細マッチョに簡単になれるトレーニング

武道家におすすめの情報

細マッチョに簡単になれるトレーニング

細マッチョに簡単になれるトレーニング

最近は、細マッチョという言葉ができ、少し筋肉質で、体脂肪が少ない人が人気です。

 

そのため、細マッチョを目指している人も多いのではないでしょうか?

 

では、細マッチョになるためにはどんなトレーニングをすればいいのでしょうか?

 

それは、ボディビルダーと同じようなトレーニングです。

 

細マッチョとボディビルダーって、全然筋肉や体つきが違うから、ボディビルダーのトレーニングは参考にならないのでは?

 

と思うかもしれません。

 

しかし、ボディビルダーというのは、かつて細マッチョだった人です。

 

最初から、ボディビルダーのような、大きな筋肉がついていたわけではありません。

 

細マッチョの時代を通り越して、大きな筋肉をつけています。

 

しかも、細マッチョの時代を簡単に通り越して、通過点にしないと、ボディビルダーのような大きな筋肉はできません。

 

細マッチョになるのに苦労していてはいけない

細マッチョになるのに苦労していては、ボディビルダーにはなれないのです。

 

ボディビルダーからすれば、細マッチョになるのは簡単です。

 

バルクアップの期間で理想とする筋肉より少し大きな筋肉をつけて、あとは、できるだけ筋肉を落とさずに、脂肪を落としていくだけです。

 

何年もかけて細マッチョになっている人は、バルクアップ時期と、減量期を分けないで、一緒にしてしまうから、細マッチョになるのに大変な労力がかかってしまっています。

 

これは、他のスポーツや武道でも同じことが言えます。

 

一番大切な大会に向けて、まずは増量期のバルクアップをし、大会の時の目標体重より多くして、しっかりとした筋肉をつけます。

 

そして、大会に向けて目標体重になるように、脂肪を落とし、筋肉を落とさないように減量をしていくようにします。

 

この、増量期と減量期を分けないでいると、体が今の運動に慣れてしまって、筋肉は細くなり、脂肪がついていくことになります。

 

体のことと筋肉のトレーニングのプロはボディビルダーです。

 

元トップボディビルダーのトレーニング方法や食事を学ぶならこちら

 

 

筋肉がつきにくい人は間違ったトレーニング方法と食事方法をしている

タイトル
なかなか筋肉がつかない

 

仕事柄力を使うことが多いので、腰や関節に負担がかかることが多いいです。

 

重いものを持ち上げたり、移動させたりといった動作を何十回とこなさなければいけないので、体への負担も普通の仕事の人に比べれば大きいと思います。

 

私がウエイトトレーニングをしているのは、仕事で使える筋肉を養うということと、負担のかかる動作でも、腰や関節を痛めないといった理由からです。

 

重いものを持つときに腰がフワッっとなって、ぎっくり腰になる感じの時があります。

 

幸いいままでぎっくり腰になったことはないのですが、ウエイトトレーニングをしなければ、すぐにぎっくり腰だと思います。

 

私のウエイトトレーニングは、ネットで検索して人気のあった器具を使ってのウエイトトレーニングで、腹筋台や鉄アレイの上げ下げを行うのが主なトレーニング方法です。

 

鉄アレイの上げ下げはちょうど重いものを持ち上げる動作に似ているのでかなり効果があると思います。

 

私の勝手なイメージでは、毎日やっていればボディービルダーみたいな体になるのかなと思っていたのですが、そうではありせんでした。

 

引き締まった体になり、腹筋なども割れてきたのですが、筋肉のつきかたがボディービルダーとは違うみたいです。

 

目的が、怪我をいない実用的な筋肉をつけるということなのでよかったのですが。

 


ウエイトトレーニング用品を安く買えるお店はこちら

ダンベルの激安通販店はこちら

国産の高品質ホエイプロテインが驚きの1kg2,600円

3万円台で購入できる!?初心者が家で筋トレをするのに最適なマルチジムマシン

元トップボディビルダーのバルクアップメソッド

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

ダイエットのための腹筋トレーニングの効果が出ない理由とは?
ダイエットのために腹筋のトレーニングをしている人はお多いと思います。しかし、腹筋のトレーニングをしても、なかなかダイエットには直結しません。
ダイエット目的の筋トレで体重が落ちないという問題
ダイエット目的の筋トレで体重が落ちないという問題について紹介いたします。
ウエイトトレーニングの効果的な頻度
ウエイトトレーニングの効果的な頻度について紹介いたします
自宅の筋トレで限界までトレーニングするには?
自宅の筋トレで限界までトレーニングするには、テクニックやコツ、道具などが必要です。
筋トレのリストストラップのおすすめはこちら
背中のトレーニングで、しっかりと背中に効かせたいのであれば、リストストラップは必需品です。その巻き方と、おすすめのリストストラップを紹介いたします。
ベンチプレスや筋トレで重要な肩甲骨を寄せる姿勢のとり方のコツとは?
ベンチプレスをするときに大切なのが肩甲骨を寄せることです。体のアーチを作り肩と体を固定することで、体のふらつきや揺れるのを防いで事故やケガを防ぎます。大胸筋の筋肉に集中してトレーニングができますので、トレーニングの効果を出しやすくなります。
筋トレの効率のいいインターバルとは?
ウェイトトレーニングを初めた頃は、思うように効果が得られません。そこで経験者から初心者へのアドバイスを紹介いたします。「大事なのはフォームと意識づけ」「短時間でも効果が出るウエイトトレーニングの実施方法」「トレーニング効果をアップさせるための方法について」「ウエイトトレーニングで初心者が気をつけるポイント」「効率の良いウェイトトレーニングの方法」「初心者の為のトレーニング方法」「効いている筋肉を意識することと、呼吸を意識するのが大事です」