柔道で視力が悪いと不利なことは?視力回復や動体視力アッププログラム

武道家におすすめの情報

柔道で視力が悪いと不利なことは?視力回復や動体視力アッププログラム

 

視力が悪いと柔道では不利になるのでしょうか?

 

実際、かなり視力が悪い人も関係なく柔道をしています。

 

さすがに柔道ではメガネをかけられないから、というのもあるでしょう。

 

視力が悪いことは、強さには何も関係がないと思えます。

 

しかし、ハッキリと相手の動きが見えることによって、相手の細かい動きや表情や目の動きなどを見ることができます。

 

それらを、意識的に見ていなくても、無意識に見ていて、次の動きを予測したり、相手の考えていることを予測できたりすることができます。

 

また、視力だけでなく、柔道では動体視力も重要な力となります。

 

相手の動きを見てその動きを脳に伝え、脳で判断して自分の体を動かします。

 

動体視力を鍛えることによって、それらの力を向上させることができます。

 

この、視力を回復させたり、動体視力を鍛えたりするプログラムがあります。

 

それがこちらです。

 


視力回復・動体視力アップの詳しい内容はこちらをクリック

 

実は、このプログラムは、動体視力を必要とするプロの卓球選手や、世界的に有名なプロ野球選手も取り入れているプログラムが含まれています。

 

 

柔道に視力や動体視力は関係ない?

 

そう思うのも自由ですが、プロのスポーツ選手が取り入れている事実がありますので、もし、柔道で少しでも上達したいのであれば、このプログラムを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

視力回復トレーニングプログラムの詳しい内容はこちらをクリック

 

柔道上達プログラムはこちら

 

柔道用品を安く買えるお店はこちら

トップレベルになりたい選手と指導者向けの柔道上達プログラムはこちら

柔道ジュニア選手育成プログラムはこちら

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

柔道選手のためのトレーニングプログラムを学ぶならこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

どうして柔道に「禁じ手」があるのか?
柔道には「禁じ手」と呼ばれる技がいくつかあります。打撃技や蹴り技も柔道においては禁じ手といえます。国際柔道連盟(IJF)の規定で禁止技に指定されている技は4つあり、そのいずれかを試合で出すと反則負けとして扱われます。河津掛け(かわづがけ)蟹挟(かにばさみ)胴絞(どうじめ)足緘(あしがらみ)です。それらの技の解説と、禁じ手になっている理由を紹介いたします。
柔道をして腰痛で悩んでいる人へ腰痛改善ストレッチ
柔道では、人を投げたりおさえこんだりするため、腰痛になりやすい武道といえます。坐骨神経痛やヘルニアや腰椎分離すべり症など悩んでいる人は多いと思います。そこでおすすめの腰痛改善ストレッチを紹介いたします。
柔道耳、カリフラワーイヤー、耳介血腫の原因、予防グッズや対策、治療方法について
柔道をしていると、畳で耳がすれて腫れてきてしまいます。初めは治りますが日常的に腫れることでその形になり、柔道耳やカリフラワーイヤーなどと呼ばれています。柔道はやりたいけどカリフラワー耳は嫌で女性などは避けている人も多いのではないでしょうか?原因、予防グッズや対策、治療方法について紹介いたします。
柔道稽古の量だけでなく質を高めるために必要な心構え
質の高い稽古は短時間で高い効果が期待できるので体に係る負担も少なく、柔道の最大の敵である怪我のリスクを低減することができます。「目標を持って稽古する」「試合を見据えて稽古をする」「休むことも大切」などを意識することです。
学生柔道で勝つために「裏投げ」を練習すべきか?
柔道をやっている人間なら、ほとんどの人が「裏投げ」を知っていることでしょう。裏投げは真捨身技5本のうちのひとつで、後方から相手の体を持ち上げて背中側に投げる大技です。裏投げは非常に危険な技であるということを理解しておかなければなりません。現在のところ裏投げは反則技に含まれていませんが、他の技に比べると危険性が高いことから小学生の試合では全面的に禁止されています。使い手に安定した技術が必要なのはもちろん、技を受けるほうにもしっかりとした受け身の技術が要求される難しい技なのです。
柔道をやっていると耳が潰れるのはなぜ?
柔道家の耳は、ぷっくりと膨れ上がって潰れたような状態になっていることがあります。 人によっては耳の穴が見えないほど潰れてしまっていることもあり、見慣れていないと少しグロテスクに思えてしまうかもしれません。一般に「餃子耳」、あるいは「カリフラワーイヤー」と呼ばれています。ちなみに医学的には「耳介血腫」といいます。 柔道以外にも、レスリングやラグビーといった激しいスポーツに従事する選手に発生することがある症状ですね。