柔道におすすめのプロテイン

武道家におすすめの情報

柔道におすすめのプロテイン

柔道におすすめのプロテイン

柔道や他のスポーツや武道でもそうでしょうが、技術が同じであれば、筋肉が多い人のほうが有利な場合がほとんどです。

 

しかし、なかなか筋肉がつかなくて体重が増えないという悩みを抱えている人は多いと思います。

 

そこで、おすすめなのがプロテインです。

 

筋肉がつかないのは、十分なエネルギーとタンパク質が摂取できていないことが原因のことが多くあります。

 

筋肉を増やすためのタンパク質の必要摂取量

激しいスポーツやトレーニングをしている人で、筋肉をつけていこうと思えば、体重1キロ当たり2グラム摂取する必要があるといわれています。

 

それを、食事で取ろうとすれば、かなりの量を摂取しないといけないことになりますが、プロテインであれば、簡単に摂取することができます。

 

また、食間に摂取すれば、エネルギー不足から筋肉が分解されるのを防ぐ効果もあり、効率よく筋肉を維持して、増やすことができます。

 

しかし、問題は、プロテインの価格が高いところが多いことです。

 

そこでおすすめなのがこちらのプロテインです。

 

割安で飲みやすいプロテインはこちら

 

業界最低水準の価格ですので、しっかりとした量のプロテインを摂取することができます。

 

おすすめです。

 

 

中学生の時からウエイトトレーニング

タイトル
勝てる柔道が出来るようになりました

 

小学から中学卒業まで柔道をしていましたが、私は身長が標準でも体重は標準以下で、柔道の試合などでは筋肉の無さから、格下相手に勝てなかったりしたのですが、体重を増やしながら同時にボディビルディングを始めた事によって、同じくらいの体重の相手には勝ちやすい柔道が出来るようになりました。

 

まずは中学生という、背は高くても筋肉や体重が少ない時期に、親とトレーナーの指導の元、二日に1回のペースでのボディビルディングを始めました。

 

自重トレーニングのように負荷の少ないトレーニングを選ばなかったのは、爆発的に力をつけたかったからです。

 

当時中学1年生の私は体重48キロでしたが、卒業する頃には75キロになることが出来ました。

 

腕回りも37センチと中学生にしてはかなり太く、ひきつける力のある上半身を作る事にも成功しました。

 

その方法は、まず虚弱体質、体重が平均以下の人は食べる事を覚えてください。

 

炭水化物を基礎代謝より多く摂取しつつ、最低でも体重×1の蛋白質の摂取は基本です。

 

食べるものはなんでもいいですが、油の多いものはさけて下さい、炭水化物は、ラーメンや、餅、米などでかまいません。

 

 

 

タンパク質をプロテインで摂取

タンパク質は卵とプロテイン、牛乳で補っていました。

 

ボディビルの種目としてはBIG3と私の場合はそれにショルダープレスとディップス、バーベルカールなどを加えていました。

 

柔道も武道です、同じ体重の相手と試合するときは自分の方が筋肉量が多と、たとえ相手の方がテクニックで優れていても、筋力でカバーできる場合もあります。

 

オリンピックレベルの一流の選手でマシントレーニングやボディビルをしていない選手はいません。

 

体をしっかり作って、筋肉と体重を増やすのは武道の基本であります。

 

割安で飲みやすいプロテインはこちら

 

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

柔道をしている子どもが教室を辞めたいと言ったら?
柔道をしている子どもが教室を辞めたいと言ったら?これは、柔道をさせている親であれば、多くの人が体験していることではないでしょうか?実際の体験談を紹介いたします。
大会で実力が発揮できない!柔道の試合を優位に進めるためのルーティンを活用する
柔道の試合で重要なのは、日々の練習とそれを発揮できるメンタルが重要です。しかし、実力を発揮できるような緊張をほぐすのは自分の意志では難しいです。ルーティンを活用することで体が条件反射をして普段の状態を作ることができます。
柔道初心者が試合で勝つためのテクニックやトレーニングをまとめてみました
初心者が柔道の試合で勝っていくのは難しいことです。そう簡単に勝てるわけではありませんが、必要なトレーニングをして、試合で注意するポイントや生活習慣を見直すことで、勝てる可能性は上がっていきます。ぜひご覧ください。
柔道初心者は捨て身技を使うべきか
柔道を始めたばかりの方が最初に習う技としては、大腰などの「腰技」や、大外刈りなどの「足技」が一般的です。捨身技は巴投げや裏投など、自ら倒れ込む力を利用して相手の体勢を崩す技の総称です。体重を利用して相手を投げるという理論は理解できても、それを実践の流れの中で繰り出すにはそれなりの実戦経験が必要になります。そこで初心者が捨身技を使う上での注意点を紹介いたします。