剣道初心者への剣道上達アドバイス

武道家におすすめの情報

剣道初心者への剣道上達アドバイス

剣道初心者への剣道上達アドバイス

剣道を初めた時に、コツやポイントが掴めずに、苦労した方は多いのではないでしょうか?

 

しかし、長年剣道を続けてきた経験者にとっては、初心者の頃を思い返して

  • なぜ、あのことができなかったのだろうか?
  • あのことに気づかなかったのか?
  • この練習をもっとやっておけばよかった
  • こんなことを意識していればよかった

ということが、たくさんあります。

 

そこで、剣道経験者から、剣道初心者へのアドバイスを紹介いたします。

 

上手な人と稽古し動きを録画しておくこと

私もまったくの未経験で、中学校からはじめました。

 

自分がやってみてよかったと思うものをあげます。

 

まず何より大切なのは

  • 「大きい声をだすこと」

 

一番簡単で、誰でもできる上達方法だと思います。

 

  • いまいち声の出し方がわからない…
  • もともと声が小さい…

と悩んでる人もいるかもしれません。

 

しかし、よくもわるくも自分の意志でしか声はでません。

 

まずは思いっきり声をだしてみてください。

 

次第に声をだすことが当たり前になり、それによって動きに気合が入ります。

 

次に

  • 「上手な人と一緒に稽古をすること」

 

いつも同じ人とばかり稽古をしているひとは、ぜひ自分よりも上手な人と稽古してみてください。

 

  • どんな技をだすのか
  • どんな風に攻めるのか守るのか
  • どんなところに自分のスキはあるのか

上手な人とやると、正直叩かれてばかりで上達するようには感じません。

 

しかし盗むところはたくさんあるし、自分のステップアップには何より必要になります。

 

あとは

  • 「自分の動きを録画して見てみる」

 

試合でも普段の稽古でもいいので、少し録画して見てみましょう。

 

すると自分では気づかないところに気づいたりします。

 

  • こんなに形が崩れている
  • こんなに鍔迫り合いが長い
  • こんなに声が出ていない

など、たくさんの自分の欠点に気が付くと思います。

 

  • 逆にこんなにいい一本がうてている!

など、自分の強みを発見することができます。

 

なかなか成長速度があがらないな、と感じている人には是非やってほしいです。

 

剣道は一試合がとても短いです。

 

その間にいかに、今までの成果や自分の力が発揮できるかが鍵になります。

 

ほんの少しの努力も惜しまずに、そのほんの少しの努力を糧に、成長していけるように頑張ってください。

25歳 女性 2段

 

剣道の上達は素振りです

剣道初心者が剣道を上達するには、まずすごく体力がいるスポーツですので、体力作りから始めることが必要になっていきます。

 

ダッシュや自分で行える筋トレをして、体力を上げていきましょう。

 

体力作りが終わったら、竹刀で素振りを毎日、集中して真剣にやっていきます。

 

集中してやる気持ちで素振りをやっていきますと、素振りのコツが掴めてきます。

 

そして面、胴、小手の打ち方も慣れていきます。

 

これらのことを毎日練習していけば、自ずと級位が上がるようになりますし、段位も取れるようになるでしょう。

 

剣道の基本は

  • 素振り

をやって上達の道になりますので、上達を目指すなら毎日素振りは欠かさずやっていきましょう。

30歳、男性、2段

 

正しい剣道の振りが音で学べる竹刀はこちら

 

 

道場での稽古だけが上達の条件ではない

自分も初心者のころは、早く上手くなりたくて、がむしゃらに稽古に励んでいた記憶があります。

 

今思うと、やたらと時間をかけたり、激しい稽古をたくさんこなすよりも、もっと集中的に、短時間でもよいから毎日稽古すべきだったと思います。

 

たとえ素振りでも、毎日10分で良いので、

  • 手のにぎりを意識して行ったり
  • 打ち込みでも足の運びを意識して行う

ことで、短時間でも確実に上手になっていくと思います。

 

最近ではスマホに動画の記録ができますので、自分の稽古している姿を動画に撮影して、チェックすることも有効ではないでしょうか。

 

道場で防具をつけて稽古するのも大事ですが、普段の生活の中でも意識してできるトレーニングもありますので、工夫してみることをお勧めします。

49歳、男性、二段

 

受け技の練習をしておく

剣道は日本の武道で、子供からお年寄りまで実践で行える、日本古来の伝統武道です。

 

