バトルロープトレーニングが柔道選手におすすめの理由とは?トレーニング方法を紹介

武道家におすすめの情報

バトルロープトレーニングが柔道選手におすすめの理由とは?トレーニング方法を紹介

バトルロープトレーニングが柔道選手におすすめの理由とは?トレーニング方法を紹介

重いロープを波のように動かしてトレーニングするバトルロープトレーニング。

 

見た目より、かなりハードで強度の高いトレーニングです。

 

最近ジムでもできるようになっていて、様々なスポーツ選手が導入しています。

 

柔道の選手も導入してトレーニングしている人もいるでしょう。

 

では、柔道選手がバトルロープをするメリットは何でしょうか?

 

そこには大きなメリットがあります。

 

そこで柔道選手がバトルロープでトレーニングするメリットや、トレーニング方法を紹介いたします。

 

柔道選手がバトルロープをするメリット

柔道の試合では技術はもちろんですが

  • 筋力
  • 持久力

が必要になります。

 

その筋力を、普段の柔道の稽古でつけていると思います。

 

それプラス、効率よく筋力をつけるためにウエイトトレーニングもしているでしょう。

 

持久力は、ランニングなどをする方法もあります。

 

しかし、効率よく心肺機能を上げて持久力をつけていく方法として

  • 高強度インターバルトレーニング(HIIT)

が採用されています。

 

  • 10秒全力運動をして10秒軽い運動をする
  • 20秒全力で運動して10秒軽い運動をする(タバタトレーニング)
  • 1分全力で運動して30秒軽い運動をする

このように全力の運動と軽い運動を組み合わせることで、短時間で効率よく心肺機能を高めていくものです。

 

HIITは筋肉を維持しながら心肺機能を高める

有酸素運動を長時間続けると、筋肉は分解されて小さくなっていきます。

 

心肺機能は高められますが、せっかくつけた筋肉が小さくなっていくのです。

 

それに比べて高強度インターバルトレーニングは、短時間で終えるため、筋肉が分解されません。

 

筋肉を維持、または強度が高いために

  • 筋肉を発達させながら心肺機能を高めることができる

のです。

 

 

柔道選手に合った上半身中心の高強度インターバルトレーニング

そのようなメリットのあるHIITですが、トレーニング方法は

  • ダッシュ
  • エアロバイク
  • 自重トレーニング
  • ウエイトトレーニング

などがあります。

 

多くの方法は強度が高くなりやすい脚を中心としたトレーニングです。

 

エアロバイクやダッシュなどがよく使われます。

 

それでもいいのですが、柔道は上半身を多く使う武道です。

 

もちろん足腰の強さも柔道選手にとっては大切な要素ではあるのですが、できることなら、上半身を使った高強度インターバルトレーニングをしたいものです。

 

そこでオススメのトレーニングがバトルロープなのです。

 

バトルロープは、主に上半身を使ったトレーニングです。

 

普通のウエイトトレーニングよりも、一度に多くの上半身の筋肉を使います。

 

しかも、かなり強度の高い筋トレですので、HIITに向いているのです。

 

  • 上半身の筋肉を発達させながら、心肺機能を上げられます。

 

これが柔道選手がバトルロープでトレーニングする大きなメリットなのです。

 

バトルロープのやり方

バトルロープは、重い専用のロープを使います。

 

9メートルや15メートルなどがありますが、トレーニングする部屋の大きさによって使い分けます。

 

もちろん長いロープのほうが重くなります。

 

太さも38ミリや50ミリなどがあり、当然太くなれば重くなり、筋力や握力が必要になってきます。

 

その人の筋力に合わせたものを選ぶようにします。

 

 

 

このロープを柱や机の脚などに引っ掛け、両手でロープの端を持ちます。

 

ロープを上下に振って、波打つように動かしていきます。

 

これが基本のトレーニングとなります。

 

他にも

  • 左右に振る
  • 叩きつける
  • 自重トレーニングしながら

などありますが、基本は上下です。

 

この動作で高強度インターバルトレーニングを行います。

 

エアロバイクやダッシュのHIITは、吐きそうになるくらい辛いものですが、こちらのバトルロープも同様に、かなりきついものです。

 

しかも、腕や背中などの筋肉はパンパンになります。

 

間違いなく柔道の試合に効果的なトレーニングになります。

 

ぜひ、取り入れてみてください。

 

 

 

 

柔道用品を安く買えるお店はこちら

トップレベルになりたい選手と指導者向けの柔道上達プログラムはこちら

柔道ジュニア選手育成プログラムはこちら

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

柔道選手のためのトレーニングプログラムを学ぶならこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

筋トレで柔道の動きがぎこちなくスピードが落ちてしまうのか?
筋トレで柔道の動きがぎこちなくスピードが落ちてしまうのか?についての紹介です。
柔道の体力づくりと技のコツ
柔道を始めた頃の初心者にとって、多くの人が他の人との力の差を感じるのではないでしょうか?それを克服した方法の紹介です。
柔道で使える下半身の筋力トレーニングの重要なポイントとは?
柔道の下半身の筋力トレーニングについてです。柔道で重要な筋肉となる下半身。しかし、いくら筋肉がついていても、それが柔道に活かされなければ意味がありません。柔道に使える筋肉にするにはポイントがあります。ぜひご覧ください。
全身の筋肉の働きが重要になる柔道での筋力トレーニングについて
柔道では、全身の筋肉を駆使して相手をいかにして倒すかはもちろんの事、組みかかってくる相手にどうやって対応するか、また相手の繰り出してきた技をどのようにして返し技にするか?それは全身の筋肉の働きが重要になってきます。
柔道の動きの基になる足腰を鍛えることの大切さ
強い柔道家になりたいのなら、力に頼るような柔道をしてはいけません。必ず限界が来ます。技を磨く方が重要です。それから「技」をより洗練させるため筋力をつけていきます。なかでも重要になるのが「足腰の筋肉」です。相手の攻撃を躱し、振り回す力を受け流し、重心をズラして耐え、攻撃をするときの軸になる…これら柔道の試合における一連の流れは、全て足腰の筋力によって成り立つものです。
自宅で一人でもできる「一人打ち込み」とは?メリットや効果とは?
打ち込みのやり方として「一人打ち込み」と呼ばれる方法があります。通常の打ち込みは2人以上で行うものですが、一人打ち込みは呼んで字の如くたった1人でも行える練習法です。例えば一本背負いの打ち込みを行う場合は柱などに帯を巻き、それを相手の腕に見立てて背負い投げのモーションに入ります。また、壁を相手に見立てて両手で掴んだり、壁や柱を使わずにモーションだけを繰り返すという方法もあります。やり方によっては、二人打ち込みや三人打ち込みにも無い大きなメリットを享受することができる優れた練習法なのです。