剣道の勝率を上げる踏み込みの練習方法

武道家におすすめの情報

【剣道で強くなるなら踏み込みの強化が必須!】

剣道の勝率を上げる踏み込みの練習方法

剣道を始めて間もない初心者が試合で勝てないのは腕の力に頼っているから…とよく言われます。

 

竹刀を使って戦う競技なのですから腕に意識が行ってしまう気持ちもわかりますが、上級者の攻防には腕よりも「足」の使い方に比重が置かれます。

 

攻撃のために相手に近づくときも、相手の攻撃を躱すときも、腕だけでなんとかするのではなく足さばきを活かすほうが良い結果を出せます。

 

さて、そんな足さばきのなかでも重要な要素のひとつが「踏み込み」です。

 

その名の通り「足を出して踏み込むこと」ですが、ただの前後運動ではなく、力強く足を出して「瞬時に移動する技術」だと考えたほうがいいかもしれません。

 

踏み込みは、主に打突を行うときに用いられます。

 

左足で地面を蹴って右足を踏み込み、相手との距離を詰めて攻撃するときに使われるのが一般的です。

 

また、引き技のために後方へ下がりながら打突を行うときの動きも同様に踏み込みと呼ばれます。

 

踏み込みの上手い選手の動きは、来るとわかっていても避けられないほどの圧力があります。

 

しかし踏み込みの下手な選手は動きが読まれやすいため、試合では簡単に反撃されて敗北を喫することになるでしょう。

 

そのため剣道で強くなりたいなら、踏み込みの強化は必要不可欠であるといえるのです。

 

 

【足を意識するのが剣道の踏み込み上達のコツ】

 

腕に頼った剣道を行っている初心者は、まず第一段階として「足を意識」する努力をしましょう。

 

相手の剣を腕の力だけで捌ききるのは熟練剣士でもほぼ不可能です。

 

足を使って避ける、足を使って距離を詰めるということを意識しながら実戦練習を行ってください。

 

もちろん、右足を前に・左足を後ろにという基本の構えは崩さないように動いてください。

 

足を意識して実戦に望んでいれば、そのうち「相手の懐に潜り込む難しさ」が理解できると思います。

 

打ち込みたいけど竹刀の届く範囲に入り込めない、ではどうすれば相手の懐に入ることができるのか…色々工夫してみると、足は自然に「踏み込み」の形に近くなってくるでしょう。

 

要するに、足を意識して稽古を積めば踏み込みの使い方・使いどころのコツが掴めてくるというわけです。

 

本格的な踏み込みの練習は、ある程度の感覚が掴めてからでも構いません。

 

要領の良い方なら数時間も足を意識して練習していれば、踏み込みの重要性や使いどころが分かってくることでしょう。

 

意味もわからずに練習するよりは、しっかりと本質を掴んでから練習したほうが、その後の上達スピードも早くなるはずですよ。

 

 

【剣道上級者の踏み込みで音が鳴るのは何故?】

 

剣道上級者が踏み込むと、「パーン!」と乾いた音が鳴るのが印象的です。

 

初心者が真似ても「ゴンッ…」と鈍い音が鳴るくらいで、あまり迫力は出ません。

 

踏み込みの動作で大きな音が鳴るかどうかは、実のところ踏み込みの完成度に大きく影響しています。

 

ほとんどの上級者は意図して音を鳴らしているというより「完璧に踏み込みすると勝手に音が鳴る」だけだからです。

 

上級者の踏み込みは、足指の付け根あたりを地面に叩きつけて鳴らされています。

 

ムチのように足を振り下ろして地面を叩くと、「パーン!」という破裂音が鳴るのです。

 

しかし初心者の踏み込みを見てみると、踵から着地していることが多いのがわかります。

 

踵で止まる動きは踏み込みというより「ただのジャンプ」に近いため、音が鳴らないのはもちろんのこと、距離を詰める効果も薄くなってしまいます。

 

イメージが湧きにくい方は、手のひらで実験してみるとよいでしょう。

 

両手の指の付け根をぶつけて拍手すると「パチパチ」と鳴りますが、掌底をぶつけて拍手しても「ゴツゴツ」としか鳴らないのがわかるでしょう。

 

踏み込みで音がなる原理もこれと同じで、足先から力強く着地させれば「パーン!」と鳴りますが、踵から着地させればどれだけ力を入れても鈍い音になってしまうわけです。


剣道用品を安く買えるお店5選はこちら

竹刀を安く買えるお店3選はこちら

剣道の技の勉強や研究をするならこちら

大人専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

子ども専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

昇級・昇段審査対策を学ぶならこちら

非常識な剣道上達法を学ぶならこちら

剣道初心者が覚えておきたい防具や竹刀の名称や片付け方を解説

剣道初心者必見の無料レポート請求はこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

攻めを覚えれば剣道で強くなれる!攻め方のコツとパターンを解説
剣道の攻め方については、よく「打って勝つのではなく、勝ってから打つ」という考え方が持ち出されます。 「打って勝つ」「勝って打つ」…言葉にすると、この2つは順番が違うだけで同じ意味を持っているようにも聞こえます。 確かに試合に勝てたのなら結果オーライともいえますが、問題は「打って勝つ」と「勝って打つ」では意識の仕方によって勝率に影響が出てしまうということです。
剣道の公式試合には「二刀流」も出場できる!
剣道の世界には「二刀流」の選手もちゃんといます。 そして公式ルール上、剣道の試合に二刀流で参加することには何の問題もありません。 大きな大会になると、実際に二刀流の選手が公式試合に参加している様子がみられます。 二刀流の剣士と戦うことに慣れていない一刀流剣士も多いため、二刀流の剣士がそのまま大会で優勝するというケースも珍しくはないのです。 二刀流にはデメリットも多いため、ある程度経験を積んだ一刀流剣士ならあっさり二刀流を破ってしまうでしょう。二刀流の対策や戦い方を紹介いたします。
左足の使い方を工夫して剣道の実力をアップさせよう!
剣道では右足を前に、左足を後ろにして踵を浮かせるのが基本的な構えとなっています。試合が数分に及べば必ずどこかで左足前になったり、左足の踵が地面に着いたりといった場面が出てきます。足を崩さざるを得ない状況は必ず来るものですから仕方のないことですが、とはいえ構えが崩れた瞬間は相手から見れば「大きな隙」になってしまいます。上級者は、この一瞬の隙をついて攻撃に転じます。剣道の試合で勝率を上げるためには、基本的な足の並びを極力崩さないようにして「隙を減らし」、相手の左足を注意深く観察して「隙を突く」ことが効果的だといえるのです。
剣道で勝つための「間合い」の捉え方
「間合い」という言葉を知らない剣士はいないでしょうが、その奥深さをちゃんと理解できていない方は少なくないでしょう。間合いとはいわば「攻撃の射程圏内」のようなものです。 「この距離に相手が居れば攻撃が届く」というのが自分の間合いであり、「この距離まで近づけば相手に攻撃される」というのが相手の間合いということになります。剣道の試合は「間合いの取り合い」のようなものです。「有利な状況を作る」ということであり、試合での勝率を上げるのに役立ってくれることでしょう。