大会で実力が発揮できない!柔道の試合を優位に進めるためのルーティンを活用する

武道家におすすめの情報

大会で実力が発揮できない!柔道の試合を優位に進めるためのルーティンを活用する

大会で実力が発揮できない!柔道の試合を優位に進めるためのルーティンを活用する

練習と試合での一番の違いは緊張感です。

 

緊張をした中で動くので、普段以上に体力を消耗します。

 

また、試合は日常とは異なった行動があるので、いつもの自分を保つのが難しくなります。

 

これを解消出来れば、試合を優位に進める事が出来ると言えるでしょう。

 

それにはどうすればいいのでしょうか?

 

試合に慣れればいいのだけど・・・

一番が試合の数をこなすというものです。

 

ただ、公式戦は限られていますので、なかなか数をこなすというのは難しいのが現実です。

 

練習試合を数多くすればいいのでは?
というごもっともなお声も聞こえてきます。

 

ただ、
公式戦と練習試合ではやはり緊張感が全く違います。

 

無意味に、無意識に練習試合の数をこなしても、いざ公式戦の場に立つと、緊張感に押しつぶされてしまいます。

 

公式戦にも通用する有効な練習試合をすることが出来れば、その緊張感を緩和する方法が身につくのです。

 

メンタルが試合の結果を大きく左右する

少し柔道のトレーニングとは話がそれてきていますが、試合で重要なのは

  • 日々の練習
  • それを発揮できるメンタル

だと私は考えています。

 

だからこそ、柔道だけではなく、どんなスポーツでも当てはまるのです。

 

スポーツだけではありません。

 

日ごろめちゃくちゃ歌がうまい人でも、緊張してガチガチになると、ステージでは音を外してしまうのです。

 

そうなると日ごろの練習が水の泡
になってしまいます。

 

それだけメンタルによって、実力が位置付けられてしまうのです。

 

もちろん日ごろの練習があってこその話にはなりますが、せっかく築いてきたものを、余すところなく発揮するのが実力です。

 

そこにはメンタルの力が切っても切れないのです。

 

では、どうすればいいのか?

 

試合や大会で強い人は脳の性質を知って効率的にメンタルを強くしている

 

ルーティンの活用

そのヒントとなるのが、今やだれもが知っている

  • 「ルーティン」の活用

です。

 

五郎丸選手で有名になった言葉ですが、実績を残す選手たちには必ずと言っていいほど、このルーティンが存在します。

 

例えばイチロー選手も、バッターボックスへの入り方はいつも

  • 決まったフォーム
  • 決まった時間
  • 決まった歩幅

で入ります。

 

それ以前に
試合中は毎日同じものを食べ続け、味の変化で自分の体調を感じていた
といいます。

 

それだけ、
ルーティンはコンディション維持にも、精神を保つ手段としても有効
だと言えるのです。

 

8種類のスポーツメンタルトレーニング方法

 

公式戦と同じ状況を作る

たとえば、公式戦で意外と体力を使うのが

  • 移動や待ち時間

です。

 

練習会場まで自転車やバス等、普段使わない乗り物を使い移動することが多く、
「降りる駅はここでよかったかな?」
「この次は○○線に乗り換えなければいけないから、○番線まで移動しなければ」
時間を気にしながら小走りに走ったりしています。

 

しかも試合用に予備の水筒やタオル、着替えをいれたバッグを持ってです。

 

これだけで普段の行動とは異なりますし、無意識のうちに急いだり、緊張したりしているので、自分が思っている以上に体力を使っています。

 

これで試合会場についた時に戦えるだけの、十分な力があまっているでしょうか?

