柔道で使える下半身の筋力トレーニングの重要なポイントとは?

武道家におすすめの情報

柔道の下半身の筋力トレーニング

柔道の下半身の筋力トレーニング

柔道では、技などの技術を磨くことは当然ですが、やはりパワーを付けることも重要です。

 

技を出すときに、力任せになってはいけませんが、相手を崩したり、コントロールしたりするには、やはり筋力があれば有利に進めることができます。

 

パワーをつけようと思えば、体の中でも大きな筋肉、胸や背中、脚などを鍛えることで、効率よく全体のパワーを上げる事ができます。

 

特に脚の筋肉は、体で最も大きい筋肉ですし、下半身がしっかりしていると、技を出すときにも、力強さや安定感が増します。

 

そのため、脚の筋肉はしっかりと鍛えておきたいものです。

 

効率よく筋肉を鍛えようと思えば、バーベルなどを使っての高負荷をかけたスクワットがいいでしょう。

 

また、下半身の瞬発力を上げるスラスターなども非常に効果的なトレーニンの一つです。

 

 

体重バランスが使える筋肉を作るポイント

その時に気をつけておきたいのが、踵に重心をかけないことです。

 

よく言われるのが、スクワットは踵に重心をかけて深くしゃがみ込む、ということです。

 

しかし、それでは、動ける使える筋肉が付きません。

 

どんなスポーツや武道でも、瞬発的な大きな力を出すとき、踵に重心をかけて出すことはほとんどありません。

 

踵に重心をかけてのスクワットは、そのような関係のない筋肉を発達させることになり、動きが鈍くなってしまいます。

 

殆どの場合、つま先に重心をかけて、瞬間的に動いたり跳んだり、技を出します。

 

スクワットも、ジャンプするときのような姿勢で、つま先に重心をかけてすれば、スポーツや武道に必要な筋肉がつきます。

 

柔道に大切な脚の筋肉ですが、筋肉をつけるときには、気をつけましょう。

 

柔道選手専門のトレーニングはこちら

 

 

 

 

 

ランニングとスクワット、乱取りをひたすらに繰り返す

タイトル
私の柔道の裏技的な得意技について

 

私の長い柔道経験で、最初に学び、未だに使用頻度が最も多い技は、足払い(内股)です。

 

中学の柔道部で師範代に最初、当て身技として教えてもらいました。

 

現代柔道の基本ルールでは、柔道技の当て身技は全て、ルール違反になってしまいますが、唯一、試合でも通用する当て身技として、内足払い、当てる部分は本来足首ですが、足首のやや上を狙うと、内足払いではなく、内足当てという当て身技になります。

 

基本的に足払いの前に、軸足の重心をずらす目的で使われる、当て身技ですが、脚力次第では、軸足の重心をゼロにできます。

 

土踏まずの部分で打ち付ける技になる為、打撃技である当て身技の中では自分はダメージを受けない部類に入り、他の格闘技より、相手に技を当てる機会の多い柔道において、ダメージを蓄積させるのは初心者でも実践しやすいです。

 

純粋に重心と脚力を鍛えればいいので、ランニングとスクワット、乱取りをひたすらに繰り返すだけでも、技の威力と精度はみるみる向上します。

 

軸足の重心を無くすと、上半身の支えがなくなるため、試合開始2分過ぎあたりで、大腰や体落としなどの投げ技にシフトすると、羽のように軽く相手が投げられます。

 

私はひたすら、ランニングと乱取りの反復を行い、試合では足払いの当て身と体落としだけで、中学時代に県大会でベスト8まで行けました。

 

 

