初心者が知っておきたい剣道素振りの種類と具体的な方法とは?

武道家におすすめの情報

剣道素振りの種類と動画

剣道素振りの種類と動画

スピードのある強く正確な打突を身につけようと思ったら、素振りが重要な練習となります。

 

  • もう振ることができない

というところまで何度も、毎日素振りすることで、竹刀を振るために必要な筋肉が鍛えられ、いい打突を作り上げていくことになります。

 

また、肘や手首の使い方を学ぶこともできますので、特に初心者は正確な素振りの仕方を学ぶことが大切でしょう。

 

この素振りが、その人の剣道の型を作っていくともいえます。

 

変な素振りの仕方が身についてしまうと、剣道もくせのあるものとなりますので、初心者は特に気をつけましょう。

 

素振りのときの発声で、呼吸法を学ぶこともできます。

 

打つときと発声を合わせることで、強く速く振ることができます。

 

発声は、短く一気に出すことが重要です。

 

上下素振り

大きく振り上げ、大きく振り下ろすことが重要です。

 

振り上げるときには、剣先が拳より下がらない形、上段の形になります。

 

振り下ろすときは、膝まで振り下ろします。

 

このときに、右手が左手の下になるようにします。

 

このことで、手首を柔らかくする使い方や、スナップを学ぶことができます。

 

この真っ直ぐ振り下ろす素振りと、左右斜めの上下素振りもあります。

 

上下素振りの解説動画

 

 

 

正面素振り

仮想の相手が目の前にいるイメージを持って、素振りすることで、実際に活かせる素振りとなります。

 

振り上げるときには、相手が見えるまで振り上げ、相手の面の位置までではなく、耳の位置まで切るつもりで振り下ろします。

 

左手は水月(みぞおち)の位置になり、手首のスナップを利かせて、横から見ると「へ」の字になるようにします。

 

肩・肘・手首の順で使うことで、振るスピードはアップします。

 

初心者は、それらが一連の流れるような動作とならず、ぎこちない振り方になるため、この素振りでしっかり肩と肘と手首の使い方を覚えましょう。

 

素振り稽古法の動画

 

 

左右面素振り

正面素振りの要領で、右斜めから相手の左の面を打ちます。

 

打ったときの軌道をたどって上段まで戻し、左斜めから相手の右の面を打ちます。

 

手だけの打ちにならず、肩甲骨を動かし肩を使って打ちます。

 

斜めから打ちますが、左手は常に中心から外れないように気をつけましょう。

 

斜め素振りのときは、前後に動く方法と、開き足を使った斜め素振りもあります。

 

相手が真っ直ぐ打ってきたことをイメージし、それを左右に開き足でさばいて打つ素振りです。

 

開き足などの足さばきの解説はこちら

 

跳躍素振り

名前の通り跳躍しながら素振りするものです。

 

前に移動しながら振り下ろし、後ろに下がりながら振り上げます。

 

跳躍する足は、なるべく床から離れすぎないようにして、体が上下しすぎないように気をつけます。

 

初心者は、なかなか手と足が上手く合いにくいので、ゆっくりのスピードから初めて、形を覚えてからスピードを上げていくといいでしょう。

 

跳躍素振りの動画

 

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道10段の昭和の剣聖と称された持田盛二の動画
剣道10段の昭和の剣聖と称された持田盛二の動画を紹介しています。
剣道切り返しで外してはいけない重要な5つのポイントとは?
剣道切り返しは、剣道をしている人であれば、誰もがやったことがある稽古です。その切り返しの稽古のポイントを紹介しています。切り返しは、剣道の稽古の基本です。どの道場でも欠かさず行っている稽古ではないでしょうか?重要なポイントをおさえることで、切り返しの稽古の効果を向上させることができます。ぜひご覧ください。
剣道初心者でも小手面打ちができる重要なコツとは?試合で使える技にする
剣道小手面打ちのコツや動画の紹介をしています。 小手面は剣道を始めたばかりの人にとっては、少し難易度が高い技です。小手面だけでなく、連続技は、手と足がバラバラになったり、連続して打てなかったりします。コツを知ることで、上達が早まります。ぜひご覧ください。
剣道面の応じ技を決める大切なポイントとは? 面すり上げ面 面返し胴 面抜き面
剣道の面の応じ技の代表的なものの 面すり上げ面 面返し胴 面抜き面のコツと動画を紹介しています。 相手の動きに合わせて出す応じ技は、仕掛けわざと比べると少し難易度が上がります。 初心者にとっては、少し難しいかもしれません。 しかし、ポイントを意識することで、上達は早まります。 ぜひご覧ください。
剣道鍔迫り(つばぜり)合いの正しい形や注意点とは?初心者必見です!
剣道で打った後にお互いが接近した状態になる鍔迫り合い。正しい形と注意点を紹介いたします。 つばぜり合いは、正しい形で行うことです。最近は注意されることが多くなりました。あまりにもひどい場合には反則を取られることもあります。ぜひご覧ください。
応じ技のすり上げ技のコツやタイミングの解説と動画
剣道の応じ技の種類の一つのすりあげ技。初心者は練習しても、なかなか一本を決めるまでにはなりません。応じ技の打ち方や練習の注意点などを説明いたします。ぜひ、ご覧ください。
すり上げ技で大事な要素となる脱力
小手打ちからの面打ちの連続技と、すり上げ技を得意としていました。無駄な力を入れないことで、動きが速く、予備動作も無くなって動きを読まれにくくなります。すり上げ技の動画もありますので、ぜひ、ご覧ください。
小手抜面の相手からの小手を誘う方法と注意点
体格的に恵まれていたため、相手によく小手を狙われていました。その対策として小手抜面を繰り返し練習することで得意技になりました。スキを見せて小手を誘ったり、こちらが出小手を狙って小手を誘ったりします。抜く動作を小さくして面を速く打ち返す練習が効果的です。ぜひ、御覧ください。
面に対する応じ技面抜き胴を決められるようになる重要なコツとは?
面に対する応じ技として、面返し面、面抜き面などありますが、勇気のいる技ですが、タイミングがいいと一本になりやすいのが、面抜き胴です。その面抜き胴の解説動画を紹介いたします。