どうして柔道に「禁じ手」があるのか?

武道家におすすめの情報

注意すべき「禁じ手」について

どうして柔道に「禁じ手」があるのか?

柔道には
  • 「禁じ手」

と呼ばれる技がいくつかあります。

 

  • 打撃技
  • 蹴り技

も柔道においては禁じ手といえますが、もともとは公認されていた技が「ある事情」によって禁じ手になったこともあるのです。

 

現在、国際柔道連盟(IJF)の規定で禁止技に指定されている技は4つあり、そのいずれかを試合で出すと反則負けとして扱われます。

 

  • 故意に禁じ手を出そうとした場合

に反則負けを取られるのはもちろんですが、

  • もみ合っている内に誤って禁じ手の形になった場合

でも反則負けとなります。

 

重大なケガをさせてしまう4つの禁じて

柔道の世界において、4つの禁じ手はそれほど厳重に禁止されている技なのです。

 

4つの技がどうして禁じ手になったのかという理由はほぼ共通しています。

 

それは、

  • 「相手に重大な怪我をさせてしまう恐れがある」

からです。

 

柔道の試合で怪我人が出るのは避けられないことですが、4つの禁じ手は他の技と比べても明らかに怪我の程度が重かったのだといいます。

 

過去には禁じ手を使用したことによる怪我人も出ており、これらの技は重大な事故を防ぐために禁止されていきました。

 

今回は、国際柔道連盟(IJF)に厳しく禁止されている4つの禁じ手と、禁止になった理由をご紹介します。

 

柔道初心者はこれらの技を誤って試合で出さないよう、頭に入れておくとよいでしょう。

 

河津掛け(かわづがけ)

柔道の禁止技のなかで最も有名なのが

  • 「河津掛け(かわづがけ)」

ではないでしょうか。

 

国際柔道連盟(IJF)の規定、重大な違反による反則負けの項目には「河津掛けを試みること」と名指しで明記されているほど有名な禁じ手です。

 

河津掛けは、相手の足に自分の足を絡ませ、自分の体重をかけて後方へ倒す技です。

 

こうして字面だけで見るとそう悪い技でも無いように見えますし、実際の試合でも出している人が居そうに見えますよね。

 

実はその通りで、4つの禁じ手のなかでも、

  • 河津掛けは誤って出してしまう可能性が高い技

なので特に注意が必要なのです。

 

その危険さは、実際に河津掛けを繰り出す様子を見てみればわかります。

 

河津掛けが綺麗に決まると、相手は高い確率で後頭部から地面に叩きつけられるのです。

 

体勢が悪い状態で落下するため受け身が取りにくく、脳挫傷などの重大事故に繋がりかねないのが、この技の恐ろしいところです。

 

 

蟹挟(かにばさみ)

河津掛けに次いで有名なのが

  • 「蟹挟(かにばさみ)」

です。

 

誤ってこの技と出すということはありませんが、もしも実行すれば相手の命をも奪いかねない危険な技です。

 

蟹挟は、立っている相手の上半身を両足で挟み、その勢いで後方へ倒す技です。

 

技をかけるシーンを思い描いてみれば、これがどれだけ危険な技なのか想像できるのではないでしょうか。

 

勢いよく蟹挟をかけられた相手は、一瞬で後方へ倒れ込みます。

 

上手く受け身が取れれば良いのですが、何せ瞬発力のある技なので、蟹挟が使えた時代は受け身を取る間もなく、転倒してしまう事故も少なくありませんでした。

 

蟹挟で後頭部を強打すれば死亡事故に繋がる可能性が高いということで、現在は禁止されています。

 

胴絞(どうじめ)

「胴絞(どうじめ)」は、見た目が少し蟹挟に似ている技です。

 

両足で相手の体を挟み込み、胴体をキツく絞め付けるという寝技の一種です。

 

傍から見れば大して危険にも見えない技ですが、他の寝技とは比べ物にならないほどの危険性を孕んでいます。

 

胴絞は相手の腹部を絞め付ける技なので、力のある人がこの技を行うと相手の内臓を破裂させてしまいかねないのです。

 

