柔道稽古の量だけでなく質を高めるために必要な心構えとは?

武道家におすすめの情報

柔道稽古の量だけでなく質を高めるために必要な心構え

柔道稽古の量だけでなく質を高めるために必要な心構え

柔道で勝つために重要なのは、一にも二にも稽古です。

 

稽古を重ねることで体が鍛え上げられ、試合で通用する実力が身につきます。

 

しかし、単に稽古をしていればいいというものではありません。

 

稽古の質を上げていく

本当に柔道で強くなりたいのであれば、稽古の量ではなく質にこだわらなくてはいけません。

 

質の高い稽古は
短時間で高い効果が期待できる
ので体に係る負担も少なく、
柔道の最大の敵である怪我のリスクを低減
できます。

 

長時間の稽古は、努力しているという充足感や満足感は感じられます。

 

しかし、質が低ければ大した効果は期待できず、ただただ疲労がたまるだけです。

 

努力しているのに試合で勝てないという場合は、稽古の質を見なおしてみましょう。

 

目標を持って稽古する

柔道の稽古で、もっとも重要なのは「目標」です。

 

  • なにを目指して稽古するのか
  • なんのための稽古なのか

をきちんと理解せずに稽古したところで、高い効果は期待できません。

 

稽古の質を高めるためには
自分がどうなりたいのかをきちんと理解した上で、目指すべき目標を設定し、目標達成のための手段として稽古を重ねる必要
があります。

 

長年柔道の稽古を続けているベテランほど、稽古すること自体が目標になりがちです。

 

稽古は強くなるための手段であるということを忘れずに、質と効率を追求し、効果の高い新しい稽古に積極的に取り組んでいきましょう。

 

目標を達成する人の法則を学ぶならこちらがおすすめ

 

 

試合を見据えて稽古をする

試合で勝つためには、常に
試合を見据え実践を想定した稽古を重ねる
ことがポイントです。

 

例えば、柔道にスタミナは重要ですが、マラソン選手のようなスタミナが求められているわけではありません。

 

必要なのは、試合時間の4分ないし5分プラス延長戦に全力を出し切れるだけのスタミナです。

 

それ以上スタミナを付けても、試合ではなんの約にも立ちません。

 

トーナメント戦で何試合も行うのに必要なスタミナは、試合に必要なスタミナとはまた種類が違うので、それぞれを個別に稽古で身につける必要があります。

 

重要なのは、試合において最高のパフォーマンスを発揮するための稽古です。

 

どんなに強くでも、試合に最適化されない稽古では、効果は半減してしまいます。

 

出場する大会の試合数などを踏まえ、本番の試合を想定した稽古に取り組んでください。

 

 

休むことも大切

稽古に熱心な人ほど、休まず稽古することにこだわります。

 

連日厳しい稽古を続ければ、体には疲労がたまり、怪我につながる負担も蓄積されてしまいます。

 

人間の体が成長するためには、適度な休息は欠かせません。

 

少なくとも週に一度は、練習しない完全休養日を設けてください。

 

どうしても練習したいのであれば、指導書やビデオのチェックなど、体を動かさない座学に時間をあてましょう。

 

柔道のおすすめの本やDVDはこちら

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

どうして柔道に「禁じ手」があるのか?
柔道には「禁じ手」と呼ばれる技がいくつかあります。打撃技や蹴り技も柔道においては禁じ手といえます。国際柔道連盟(IJF)の規定で禁止技に指定されている技は4つあり、そのいずれかを試合で出すと反則負けとして扱われます。河津掛け(かわづがけ)蟹挟(かにばさみ)胴絞(どうじめ)足緘(あしがらみ)です。それらの技の解説と、禁じ手になっている理由を紹介いたします。
柔道で視力が悪いと不利なことは?視力回復や動体視力アッププログラム
柔道で視力が悪いと、どんなデメリットがあるのでしょうか?全く関係ないという人もいます。しかし、コンタクトを入れて柔道をしている人もいます。ハッキリ見えることによって、細かい相手の動きから、次の動きを予測できるメリットがあるからです。
柔道をして腰痛で悩んでいる人へ腰痛改善ストレッチ
柔道では、人を投げたりおさえこんだりするため、腰痛になりやすい武道といえます。坐骨神経痛やヘルニアや腰椎分離すべり症など悩んでいる人は多いと思います。そこでおすすめの腰痛改善ストレッチを紹介いたします。
柔道耳、カリフラワーイヤーの原因と有効な予防グッズや対策方法とは?
柔道をしていると、畳で耳がすれて腫れてきてしまいます。初めは治りますが日常的に腫れることでその形になり、柔道耳やカリフラワーイヤーなどと呼ばれています。柔道はやりたいけどカリフラワー耳は嫌で女性などは避けている人も多いのではないでしょうか?原因、予防グッズや対策、治療方法について紹介いたします。
学生柔道で勝つために「裏投げ」を練習すべきか?
柔道をやっている人間なら、ほとんどの人が「裏投げ」を知っていることでしょう。裏投げは真捨身技5本のうちのひとつで、後方から相手の体を持ち上げて背中側に投げる大技です。裏投げは非常に危険な技であるということを理解しておかなければなりません。現在のところ裏投げは反則技に含まれていませんが、他の技に比べると危険性が高いことから小学生の試合では全面的に禁止されています。使い手に安定した技術が必要なのはもちろん、技を受けるほうにもしっかりとした受け身の技術が要求される難しい技なのです。
柔道をやっていると耳が潰れるのはなぜ?
柔道家の耳は、ぷっくりと膨れ上がって潰れたような状態になっていることがあります。 人によっては耳の穴が見えないほど潰れてしまっていることもあり、見慣れていないと少しグロテスクに思えてしまうかもしれません。一般に「餃子耳」、あるいは「カリフラワーイヤー」と呼ばれています。ちなみに医学的には「耳介血腫」といいます。 柔道以外にも、レスリングやラグビーといった激しいスポーツに従事する選手に発生することがある症状ですね。