 

これを解消するには、

  • 練習前や練習試合の前は必ず自転車に30分乗る
  • ランニングをする
  • 筋トレをする

など、
公式戦を意識した練習前の練習
を取り入れます。

 

その際に着る服は、普段の練習着やユニフォームではなく、
公式戦に行く場合と同じ、制服であったり、ジャージで行いましょう。

 

 

体の条件反射の条件を作る

その後、その疲労をとるため、ストレッチを行います。

 

一番自分が動きやすい体を作れるストレッチを見つけておく
のです。

 

これを練習前や練習試合前に必ず行えば、公式戦でも
そのストレッチをすれば、体が動けるモードになってくれます。

 

その時に音楽を聴くことが出来る環境であれば、
毎回同じ曲を聴いておけば、それを聴くだけで普段の心拍数に戻すことが出来ます。

 

これが出来るか出来ないかで、実力以上の差が出てきます。

 

要は、

  • これさえすれば普段の自分になれる

という条件反射を作り上げるのです。

 

  • 緊張をほぐすことは自分の意志ではとても難しいので、条件反射を利用する

これがルーティンです。

 

緊張すると必要以上の力が入って体力を消耗する

また、普段以上に力が入ってしまうのも、公式戦の緊張がもたらす大きな特徴です。

 

「柔道」に限って言うと、「握力」が大きく勝敗を分けます。

 

緊張の中で組み合うと、無意識のうちに大きな力が入り、試合途中、ほどけた帯を結びなおすことも困難なくらい、握力の消耗は大きくなります。

 

私も何度も経験があります。

 

「待て!」という審判からの声がかかり、帯を結びなおせと指示が出ます帯が結べないことがありました。

 

挙句の果て、審判に帯を結んでもらったこともあります。

 

これじゃあ勝てる訳がありません。

 

このルーティンで緊張をほぐす術を体得できれば、

  • 普段以上に力を出せる

のと同時に、

  • 普段と同じように力まずに動く

こともできるのです。

 

プロスポーツ選手が行っているメンタルトレーニングの方法が学べるDVD

 

力み過ぎると相手の力を利用できない

柔道の真意として、

  • 「柔よく剛を制す」

という言葉があります。

 

柳の枝のように、相手の力に逆らわず吸収し、一気にはじき返す、もしくは、そのまま相手への力へ返還させる。

 

これは力んでしまうと、なかなか出来るものではありません。

 

日本柔道史に名を残す、十段到達者の「三船久蔵」の動画を、一度はご覧になった事があると思います。

 

本当にしなやかに踊るように動いています。

 

柔道の本当の姿は無理のない動きをしているので、はたから見ると簡単に出来そうな動きなのです。

 

力まないことで普段よりも力が出せるのです。

 

これが柔道の極意です。

 

三船久蔵の動画

 

 

 

最後に

毎日の生活を規則正しくすることにより、いつでも、本当の自分を保つことが出来る。

 

これが試合に勝てる人の意識なのだと思います。

 

常に目標に向かって毎日を過ごしているからこそ、強くなるんですね。

 

剣道・柔道・空手の目標達成の技術を学ぶおすすめの方法

 

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

柔道をしている子どもが教室を辞めたいと言ったら?
柔道をしている子どもが教室を辞めたいと言ったら?これは、柔道をさせている親であれば、多くの人が体験していることではないでしょうか?実際の体験談を紹介いたします。
柔道におすすめのプロテイン
柔道では、筋肉をつけて体重を増やしたほうが有利になります。そのためにはプロテインがおすすめです。筋肉を増やすだけでなく、減量の時にもおすすめです。
柔道初心者が試合で勝つためのテクニックやトレーニングをまとめてみました
初心者が柔道の試合で勝っていくのは難しいことです。そう簡単に勝てるわけではありませんが、必要なトレーニングをして、試合で注意するポイントや生活習慣を見直すことで、勝てる可能性は上がっていきます。ぜひご覧ください。
柔道初心者は捨て身技を使うべきか
柔道を始めたばかりの方が最初に習う技としては、大腰などの「腰技」や、大外刈りなどの「足技」が一般的です。捨身技は巴投げや裏投など、自ら倒れ込む力を利用して相手の体勢を崩す技の総称です。体重を利用して相手を投げるという理論は理解できても、それを実践の流れの中で繰り出すにはそれなりの実戦経験が必要になります。そこで初心者が捨身技を使う上での注意点を紹介いたします。