そもそも柔道の締め技では、頭部や胴など、首以外の部分を締め付けることが禁止されています。

 

危険ということだけでなく、柔道の基本的なルールからも逸脱していたのが胴絞という技なのです。

 

相手に押さえつけられそうになったとき、もがいて相手の体に足を巻き付けたりすると胴絞と見なされる可能性があります
ので初心者は注意しましょう。

 

 

足緘(あしがらみ)

禁止技のなかではやや難易度の高い技なので、間違って繰り出すということは無いかと思いますが、

  • 「足緘(あしがらみ)」

も注意すべき禁じ手のひとつです。

 

足緘は、相手の片足に自分の両足を絡ませて捻じり、膝の関節をきめる技です。

 

柔道技というよりは、見た目も性質もプロレス技に近いかもしれません。

 

足緘が禁止されたのは、技をかけられた相手が足の関節を痛める可能性が高かったためです。

 

実力の差がある選手に足緘をかけられると、容易に膝関節を骨折してしまう危険な技だったといいます。

 

万が一、公式試合で足緘を出した場合は問答無用で反則負けとなってしまうので注意しましょう。

 

柔道用品を安く買えるお店はこちら

トップレベルになりたい選手と指導者向けの柔道上達プログラムはこちら

柔道ジュニア選手育成プログラムはこちら

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

柔道選手のためのトレーニングプログラムを学ぶならこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

柔道で視力が悪いと不利なことは?視力回復や動体視力アッププログラム
柔道で視力が悪いと、どんなデメリットがあるのでしょうか?全く関係ないという人もいます。しかし、コンタクトを入れて柔道をしている人もいます。ハッキリ見えることによって、細かい相手の動きから、次の動きを予測できるメリットがあるからです。
柔道をして腰痛で悩んでいる人へ腰痛改善ストレッチ
柔道では、人を投げたりおさえこんだりするため、腰痛になりやすい武道といえます。坐骨神経痛やヘルニアや腰椎分離すべり症など悩んでいる人は多いと思います。そこでおすすめの腰痛改善ストレッチを紹介いたします。
柔道耳、カリフラワーイヤー、耳介血腫の原因、予防グッズや対策、治療方法について
柔道をしていると、畳で耳がすれて腫れてきてしまいます。初めは治りますが日常的に腫れることでその形になり、柔道耳やカリフラワーイヤーなどと呼ばれています。柔道はやりたいけどカリフラワー耳は嫌で女性などは避けている人も多いのではないでしょうか?原因、予防グッズや対策、治療方法について紹介いたします。
柔道稽古の量だけでなく質を高めるために必要な心構え
質の高い稽古は短時間で高い効果が期待できるので体に係る負担も少なく、柔道の最大の敵である怪我のリスクを低減することができます。「目標を持って稽古する」「試合を見据えて稽古をする」「休むことも大切」などを意識することです。
学生柔道で勝つために「裏投げ」を練習すべきか?
柔道をやっている人間なら、ほとんどの人が「裏投げ」を知っていることでしょう。裏投げは真捨身技5本のうちのひとつで、後方から相手の体を持ち上げて背中側に投げる大技です。裏投げは非常に危険な技であるということを理解しておかなければなりません。現在のところ裏投げは反則技に含まれていませんが、他の技に比べると危険性が高いことから小学生の試合では全面的に禁止されています。使い手に安定した技術が必要なのはもちろん、技を受けるほうにもしっかりとした受け身の技術が要求される難しい技なのです。
柔道をやっていると耳が潰れるのはなぜ?
柔道家の耳は、ぷっくりと膨れ上がって潰れたような状態になっていることがあります。 人によっては耳の穴が見えないほど潰れてしまっていることもあり、見慣れていないと少しグロテスクに思えてしまうかもしれません。一般に「餃子耳」、あるいは「カリフラワーイヤー」と呼ばれています。ちなみに医学的には「耳介血腫」といいます。 柔道以外にも、レスリングやラグビーといった激しいスポーツに従事する選手に発生することがある症状ですね。