空手の大会当日の持ち物や準備物、流れ、大会後のケアについて

武道家におすすめの情報

空手の大会で忘れがちな持ち物

空手の大会当日の持ち物や準備物、流れ、大会後のケアについて

空手の大会では、誰もが良い成績を残したいと考えています。

 

ここでは普段の稽古の成果を発揮できるように、大会への準備や当日の流れについてまとめました。

 

せっかく頑張って稽古したのに、必要なモノを忘れてしまっては頑張りも半減してしまいます。

 

しかし、忘れ物は誰でもしてしまうもの。

 

大会当日に慌ててしまわないよう、忘れがちな持ち物をリストにまとめました。

 

  • 道着
  • サポーター
  • ファールカップ(普段あまり使用しないので忘れがち)
  • 飲み物(夏場は多めに)
  • 保冷バッグ
  • 食事(パンやおにぎりなどの軽食)
  • レジャーシート(場所の確保にも便利)
  • ゴミ袋(ゴミを置いて帰るのはマナー違反です)
  • エアーサロンパスなど、スプレータイプの湿布薬 (捻挫や打撲をしてしまった際の応急処置ができます。ケガを悪化させないためにも。)
  • 保険証(コピーでも可。万が一、病院へ行く場合もあります。)

 

空手着や空手用品の激安のおすすめ通販店を4つ選んでみました

 

大会当日の流れ

試合会場が小規模の場合、準備運動の時間や場所が十分に確保できない可能性があります。

 

また低学年は試合順が早い傾向にありますので、会場に到着したら、準備体操などは早めにすませておくのが良いでしょう。

 

また、試合前の食事は食べすぎてしまわないように、パンやおにぎりは一個程度など軽めがよいでしょう。

 

試合開始1時間前くらいに食事を終えておくのが目安です。

 

 

試合がはじまったら

いよいよ試合開始です。

 

試合中は、選手も必死ですので技術的なアドバイスをしても効果は低い場合が多いです。

 

「頑張れ!」など精神面を高揚させてあげるような応援の方が、シンプルで選手にも届きやすい傾向があります。

 

※セコンドによる相手選手に対しての誹謗・中傷は、選手が失格となる可能性がありますので絶対にやめましょう。

 

世界のトップ選手が行っているメンタルトレーニングはこちら

 

試合後の反省

勝った場合は皆で喜びを分かち合いましょう。

 

万が一、負けてしまった場合でも頭ごなしに選手を叱ってはいけません。

 

まずは試合に出場した決意を褒めてあげましょう。

 

その後、試合内容についての評価や分析をしっかりとおこない、改善点や良かった点・悪かった点を選手を交えて話し合うことで、次に向けてのモチベーションアップにつながります。

 

試合後のケア

一試合しかしていなくても、選手は普段の稽古以上に体力を消耗しています。

 

試合後、まずは食事や水分をとり栄養補給をしましょう。

 

また、選手が怪我をしてしまった場合は以下のような対処をしておきましょう

 

打撲や捻挫

まずは炎症をおさえることを重視します。

 

応急処置としては、エアーサロンパスなどスプレータイプの湿布薬を軽く塗っておきます。

 

擦り傷などがある場合は塗ってはいけません。

 

帰宅後は氷で冷やすなどのケアをしておくことで、翌日の痛みや腫れを軽減することができます。

 

エアーサロンパスを購入するならこちらがおすすめ

 

頭部へのダメージがある場合

試合中に頭部への蹴りを受けてしまったなど、ヘッドガードを装着している場合でもダメージが残ってしまう場合があります。

 

吐き気を感じたり、選手の機嫌など様子が普段と大きく違う場合などは特に注意するべきです。

 

また、当日の入浴は避けシャワーのみにしておくのが良いでしょう。

 

腹部へのダメージがある場合

突きや蹴りによって腹部へダメージを受けてしまった場合、試合後の食事や水分補給は最小限にとどめておきましょう。

 

その後、選手の様子を見て、食事や水分補給の量を調節するのが良いでしょう。

 

