空手正拳突きのポイントと動画

武道家におすすめの情報

空手正拳突きのポイントと動画

正拳突きのポイントと注意点

空手の大会で多く使われる突き技。

 

  • 正拳突き
  • 鍵突き
  • 下突き

などがありますが、やはり多く使われるのが正拳突きではないでしょうか?

 

ルールが違うことで、狙う場所や使い方が違うかもしれませんが、基本的な体の動きなどは共通するものがあると思います。

 

拳の握り方

拳は、小指から薬指、中指、人差し指の順番に握っていき、親指は人差し指と中指に掛けます。

 

小指と親指で、薬指・中指・人差し指を挟むように固く握り、そこから力を抜いた状態が拳の握り方です。

 

拳に力を入れた状態のままでは、動きが固くなり、速い突きが出せませんので、一度固く握ったら力を抜くようにしましょう。

 

この握りがしっかりできていないと、相手に突きの力が伝わりませんし、自分の拳をいためることになりますので、無意識のうちにも一瞬で握れるように、何度も練習することが大切です。

 

拳の握り方の動画

 

 

 

正拳の当たる場所

突きは、拳の人差し指と中指の拳頭部分が当たるようになります。

 

小指側が当たると、強い突きであればあるほど、ケガをする可能性が高くなります。

 

しっかりと、人差し指と中指の拳頭部分が当たるように意識します。

 

その部分が、腕の内側のラインの延長線上にくるように手首を調整します。

 

また、横から見て、手首が折れていない直線の状態にしておきます。

 

これらができていないと、突きの力が伝わらずダメージを与えられなかったり、手首が折れてケガをしてしまったりすることになります。

 

正拳突きの突き方

突くときは、力を抜いて、放り投げるようにつきます。

 

力が入るとスピードが落ちます。

 

スピードが大切です。

 

腰を回転させ、体、肩、肘、拳へと回転を伝えていくことで、スピードがアップします。

 

突く気持ちが強すぎて、腕が先に動くと、脇が開き、スピードも遅く、強さも弱い突きになります。

 

腰から回転させることを意識しましょう。

 

突きが当たる瞬間は拳を内側へひねり、拳に体重を乗せます。

 

突く手だけでなく、引き手となる腕も、顔面をガードするように意識しておくと、突いたときにできる隙をカバーすることができます。

 

ルールによって、突き方などさまざまですが、基本的なことを書いてみました。

 

参考にしてみてください。

 

正拳突きの解説動画

 

 

 

空手をしている人におすすめのラインスタンプ

空手をしている人におすすめのラインスタンプです。

空手大会の結果報告スタンプ

空手おすすめラインスタンプ

空手で上達する方法

空手で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で師範や先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、空手に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

空手用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで空手用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら


空手で上達するには、一流の指導者から指導してもらうのが、一番上達します。
しかし、そのような恵まれた環境にいる人は少ないでしょう。
しかし、最近では一流指導者が、DVDで上達のコツなどを指導しているものがあります。
こちらもそのDVDの一つです。
評判のいい、おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

空手の一流指導者のDVDはこちら


スポンサードリンク

関連ページ

世界空手道選手権大会優勝の宇佐美里香さんの解説動画
世界空手道選手権大会優勝の宇佐美里香さんの蹴りや形を解説している動画です。
新極真会緑健児さんと武田幸三さんの上段廻し蹴り特別稽古の動画
極真第5回全世界空手道選手権大会で優勝した、新極真会緑健児さんとキックボクシングで活躍していた武田幸三さんの上段廻し蹴り特別稽古の動画です。
蹴りをスムーズに出すためにおすすめの股関節ストレッチの動画
空手で、上段廻し蹴りをスムーズに力強く出すには、股関節の柔軟性が必要になってきます。その股関節のストレッチの動画です。
松久功のノーモーションとツーステップのステップワーク動画
第40回全日本空手道選手権大会優勝をもって現役を引退した松久功さんのステップワークを解説した動画です。
相手が反応しにくい逆突き・刻み突きから逆突きを出すコツとは?
組手で技を決めるには、スピードだけでは決まりません。相手が感じているタイミングをずらす必要があります。それが反応しにくい技で、これが組手で技を決めるポイントです。
空手の蹴り方のバリエーション動画 西村誠司
組手の流れの中で、蹴り技を出すとき、単調な蹴りでは、決して相手にダメージを与えることはできません。さまざまなパターンを習得していかなければいけません。この動画では、さまざまなバリエーションの蹴りを動画で解説してくれています。
フルコンタクト空手で体格差のある相手との組手のテクニック動画
フルコンタクト空手で体格差のある相手というのは、非常にやりにくいものです。パワーもあり、リーチもありますので、体格の小さいほうはかなり不利な状況になります。そんなときに役立つテクニックの動画を紹介いたします。
空手家のための蹴りを強くする開脚ストレッチの方法とは?
空手で上段の廻し蹴りを、速いスピードで、しかも強く蹴るには、股関節の柔軟性が重要です。しかし、どんなストレッチや柔軟体操をすればいいのかわからないと思います。そこで、おすすめのストレッチを紹介いたします。
上段回し蹴りで一本を取るコツと練習方法
上段回し蹴りは、一発で相手をノックアウトできる蹴り技です。上手く使うことができれば、相手から一本を取ることができます。そのためのタイミングや注意点や上段回し蹴りの動画を紹介いたします。ぜひご覧ください。