ダイエット目的の筋トレで体重が落ちないという問題

武道家におすすめの情報

ダイエット目的の筋トレで体重が落ちないという問題

ダイエット目的の筋トレで体重が落ちないという問題

ダイエット目的で、ウエイトトレーニングを始める人もいると思います。

 

CMでも有名な○イザッ○などもウエイトトレーニングを取り入れています。

 

筋肉の量が増えると、基礎代謝が上がり、自然とダイエットができます。

 

他の食事制限だけのダイエットだと、筋肉が減って、リバウンドすることが多いのですが、ウエイトトレーニングで筋肉を増やしてのダイエットは、リバウンドすることはほとんどありません。

 

ウエイトトレーニングを始めると、体重が減るどころか、増えることがあります。

 

そうなると、「ウエイトトレーニングでのダイエットはダメだ」と思い、辞めてしまう人がいます。

 

しかし、実際は、筋肉量が増えたための体重増が原因の場合が多くあります。

 

ダイエットの目的は、体重を減らすことではないでしょう。

 

本当のダイエットの目的は、理想の体型と健康を手に入れることです。

 

体重もひとつの目安になりますが、一番は、鏡を見て、自分の体型がどうなっているかを確認することです。

 

  • ここにもう少し筋肉が付けばいい体型になるな
  • ここが弛んでいるから筋肉をつけて引き締めたほうがいいな
  • 体重は減っていないけど、お腹は凹んできたな

などという、見た目の情報をしっかり確認しておくことが大切ですね。

 

ウエイトトレーニングでダイエットするときに気をつけること

タイトル
ダイエットと健康のためにウエイトトレーニングを始めたら、体重が増えた

 

ウエイトトレーニングと言うのは、最初は取り付きにくいような感じですが、ジムなどでは一番メジャーなトレーニングになっていると思います。

 

こう言っては何ですが、「簡単に筋肉をつけられるし、筋肉つけて代謝上げてダイエットも出来る」とお考えの方も多いと思うのです。

 

でもひょっとして、「ウエイトトレーニング始めたら、やたら体重が増えた」こういう方もいらっしゃるかと。

 

この罠、引っかかる人多いと思います。

 

そこで焦って、トレーニングの時間増やしたり、食事減らしたり。

 

いえいえ、ここで焦っては元も子もないのです。

 

理由は二つ、最初に「筋肉は脂肪より重い」

 

脂肪が筋肉に変わると、見た目は同じでも体重は増えます。

 

これは仕方の無いことです。

 

脂肪は水に浮きますが、筋肉は沈みます。

 

体脂肪質の極端に低い人が、水に沈みやすいのはこれの代表です。

 

もう一つ大事なこと、「トレーニング中に呼吸してますか?」

 

頑張ってトレーニングして、腹筋とかやってると、つい息を止めてしまっていたりしませんか。

 

これは身体にも悪いですし、本来なら「呼吸することによって脂肪を減らし、それを筋肉に代える」と言うウエイトトレーニングの目的からも外れることになります。

 

トレーナーが一緒にいてくれたりすれば、勿論注意してくれますが、そうでない時には自分で呼吸を意識しないと逆効果にもなりかねません。

 

結構陥ることの多い罠ですので、ご参考までに。

 


ウエイトトレーニング用品を安く買えるお店はこちら

ダンベルの激安通販店はこちら

国産の高品質ホエイプロテインが驚きの1kg2,600円

3万円台で購入できる!?初心者が家で筋トレをするのに最適なマルチジムマシン

元トップボディビルダーのバルクアップメソッド

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

ダイエットのための腹筋トレーニングの効果が出ない理由とは?
ダイエットのために腹筋のトレーニングをしている人はお多いと思います。しかし、腹筋のトレーニングをしても、なかなかダイエットには直結しません。
ウエイトトレーニングの効果的な頻度
ウエイトトレーニングの効果的な頻度について紹介いたします
自宅の筋トレで限界までトレーニングするには?
自宅の筋トレで限界までトレーニングするには、テクニックやコツ、道具などが必要です。
細マッチョに簡単になれるトレーニング
細マッチョに簡単になれるトレーニングの紹介です。
筋トレのリストストラップのおすすめはこちら
背中のトレーニングで、しっかりと背中に効かせたいのであれば、リストストラップは必需品です。その巻き方と、おすすめのリストストラップを紹介いたします。
ベンチプレスや筋トレで重要な肩甲骨を寄せる姿勢のとり方のコツとは?
ベンチプレスをするときに大切なのが肩甲骨を寄せることです。体のアーチを作り肩と体を固定することで、体のふらつきや揺れるのを防いで事故やケガを防ぎます。大胸筋の筋肉に集中してトレーニングができますので、トレーニングの効果を出しやすくなります。
筋トレの効率のいいインターバルとは?
ウェイトトレーニングを初めた頃は、思うように効果が得られません。そこで経験者から初心者へのアドバイスを紹介いたします。「大事なのはフォームと意識づけ」「短時間でも効果が出るウエイトトレーニングの実施方法」「トレーニング効果をアップさせるための方法について」「ウエイトトレーニングで初心者が気をつけるポイント」「効率の良いウェイトトレーニングの方法」「初心者の為のトレーニング方法」「効いている筋肉を意識することと、呼吸を意識するのが大事です」