剣道の試合で勝つためのトレーニング・素振り・防御の方法とは?

武道家におすすめの情報

剣道の試合で勝つためのトレーニング方法・素振り・防御について

剣道の試合で勝つためのトレーニング方法・素振り・防御について

日々の稽古を積んだら、多くの人が試合に臨むようになります。

 

剣道は、試合の勝ち負けだけを競うものではないとはいえ、一生懸命頑張った末ですから、やはり1つでも多く勝ちたいのが正直なところです。

 

では、どんな稽古をすれば試合に勝てるようになるのでしょうか?

 

稽古法についてまとめました。

 

体力のある方が有利

まず、どんな競技でもそうですが、基本は体力の向上です。

 

どんな技を習得しても、どんなに精神面を鍛えても、基礎体力がなければ上のステップに行くことはできません。

 

単純な話、同じ技術を持っている2人が試合をすれば
体力が優れている方が勝つ
のです。

 

足さばきに必要な下半身を鍛える

剣道は足さばきが必要になりますので、下半身を鍛え、持久力を養うには
走りこみが有効
です。

 

「走りこみなんて地道でつまらない」
と思うかもしれませんが、3ヶ月ほど続けたころから、効果が体感できるようになってきます。

 

また、一口に「走る」といっても

  • 短い時間を全力で走ることで瞬発力を鍛える「ダッシュ」、
  • ペースを一定に保ち、長時間走ることで持久力・心肺機能を鍛える「ランニング」

等、種類はいくつもあり、ただがむしゃらに走るのではなく、自分が何を鍛えたいかを明確に意識して走ることが大切です。

 

スタミナをつけるランニングがおすすめ

剣道でまず試合に勝ちたいと意識するのならば、基盤となる

  • スタミナの養成を目的としたランニング

がおススメです。

 

ランニングをする際の注意点としては、故障しては何にもなりませんから、足にかかる衝撃をなるべく吸収してくれる、自分の足にあったサイズの靴を選びましょう。

 

また、ランニングの前後には必ず

  • ストレッチや柔軟体操

をし、ランニング後は、

  • 5分程度歩いてクールダウン

することで、体の負担をケアすることができます。

 

ランニングの速さ

持久力強化が目的の場合は

  • 1kmを5分〜7分程度を目的に5km

を無理なく走れるようにします。

 

これはマラソン選手の体作りでも取り入られており、効果が期待できます。

 

またストレッチは、柔軟性や筋肉の持久力を高め、身体に対する意識面の向上につながります。

 

他に体力の向上に役立つトレーニングとしては

  • 縄跳び

も有効です。

 

鉄アレイやバーベル等の器具は、大人の方にはもちろん有効です。

 

しかし、まだ骨や筋肉の発達が未熟な子供の場合は、負荷が大きすぎる可能性があります。

 

無理をさせず、器具に頼らないトレーニングでの体力強化が好ましいでしょう。

 

試合時間フルに戦えるスタミナと瞬発力を同時に鍛えるタバタ式トレーニング

 

 

素振りについて

次に基本中の基本の稽古である素振りです。

 

素振りは自分一人でもでき、竹刀さえあれば場所を問わず稽古ができます。

 

素振りの基本は

  • 正面素振り
  • 左右素振り
  • 上下素振り

の3つです。

 

剣道の素振りは、野球で言えばキャッチボールのようなものです。

 

  • 単純な動きをするだけという意識でやるのか
  • 正しい動作での素振りを身に付けるという意識でやるのか

で効果が全く違ってきます。

 

 

一本一本を集中して素振りをする

剣道を始めたばかりの頃の方は、軽めの木刀を使用し、正しい振り方を身に付けていきます。

 

段階を経たら、重めの竹刀を使用すると、筋力向上につながり早い振りにつながります。

 

素振りの回数は多いに越したことはありませんが、漫然と繰り返しても身に付きません。

 

300回なら300回、500回なら500回と数を決め、1回1回を集中することが大事です。

 

  • 下地の体力強化
  • 素振り

と、基礎的な稽古は、毎日反復することで確実に実力を高めてくれます。

 

どんな応用も、基礎がしっかりしてこそですから、着実に身に着けるようにしましょう。

 

正しい素振りを覚えるのに最適!室内素振り用品面鳴りMENNARIを激安で購入できるお店

 

防御について

さて、実際の試合運びですが、その人その人にあった試合の進め方があります。

 

ここでは、防御に関する意識を高めた方法をご紹介します。

 

基本的に剣道の場合は、防御だけをしていても勝つことはできません。

 

正々堂々と打ち合い、攻めて勝つことが本道であります。

 

しかし防御の固さは、試合において確実に勝機を見つけ出す糸口となります。

 

相手の攻撃をいなす

まず、防御と言っても亀のように手を出さないことではありませんし、いわゆる三所避けのようなおかしな構えをすることでもありません。

 

剣道においての防御とは
相手をいなし、相手の攻撃が当たらないようにかわすこと
です。

 

いなしは、相手の竹刀を自分の竹刀に当てた状態で、
相手が攻め込んでくる時に、竹刀を左側に流し、自分は右に体さばきをすること
で、相手が攻撃する起点をかわすことができます。

 

そして
相手の攻撃を自分の身体に当たらないようにするのが足さばき
です。

 

体勢を崩さないように素早く動かす

足さばきはすり足で俊敏に移動することで、防御はもちろんのこと
攻撃をする時の体勢にも非常に大きな意味を持つ動作
となります。

 