判断に迷う場合は医師の診察を受けてください。

 

大会会場では医師が常駐している場合もあります。

 

試合後の様子がおかしいなど、判断に迷う場合は医師の診察を受けてください。

 

最後に

空手は試合の勝敗だけがすべてではありません。

 

大会での反省をしっかりおこなうことで、次の稽古に向けての課題づくりとなり、選手自身のレベルアップにつながります。

 

準備、結果、反省を繰り返すことで確実にレベルアップすることができますので、良い結果が出せるように頑張ってください。

 

空手をしている人におすすめのラインスタンプ

空手をしている人におすすめのラインスタンプです。

空手大会の結果報告スタンプ

空手おすすめラインスタンプ

空手で上達する方法

空手で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で師範や先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、空手に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

空手用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで空手用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら


空手で上達するには、一流の指導者から指導してもらうのが、一番上達します。
しかし、そのような恵まれた環境にいる人は少ないでしょう。
しかし、最近では一流指導者が、DVDで上達のコツなどを指導しているものがあります。
こちらもそのDVDの一つです。
評判のいい、おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

空手の一流指導者のDVDはこちら


スポンサードリンク

関連ページ

フルコンタクト空手初心者が試合までに鍛えておきたい技術や能力とは?
フルコンタクト空手の試合で勝つためには、様々な技術や能力が必要になってきます。細かい技術をいえばきりがないのですが、最低限鍛えておきたい技術や能力があります。特に初めて大会に出られる方は、見ておいてください。
有利な試合運びができる中段前蹴りの利点・基本・練習方法・注意点
空手の蹴りの基本であり、相手に大きなダメージを与えられるのが前蹴りです。ダメージを与えるだけでなく、自分の間合いを作ることもでき、自分に有利な試合運びができるようになります。得意技の一つとして、覚えておきたい技の一つです。ぜひ、ご覧ください。
フルコンタクト空手の普段の練習で気をつけるポイント
フルコンタクト空手の稽古、準備体操、柔軟体操基本稽古、ミット打ち、組み手、トレーニングなどで意識したいところを紹介しています。何も考えずに練習しても、何も身につきません。試合で勝つためには、試合に活かせるような稽古をしていくことが大切です。
伝統派空手の試合で勝つためのポイント
伝統派空手では、型だけでなく組手もあります。組み手もフルコンタクトの試合とは違い、技のパワーよりもスピードやつながりが大切であったり、試合の流れを掴む事が重要であったりします。型は空手の基本であり集大成、瞬時の判断精度を上げる、下半身の安定性などについて紹介いたします。
大きなダメージを与える膝蹴りのコツや注意点、弱点となる瞬間とは?
ボディや頭部に大きなダメージを与えられる膝蹴り。空手の試合で上手く使えるようになると試合運びを有利に進められます。威力のある膝蹴りを出すための練習方法や基本、メリット、デメリット、動画などを紹介いたします。
相手の前蹴りを利用しよう!受け方、よけ方、返し技、合わせ技のポイントと注意点
フルコンタクト空手で前蹴りが得意な相手というのは苦戦します。そこで、有利な試合運びができるよう、前蹴りに対する、受け方、返し技、合わせ技などについてご紹介していきたいと思います。
下段回し蹴りに対する返し技、合わせ技、受け方などのポイントや注意点
下段回し蹴りはフルコンタクト空手では、多く使われる蹴り技です。そのローキックを上手く受けることや、返し技を入れる事ができれば、かなり有利に試合を進めることができます。ここでは受ける時のコツや稽古の仕方などを紹介いたします。
フルコンタクト空手の試合では理想的な体勢で試合を進めることが重要
試合中正しい姿勢を維持できるよう常に意識することが重要です。理想的な足幅は前後左右とも肩幅よりり拳一つ分広いくらいのスタンスです。頭を動かさず視線の高さを保ち、胸でなく腰を意識して動くようにします。攻撃も防御も姿勢が崩れると力は半減してしまいます。