剣道の素振りは何回くらい行うのがベストか

武道家におすすめの情報

素振りは稽古の基本!そのメリットは?

剣道の素振りは何回くらい行うのがベストか

剣道の稽古のなかで、基本中の基本と言えるのが「素振り」ではないでしょうか。

 

流派や上達具合に関わらず、稽古中に一切素振りを行うことが無いという剣士は恐らく存在しないはずです。

 

地味な練習に思えるかもしれませんが、素振りは剣士にとって必要な技術を養うのに、効果的な練習法だといえるでしょう。

 

素振りをしっかりと行うことで、試合のときにも素早く打ち込むための基本が養われます。

 

剣道の勝敗はコンマ数秒でついてしまいますから、頭で考えてから攻撃にうつるのでは遅すぎます。

 

相手の隙をついて一瞬で勝負を決めるためには、膨大な素振り練習によって培われた「瞬発力」が必要不可欠なのです。

 

また、素振りを行うことは「筋トレ」としての効果も発揮します。

 

竹刀を振り下ろす動作を日常生活で行うことはまずありませんので、素振りで鍛えておかなければ力強い打ち込みはできないでしょう。

 

剣道で使う手首や腕まわりの筋肉は、通常の筋トレだけでは鍛えにくいものですが、素振りならこれらの筋肉を効率よく鍛えることが可能です。

 

 

適切な素振りの回数とは?

ここまでは素振りを行う上でのメリットを解説してきましたが、ここからは更に実践的なお話をしていきたいと思います。

 

素振りの方法を見直して、剣士としての自力を上げたいという方のなかには、「素振りは何回くらいやるのがベストなの?」という疑問を抱いている方も、多いのではないでしょうか。

 

まず頭に入れておいてほしいのは、「素振りの回数は実力によって違う」ということです。

 

1日100回くらいがベストだ!と考えている方もいますし、1日1000本はやらないと強くなれない!と言う方もいます。

 

しかしどちらが間違いということではなく、それぞれが自分に合った素振りの回数を見つけることが、何よりも重要だといえるのです。

 

あくまで目安ですが、初心者なら1日100回を目安に素振りすると良いでしょう。

 

おそらく始めたては1日50回くらいやった時点で、腕を上げるのも大変になってくると思いますが、続けているうちに筋肉がついて、100回くらいは楽々できるようになるはずです。

 

また、ほんの数日で手の皮がボロボロに剥けてくると思いますが、素振りを続けるほど手の皮は厚くなっていくので、心配しなくても大丈夫です。

 

1日100回を楽々こなせるようになったら、1日500回の素振りを目標に頑張ってみましょう。

 

素振り500回も難なくクリアできるようになってきたころには、剣士として恥じることのない筋力や基礎が身についているはずです。

 

500回でも物足りないと感じるようなら、1日1000回くらいまでは回数を増やしてみてもよいでしょう。

 

具体的な回数は自分のレベルに合わせて調節し、無理をしないようにするということも素振りのポイントのひとつですよ。

 

素振り用木刀のおすすめ通販店

 

素振りをやりすぎると逆効果になることも

素振りは大変効率的な練習法ですが、やりすぎは禁物です。

 

「やればやるほど良い」と思っている方がいるかもしれませんが、素振りしすぎたことが逆効果になってしまうケースもあります。

 

例えば、

  • 素振りのやりすぎが原因で怪我をする

というのが最も懸念される部分です。

 

筋肉は負荷を与えるほどに成長していくものですが、負荷を与えすぎて限界を超えると肉離れなどの故障を起こします。

 

スポーツによる筋肉の怪我はクセになりやすいので、「素振りが原因で剣道を引退」なんて本末転倒な結果に繋がる恐れもあるのです。

 

また、過度な素振りで腕が疲れてくると、どうしても利き手に頼ってしまうのも問題です。

 

利き手打ちがクセになると、常に片手にだけ無駄な力が入るようになり、隙の多い打ち込みしかできなくなってしまいます。

 

こうしたデメリットを抑えるために、素振りは無理のない回数の範囲内で行うようにしましょう。

 

上級者になると1日1000回の素振りを行うこともザラですが、初心者がいきなり何百回何千回という素振りを行うのは危険です。

 