剣道初心者の方の練習方法は、上級者の人と実践で相手にしてもらうことが大切で、上級者の技を体で覚えていくことから始まります。

 

基本的な技に、受けがあります。

 

受け技がしっかりできていないと、相手の攻撃をまともに受けてしまうので、受けの練習だけは初心者のときにマスターしておくべきポイントだと思います。

 

剣道は体幹の筋肉を必要とする武道なので、体幹の筋肉を鍛える必要があります。

 

私の体幹を鍛えるトレーニング方法は相撲の四股です。

 

四股を毎日300回踏み続けていると、強い体幹が出来上がります。

 

同時に剣道の稽古をしていると、さらに強い体になります。

 

初心者の人は、相手と対戦しているようなイメージで素振りをすると、イメージトレーニングにもなり効果的だと思います。

年齢48歳・性別男性・段位初段

 

精神を鍛える事で剣道は強くなれる

剣道というのは、体力と精神が必要なスポーツです。

 

体力は日々の積み重ねで鍛えていく事ができます。

 

ただ精神を鍛えるのは、なかなか簡単なものではありません。

 

精神を鍛えるのに私がオススメするのは

  • 瞑想

です。

 

瞑想をする事で、己の中に潜んでいる弱い精神を打ち消す事ができます。

 

剣道を極めている人は、感情に流される事がありません。

 

自分の感情をコントロールする事は、とても難しい事ですが、瞑想をしていく事で一歩ずつでも前に進む事ができます。

 

体力の基礎作りは、まずは走る事が大切です。

 

剣道は踏み込みの力が必要になってきます。

 

走る事により蹴る力が身についてくるので、踏み込みの力も上達していきます。

 

基礎をしっかりと学ぶ事が上達の一番の近道です。

32歳 男 5段

 

強い剣士になるなら礼儀作法と精神力(メンタル)が重要です

 

試合をたくさん経験することで集中力がついてくる

ワンピースのゾロが好き、たったそんな理由で、中学の部活動に剣道を選びました。

 

見た目ももちろんのこと、やってみるとかなりハードなスポーツです。

 

しかしある意味バシッと勝負が決まるので、気持ちのいい競技です。

 

しかし闇雲に素振りの練習をすればいい、というわけでなく、

  • 集中力
  • 臨機応変に対応出来る

のが剣道の勝負への鍵だと思います。

 

もちろん基礎は何事でも大事なのですが、剣道の場合、試合数をこなして試合に慣れないと、いつまでたっても緊張して、集中出来ないんですよね。

 

いかにたくさんの試合を経験して、慣れるか、それが試合での集中力に繋がると思います。

 

あとは相手にビビらないこと。

 

相手が強い相手だと、尻込みしがちですが、それが空気を伝って相手に伝わってしまうんです。

 

何試合も勝ち抜いている相手なら特にです。

 

フェイントをかけられ、驚いている間に面一本食う…あるあるです。

 

気持ちを高く持つことも剣道の大事なポイントです。

 

あとは練習稽古で3分という試合の長さに対する、体力をつけることも大事だと思います。

28歳、女、初段

 

剣道に必要なスタミナを高負荷短時間のインターバルトレーニングで身につける

 

足腰の重要さ

剣道を始めたばかりの方は、竹刀を振るイメージからか、よく素振りなどをして一生懸命に腕の筋肉を鍛える方が多いです。

 

確かに腕の筋肉も重要なのですが、長年やっていて分かるのは

  • 足腰の大切さ

です。

 

下半身の強化により、

  • 上半身の腕の伸び

が活かされます。

 

下半身が鍛えられている人は、

  • 遠い距離からでも有効打突を打てます

し、

  • どんな状態でも体の芯が崩れない

ので次の技にすぐ繋がります。

 

下半身強化のトレーニングとしては、やはり日頃からの走り込みや、防具をつけてからは追い打ちが良いと思います。

 

辛くて避けたいメニューですがその分鍛えられます。

 

自身も小さい頃から師匠には、相手と構えた時に

  • 手で打つのではなく、足で打て

と言われていたので、練習では意識してやっておりました。

 

基礎練習がしっかりと出来て試合に活かされるので、常日頃の練習からの地道な努力が大切だと思います。

28歳・女性・4段

 

剣道の試合で勝つための下半身の使い方

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具店を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで剣道用品が安く買えるお店を5つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

