たる前に、先に打突を決めていくことです。
出ばな面などが当てはまります。
相手の小さな動きを察知する力が必要です。

 

後の先(侍の先)

相手が打ち込んでくるのを、切り落としたり、凌いだりし、相手の体勢が崩れ、スキができたところを打ち込むことです。
切り落とし面や面返し胴などが当てはまります。

 

先手を打つ体勢と注意点

先手を打つには、体勢や心構えなどの準備ができていないと、先を制することができません。

 

下半身

ここというときに打てなくては、優位に立っていても、先に相手に打たれてしまったり、チャンスを逃してしまったりすることになります。

 

いつでも打ちに出られる足にしておく必要があります。

相手に対して真っ直ぐ向ける
足の開きは一握り
右足の踵の線に左足のつま先を置く

基本の姿勢を常に保つことが、いつでも打ちに出られる足になります。

 

重心は両足の中心に置いておき

打ちにいくときには、

足を動かさずに重心を前に移行

して行きます。
これをスムーズにしていくことが、構えの姿勢から打突までの時間を短くすることにつながります。
そして、この重心を前に移すことで、相手に圧力をかけることにもつながります

 

上半身

先を制するには、相手の小さな動きを察知する必要があります。

 

そのためには、上半身の姿勢や目が重要になります。
目線が一定になるように

姿勢を伸ばす
前後左右に傾かないようにする

また、力が入りすぎていると、次の動きが遅くなりますし、姿勢も崩れてしまいます。

 

目線を一定に保てるように基本の姿勢が常にできていれば、相手の小さな動きも察知できるようになり、先を制するのに有利になります。

 

基本の姿勢が、すべてにおいて大切ですね。

 

剣道上達のおすすめDVDはこちら

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

必ず知っておきたい剣道の技の種類とは?上達に必要な知識です!
剣道の技の種類、仕掛け技と応じ技について書いています。剣道の技には面・小手・胴・突きだけではありません。仕掛け技や応じ技があり、その中にも一本技や連続技などがあります。ぜひご覧ください。
剣道での足捌きの種類とは?知っておきたい送り足・継ぎ足・歩み足・開き足
剣道での足さばきを極めることは、上達のための近道です。その足捌きの種類について紹介しています。
出ばな小手で一本を決めるコツとポイント
出ばな小手で一本を決めるコツとポイントを紹介しています。
小手の応じ技を決める重要なコツとは?小手すり上げ面 小手返し面 小手抜き面
剣道の小手の応じ技の小手すり上げ面、小手返し面、小手抜き面のコツについて紹介しています。 小手の応じ技を決めるには、外せないポイントがあります。 それを知ることで初心者でも、技を決めて一本を取ることができます。 それらのポイントを紹介いたします。
剣道仕掛け技の面の一本技のコツ
剣道で自分から仕掛けて打っていく技、剣道仕掛け技の面の一本技のコツや注意点を紹介しています。
剣道とびこみ胴のコツと注意点
剣道とびこみ胴のコツと注意点を紹介しています。
剣道仕掛け技の小手の一本技のコツと注意点
剣道仕掛け技の小手の一本技のコツと注意点を紹介しています。
引き胴で一本を決めるコツ
剣道の引き胴は、使えるようになると非常に有利な技です。剣道で勝つための戦術として、体得しておくといい技でしょう。
剣道払い技の注意点とコツ
仕掛け技の一つ、払い技についてのポイントを紹介しています。