おすすめの素振り用竹刀で剣道に必要な筋肉をつける

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道の試合で勝つためのトレーニング・素振り・防御の方法とは?
剣道の試合では、様々な技術や体力が必要になります。そこで剣道で必要になってくる体力の向上や下半身の鍛え方、素振りの仕方、防御の仕方などを紹介いたします。
剣道に必要なスタミナを高負荷短時間のインターバルトレーニングで身につける
剣道の試合に勝つ上で非常に重要なのがスタミナです。どんなに強い技を身につけたところでスタミナ切れになってしまえば有効な一撃を放つことなどできません。剣道の試合で有効なスタミナをつけるには長距離を走るより高負荷短時間のインターバルトレーニングがおすすめです。
試合前には普段の基礎的な稽古に加えて勝つための実践的な稽古が重要
基本的な動作を復習して正確な太刀筋や打突部位を身体に覚えさせるのも重要ですが、試合時間である5分間(中学生くらいまでは3分間)という時間の感覚や、場外反則を防ぐ「足さばき」などの試合を想定した地稽古や互角稽古などに代表される、「より実際の試合に近い形式」で行われるものを取り入れる事が重要です。
剣道初心者への剣道上達アドバイス
剣道初心者にとって、剣道で上手くなるコツを掴むのは難しいことです。そこで、剣道経験者からのアドバイスを紹介いたします。・上手な人と稽古し動きを録画しておくこと・剣道の上達は素振りです・道場での稽古だけが上達の条件ではない・受け技の練習をしておく・精神を鍛える事で剣道は強くなれる・試合をたくさん経験することで集中力がついてくる・足腰の重要さを紹介します。
剣道の素振りは【目的】を設定すると効果的!そのメカニズムとは?
剣道の稽古において最も基本であり、重要な要素を占めているのが素振りです。この素振り、「目的」を設定することで、より効果的に剣道における力をつけることができます。筋力アップの素振り・実践向けの素振りなどの意味を持ったものにすることで、剣道の技術を向上させることができるでしょう。試合に勝ちたいのであれば、このような素振りをすることで勝率は上がっていくでしょう。
試合に勝つなら掛かり稽古を大切にしよう
剣士たるもの、やはりたびたび行われる試合には勝ちたい、と思うのが常ではないでしょうか。特に剣道初心者の内はその試合に勝つために日々様々なきつい稽古に耐えている方も多いでしょうし、今のあなたのように試合に勝つための方法をインターネットで勉強している方もいらっしゃることでしょう。今回は剣道の試合に勝つためのヒントとして、かかり稽古を大切にしよう、というテーマでお送りしていきます。
剣道で素振りをするときにオススメの道具
剣士にとって必要不可欠な練習である素振りですが、皆さんは普段どのような道具を使って素振りを行っていますか?きっと、普段の練習や試合でも用いる通常の「竹刀」を使って素振りをしているという方が多いのではないでしょうか。通常の竹刀を使った素振りは、実際の試合勘を養ったり、竹刀の扱い方を修得するのに最適です。しかし、さらなる上達を求める方には「素振り専用の道具」を使った練習もオススメです。今回は、市販されている素振り用の道具のなかでも特に人気の高い4種類をご紹介していきたいと思います。
剣道の構えの土台である腰とその周りの筋肉を鍛える方法
剣道をしていてよく師範達からの指導で必ず言われる言葉があります。「足で打たない。腰で打て!」嫌になるほど聞く言葉です。ですが、剣道を行うにあたり、しっかり腰の入った打突を決めるにはとても重要な事です。防具を着用し、竹刀を持ち蹲踞の状態からゆっくり立ち上がります。私は真っ直ぐと綺麗に立つことができませんでした。体幹の弱さが原因です。それらを鍛える方法を紹介いたします。
剣道で必要な手首を強化するリストハンマーを使った筋トレ方法とは?
剣道で打突を速くするためには、腕の振りだけでは速くなりません。 手首のスナップが重要になります。 手首の力が強くなることで 小さな動きで打突ができて相手に動きを悟られにくい 竹刀を自由自在に動かせて応じ技を出しやすい 打ちが強くなって技が決まりやすい 打ちが伸びて相手に技を抜かれにくい など、これ以外にもたくさんのメリットがあります。 それだけ重要な手首の力ですが、どのように鍛えればいいのでしょうか?