剣道用品を安く買えるお店5選はこちら


剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道の試合で勝つためのトレーニング・素振り・防御の方法とは?
剣道の試合では、様々な技術や体力が必要になります。そこで剣道で必要になってくる体力の向上や下半身の鍛え方、素振りの仕方、防御の仕方などを紹介いたします。
剣道に必要なスタミナを高負荷短時間のインターバルトレーニングで身につける
剣道の試合に勝つ上で非常に重要なのがスタミナです。どんなに強い技を身につけたところでスタミナ切れになってしまえば有効な一撃を放つことなどできません。剣道の試合で有効なスタミナをつけるには長距離を走るより高負荷短時間のインターバルトレーニングがおすすめです。
試合前には普段の基礎的な稽古に加えて勝つための実践的な稽古が重要
基本的な動作を復習して正確な太刀筋や打突部位を身体に覚えさせるのも重要ですが、試合時間である5分間(中学生くらいまでは3分間)という時間の感覚や、場外反則を防ぐ「足さばき」などの試合を想定した地稽古や互角稽古などに代表される、「より実際の試合に近い形式」で行われるものを取り入れる事が重要です。
剣道の素振りは【目的】を設定すると効果的!そのメカニズムとは?
剣道の稽古において最も基本であり、重要な要素を占めているのが素振りです。この素振り、「目的」を設定することで、より効果的に剣道における力をつけることができます。筋力アップの素振り・実践向けの素振りなどの意味を持ったものにすることで、剣道の技術を向上させることができるでしょう。試合に勝ちたいのであれば、このような素振りをすることで勝率は上がっていくでしょう。
試合に勝つなら掛かり稽古を大切にしよう
剣士たるもの、やはりたびたび行われる試合には勝ちたい、と思うのが常ではないでしょうか。特に剣道初心者の内はその試合に勝つために日々様々なきつい稽古に耐えている方も多いでしょうし、今のあなたのように試合に勝つための方法をインターネットで勉強している方もいらっしゃることでしょう。今回は剣道の試合に勝つためのヒントとして、かかり稽古を大切にしよう、というテーマでお送りしていきます。
剣道の素振りは何回くらい行うのがベストか
剣道の稽古のなかで、基本中の基本と言えるのが「素振り」ではないでしょうか。流派や上達具合に関わらず、稽古中に一切素振りを行うことが無いという剣士は恐らく存在しないはずです。地味な練習に思えるかもしれませんが、素振りは剣士にとって必要な技術を養うのに効果的な練習法だといえるでしょう。素振りをしっかりと行うことで、試合のときにも素早く打ち込むための基本が養われます。相手の隙をついて一瞬で勝負を決めるためには、膨大な素振り練習によって培われた「瞬発力」が必要不可欠なのです。
剣道で素振りをするときにオススメの道具
剣士にとって必要不可欠な練習である素振りですが、皆さんは普段どのような道具を使って素振りを行っていますか?きっと、普段の練習や試合でも用いる通常の「竹刀」を使って素振りをしているという方が多いのではないでしょうか。通常の竹刀を使った素振りは、実際の試合勘を養ったり、竹刀の扱い方を修得するのに最適です。しかし、さらなる上達を求める方には「素振り専用の道具」を使った練習もオススメです。今回は、市販されている素振り用の道具のなかでも特に人気の高い4種類をご紹介していきたいと思います。
剣道の構えの土台である腰とその周りの筋肉を鍛える方法
剣道をしていてよく師範達からの指導で必ず言われる言葉があります。「足で打たない。腰で打て!」嫌になるほど聞く言葉です。ですが、剣道を行うにあたり、しっかり腰の入った打突を決めるにはとても重要な事です。防具を着用し、竹刀を持ち蹲踞の状態からゆっくり立ち上がります。私は真っ直ぐと綺麗に立つことができませんでした。体幹の弱さが原因です。それらを鍛える方法を紹介いたします。
剣道で必要な手首を強化するリストハンマーを使った筋トレ方法とは?
剣道で打突を速くするためには、腕の振りだけでは速くなりません。 手首のスナップが重要になります。 手首の力が強くなることで 小さな動きで打突ができて相手に動きを悟られにくい 竹刀を自由自在に動かせて応じ技を出しやすい 打ちが強くなって技が決まりやすい 打ちが伸びて相手に技を抜かれにくい など、これ以外にもたくさんのメリットがあります。 それだけ重要な手首の力ですが、どのように鍛えればいいのでしょうか?