競技者に自信をつけられるような指導をすることが大切

武道家におすすめの情報

競技者に自信をつけられるような指導をすることが大切

競技者に自信をつけられるような指導をすることが大切

スポーツとは、どの競技も、技術面やスタミナ面はすごく重要ではあります。

 

しかし、精神面が整っていないと、大事な試合になって緊張して、自分を見失い消化不良に終わってしまう事があります。

 

技術面やスタミナ面が不足という原因でしたら、自分自身納得出来るとは思います。

 

しかし、精神面を乱してしまって力を発揮出来なかったとなると、悔いだけが残ってしまいます。

 

スポーツをする人にとって、これほどの悔しさはありません。

 

そのため、メンタル面のトレーニングは、必ずした方がいいでしょう。

 

メリハリをつける

最近では、指導者が厳しく言わなくなってしまっているという事を聞きますが、あれは良くないような気がします。

 

確かに、体罰するのは良くありませんが、甘やかし過ぎたりするのも良くありません。

 

特に最近は、褒められると伸びるタイプという事をよく聞きますが、褒めすぎてしまうと、過信が生まれてしまう可能性があります。

 

過信が生まれてしまうと、自分は天才だと勘違いしてしまって、トレーニングをさぼってしまう事も出てきてしまいます。

 

またメンタル面でも、辛さという経験をしないでいるので、試合に出た時に、極度の緊張状態に陥ってしまって、何も出来ないまま終わってしまう場合があります。

 

そのためいいプレーをしたら褒めるのはいいのですけど、マズいプレーをしたら指摘してあげないといけないでしょう。

 

また優しく接するばかりでなく、時には厳しく接して、メリハリをつける事も大切だと思います。

 

性格に合わせた指導をする

スポーツの指導者は、指導する人の性格もしっかり把握しておく事が大切です。

 

性格は人それぞれ違うので、

  • 気が強くて負けず嫌いの人
  • 気が小さくておとなしい人

もいます。

 

そのため、性格をしっかり見極めて接していくのも重要です。

 

  • 気が強い人にはある程度厳しい要求をしてトレーニングが終わったら優しく接する

という感じでメリハリをつけるといいと思います。

 

  • 気の小さい人は、厳しい要求をしてしまうと自信をなくしてしまうので、甘やかさない程度に要求していく

事が大切だと思います。

 

8種類のスポーツメンタルトレーニング方法

緊張が解ける呼吸方法とは?緊張して持ち前の力が発揮できない方へ

効果的なスポーツ選手のメンタルトレーニングの方法

体を追い込むことで精神面も鍛えられる

スポーツの指導者は、競技者に自信を付けさせてあげる事が大切になってきます。

 

特に大事な試合になると、必ず緊張はするものです。

 

そこでいかに平常心でいられるかは、自信が付いているかだと思います。

 

そのため、トレーニングできつめのメニューをこなして体を追い込む事によって、これだけやったのだからという自信になります。

 

またきついメニューに耐えてきたという、精神面での自信も出てきます。

 

体力面、精神面両方の自信をつける事によって、大事な試合でも力が発揮出来るようになると思います。

 

13回日本一に導いたプロスポーツや大企業でも採用される“原田メソッド”とは?

金メダリスト、プロアスリートが実践しているメンタルトレーニングとは?


スポンサードリンク

関連ページ

緊張が解ける呼吸方法とは?緊張して持ち前の力が発揮できない方へ
緊張すると、体力の極端な低下が起きたり、思考力や判断力も落ちてきます。そのため、持ち前の力が発揮できずに試合を終えてしまうことになります。緊張を解くには、呼吸のコントロールが重要です。日常でトレーニングする方法を紹介いたします。
8種類のスポーツメンタルトレーニング方法
実力はあるのに、大会や試合で結果が伴わない。そのような方はスポーツメンタルトレーニングを行うといいでしょう。目標設定、リラクゼーション、イメージトレーニング、集中力、プラス思考、セルフトーク、試合に対する心理的準備、コミュニケーションの8種類に分類されます。ぜひ、ご覧ください。
剣道・柔道・空手の目標達成の技術を学ぶおすすめの方法
大谷翔平選手や菊地雄星選手を輩出した花巻東高校や日本ハムファイターズ、スポーツの強豪チームやユニクロやディズニーといった大企業も採用する「原田メソッド」。目標達成は技術です。普通の環境以下ともいえる中有学生が、原田先生の指導で陸上競技7年間13度の日本一を達成した技術を学んでください。
試合で練習通りの実力を発揮できるメンタルを得るための重要な癖
試合で実力が発揮できなかったり、失敗したりするのは、メンタル面が大きく影響します。メンタルが弱いのは生まれつきではなく、考え方や鍛えるトレーニングをすることで強くすることができます。試合で実力以上の力を発揮するために、普段から意識しておく大切なことがあります。
試合や大会で強い人は脳の性質を知って効率的にメンタルを強くしている
スポーツの大会で日頃の実力を十分に発揮するために、メンタルトレーニングを行っている人もいるでしょう。しかし、効果が出なかったり結果が残せないと必要性を疑ってしまいます。脳の性質を知って鍛えることで良いパフォーマンスが残せるでしょう。
子どもでもわかりやすいメンタルトレーニングおすすめの本
試合や大会でパフォーマンスに大きく影響するメンタル。精神面をうまくコントロールすることで、結果が大きく変わってきます。そこで子どもが読んでも理解しやすい本と、本番前の1分間で実践できるセルフコーチングのおすすめ本を紹介いたします。