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

筋トレで柔道の動きがぎこちなくスピードが落ちてしまうのか?
筋トレで柔道の動きがぎこちなくスピードが落ちてしまうのか?についての紹介です。
柔道の体力づくりと技のコツ
柔道を始めた頃の初心者にとって、多くの人が他の人との力の差を感じるのではないでしょうか?それを克服した方法の紹介です。
全身の筋肉の働きが重要になる柔道での筋力トレーニングについて
柔道では、全身の筋肉を駆使して相手をいかにして倒すかはもちろんの事、組みかかってくる相手にどうやって対応するか、また相手の繰り出してきた技をどのようにして返し技にするか?それは全身の筋肉の働きが重要になってきます。
柔道の動きの基になる足腰を鍛えることの大切さ
強い柔道家になりたいのなら、力に頼るような柔道をしてはいけません。必ず限界が来ます。技を磨く方が重要です。それから「技」をより洗練させるため筋力をつけていきます。なかでも重要になるのが「足腰の筋肉」です。相手の攻撃を躱し、振り回す力を受け流し、重心をズラして耐え、攻撃をするときの軸になる…これら柔道の試合における一連の流れは、全て足腰の筋力によって成り立つものです。
自宅で一人でもできる「一人打ち込み」とは?メリットや効果とは?
打ち込みのやり方として「一人打ち込み」と呼ばれる方法があります。通常の打ち込みは2人以上で行うものですが、一人打ち込みは呼んで字の如くたった1人でも行える練習法です。例えば一本背負いの打ち込みを行う場合は柱などに帯を巻き、それを相手の腕に見立てて背負い投げのモーションに入ります。また、壁を相手に見立てて両手で掴んだり、壁や柱を使わずにモーションだけを繰り返すという方法もあります。やり方によっては、二人打ち込みや三人打ち込みにも無い大きなメリットを享受することができる優れた練習法なのです。
バトルロープトレーニングが柔道選手におすすめの理由とは?トレーニング方法を紹介
重いロープを波のように動かしてトレーニングするバトルロープトレーニング。 見た目より、かなりハードで強度の高いトレーニングです。 最近ジムでもできるようになっていて、様々なスポーツ選手が導入しています。 柔道の選手も導入してトレーニングしている人もいるでしょう。 では、柔道選手がバトルロープをするメリットは何でしょうか? そこには大きなメリットがあります。 そこで柔道選手がバトルロープでトレーニングするメリットや、トレーニング方法を紹介いたします。
柔道背負投などの担ぎ技を強化する筋トレのジャークのやり方とは?
背負投などの担いで投げる技は、低い姿勢で相手の懐に入り込み、下半身の力を使って投げます。 いろいろな力が必要ではありますが しっかりとした下半身 瞬間的な大きな力を出す瞬発力 下半身の力を上半身に伝える連動力 などが重要です。 その力を付けていくのにおすすめのトレーニングがあります。 それが ジャーク です。 担ぎ技を強化する上でおすすめのトレーニングです。 そこで、ジャークのやり方を紹介いたします。
柔道投げ技を強化する筋トレのスラスターのやり方とは?
柔道の投げ技、特に担ぎ技を強化するためには、下半身の爆発的な瞬発力を強化することが重要です。 低い姿勢で相手のふところに入って、そこから下半身の爆発的な力を使って、相手を投げるからです。 相手の懐にうまく入り込んでも、下半身の力をうまく使えなければ、投げることができません。 確かにフォームやタイミングなどの技術は重要です。 しかしそれを活かせる筋力がなければ、その技術が使えません。 投げ技を強化するためには、下半身の瞬発力を上げる必要があります。 そこでおすすめのトレーニングが スラスター です。 そのスラスターのやり方を紹介いたします。
柔道に重要なバランス力を鍛える自重の筋トレとは?
柔道では、 バランス 重心 体勢 が崩れたほうが投げられます。 柔道をしているとわかると思いますが、どんな大きな相手でも、それらが崩れたときには、非常に弱いものです。 柔道で勝つ秘訣は、 いかに相手の重心を崩すか? ということと いかに自分の重心を崩されないか? ということです。 そこで自分の重心を崩されないために、柔道に重要な脚の筋力を高めながら、バランス力を高めるおすすめの自重筋トレを紹介いたします。