剣道を始めたばかりの人は、まずは重心がフラフラしないように

  • 体の中心を意識

して、ゆっくりとすり足の練習をしましょう。

 

この時、足は床にべったりとつけ切った状態にせず、また浮かせすぎてもいけません。

 

上体を上下させないことに気をつけ、すばやく動かすことを意識して反復練習を行ってください。

 

剣道での足捌きの種類について

 

終わりに

試合に勝つためには近道はありません。

 

相手よりも基礎能力をしっかりと体に覚えこませ、反復する事が、遠回りのように見えて一番の近道です。

 

毎日の基礎鍛錬をしっかりと行えば、自ずと結果はついてくるのです。

 

剣道上達で見ておきたいDVDはこちら

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道に必要なスタミナを高負荷短時間のインターバルトレーニングで身につける
剣道の試合に勝つ上で非常に重要なのがスタミナです。どんなに強い技を身につけたところでスタミナ切れになってしまえば有効な一撃を放つことなどできません。剣道の試合で有効なスタミナをつけるには長距離を走るより高負荷短時間のインターバルトレーニングがおすすめです。
試合前には普段の基礎的な稽古に加えて勝つための実践的な稽古が重要
基本的な動作を復習して正確な太刀筋や打突部位を身体に覚えさせるのも重要ですが、試合時間である5分間(中学生くらいまでは3分間)という時間の感覚や、場外反則を防ぐ「足さばき」などの試合を想定した地稽古や互角稽古などに代表される、「より実際の試合に近い形式」で行われるものを取り入れる事が重要です。
剣道初心者への剣道上達アドバイス
剣道初心者にとって、剣道で上手くなるコツを掴むのは難しいことです。そこで、剣道経験者からのアドバイスを紹介いたします。・上手な人と稽古し動きを録画しておくこと・剣道の上達は素振りです・道場での稽古だけが上達の条件ではない・受け技の練習をしておく・精神を鍛える事で剣道は強くなれる・試合をたくさん経験することで集中力がついてくる・足腰の重要さを紹介します。
剣道の素振りは【目的】を設定すると効果的!そのメカニズムとは?
剣道の稽古において最も基本であり、重要な要素を占めているのが素振りです。この素振り、「目的」を設定することで、より効果的に剣道における力をつけることができます。筋力アップの素振り・実践向けの素振りなどの意味を持ったものにすることで、剣道の技術を向上させることができるでしょう。試合に勝ちたいのであれば、このような素振りをすることで勝率は上がっていくでしょう。
試合に勝つなら掛かり稽古を大切にしよう
剣士たるもの、やはりたびたび行われる試合には勝ちたい、と思うのが常ではないでしょうか。特に剣道初心者の内はその試合に勝つために日々様々なきつい稽古に耐えている方も多いでしょうし、今のあなたのように試合に勝つための方法をインターネットで勉強している方もいらっしゃることでしょう。今回は剣道の試合に勝つためのヒントとして、かかり稽古を大切にしよう、というテーマでお送りしていきます。
剣道の素振りは何回くらい行うのがベストか
剣道の稽古のなかで、基本中の基本と言えるのが「素振り」ではないでしょうか。流派や上達具合に関わらず、稽古中に一切素振りを行うことが無いという剣士は恐らく存在しないはずです。地味な練習に思えるかもしれませんが、素振りは剣士にとって必要な技術を養うのに効果的な練習法だといえるでしょう。素振りをしっかりと行うことで、試合のときにも素早く打ち込むための基本が養われます。相手の隙をついて一瞬で勝負を決めるためには、膨大な素振り練習によって培われた「瞬発力」が必要不可欠なのです。
剣道で素振りをするときにオススメの道具
剣士にとって必要不可欠な練習である素振りですが、皆さんは普段どのような道具を使って素振りを行っていますか?きっと、普段の練習や試合でも用いる通常の「竹刀」を使って素振りをしているという方が多いのではないでしょうか。通常の竹刀を使った素振りは、実際の試合勘を養ったり、竹刀の扱い方を修得するのに最適です。しかし、さらなる上達を求める方には「素振り専用の道具」を使った練習もオススメです。今回は、市販されている素振り用の道具のなかでも特に人気の高い4種類をご紹介していきたいと思います。
剣道の構えの土台である腰とその周りの筋肉を鍛える方法
剣道をしていてよく師範達からの指導で必ず言われる言葉があります。「足で打たない。腰で打て!」嫌になるほど聞く言葉です。ですが、剣道を行うにあたり、しっかり腰の入った打突を決めるにはとても重要な事です。防具を着用し、竹刀を持ち蹲踞の状態からゆっくり立ち上がります。私は真っ直ぐと綺麗に立つことができませんでした。体幹の弱さが原因です。それらを鍛える方法を紹介いたします。
剣道で必要な手首を強化するリストハンマーを使った筋トレ方法とは?
剣道で打突を速くするためには、腕の振りだけでは速くなりません。 手首のスナップが重要になります。 手首の力が強くなることで 小さな動きで打突ができて相手に動きを悟られにくい 竹刀を自由自在に動かせて応じ技を出しやすい 打ちが強くなって技が決まりやすい 打ちが伸びて相手に技を抜かれにくい など、これ以外にもたくさんのメリットがあります。 それだけ重要な手首の力ですが、どのように鍛えればいいのでしょうか?