寝技の絞め技と関節技を決めるためのポイント

武道家におすすめの情報

寝技の絞め技と関節技を決めるためのポイント

寝技の絞め技と関節技を決めるためのポイント

柔道での寝技は、個人的には好きです。

 

抑え込みも重要な技術ですが、絞め技や関節技のように、フィニッシュする技が特に好きです。

 

理由は単純に、勝負が決したことが試合をしている両者の間でわかるからです。

 

ですので私は寝技の稽古はたくさん行いました。

 

寝技は体力とバランス感覚が重要

寝技を行うにあたって、大事なことは

  • 体力
  • バランス感覚

です。

 

体力とバランス感覚がなければ寝技を制することはできない
と私は思っています。

 

バランス感覚

寝技は基本的に、投げ技を繰り出して、一方が地面に倒れたときに抑え込みにいって始まります。

 

上から抑え込みにいくときに、倒された方の相手は、ただ寝ているわけではありません。

 

当然何らかのアクションは起こします。

 

そのときに冷静に相手の動きを止めるために、

  • 自分の身体のバランスを崩さないようにしながら、相手の胸の中心を自分の重心で抑え込みます。

 

身体のバランスを意識するのは、下手に抑え込みにいくと、相手に逃げられるか、もしくは逆にひっくり返されたり、関節技を決められたりする可能性があるからです。

 

自分が倒されたときも、そこで気持ちを切らさず、瞬時に寝技で逆転する意識を持つ必要があります。

 

寝技の攻防は体力を使う

そして、これはやってみるとわかるのですが、寝技の攻防というのはとても疲れるのです。

 

脚が使えないせいなのか、寝ながらの状態で動き回るのは、基礎体力がないとすぐにガス欠になってしまいます。

 

日頃の体力トレーニングは重要
だと感じます。

 

 

関節技

次に絞め技や関節技についてですが、柔道では基本的に抑え込みで、一定時間抑えてしまえば勝負は決します。

 

なので、抑え込みの技術は当然必要で、試合においては抑え込みで終わることが多いと思います。

 

ですが、個人的にはそれではつまらないと考えているので、そこから私の場合は関節技に移行することが多いです。

 

ポイントとしては、

  • 相手に逃げられる場所を与える

ことです。

 

技によってその箇所は変わりますが、

  • 相手が逃げられるように誘導して、その動きに合わせて関節技の形に持っていきます。

 

ミスをしてしまえば当然私が不利になりますが、そこで上手く極められれば、最高の快感に浸ることができます。

 

関節技おすすめ動画

 

 

絞め技

絞め技の場合はどちらかというと、蛇が絡みついていくように、じわじわと絞めの形に持っていくことが多いです。

 

膠着状態になりかかって、

  • 相手が審判の「待て」を待っているその瞬間に、スルッと絞めに入るのが効果的

です。

 

 

絞め技おすすめ動画

 

 

柔道は立ち技で一本を取ることが美徳とされているように感じますが、武道という枠組みで考えれば、寝技も柔道においては、大切な要素であることは間違いありません。

 

情熱を持って取り組んでいけば、きっと試合でも生かされるでしょう。

 

寝技を深く学びたいならこちら

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

柔道の抑え込み技を決める重要なコツとは?袈裟固・縦四方固・肩固・横四方固・上四方固
柔道の固技の袈裟固・縦四方固・肩固・横四方固・上四方固についての解説とおすすめ動画です。 柔道の抑え込み技を決めるには、重要なコツがあります。そのコツを知っていることで、上達も早まります。 特に初心者は、理解しておくことで、抑え込み技が決まりやすくなります。ぜひご覧ください。
投げ技から寝技への移行で一本を狙う寝技への入り方やタイミング
投げ技から寝技への移行で一本を狙う寝技への入り方やタイミング
柔道の寝技を集中して練習し一本勝ちできるようになった
柔道で強くなりたいと思って練習しても、才能や運動神経がなかったり、体格差や体重差があったりして、なかなか上達しない人もいるでしょう。立ち技を多くしている人が多い中、寝技を学んで効果的に強くなる事ができました。ぜひご覧ください。
寝技で上達するポイント
寝技で強くなるには、基本動作が大切です。極める力、逃げる力、返す力をつけるには、基本動作と寝技の反復練習が上達の近道となります。ぜひ、ご覧ください。
柔道の試合の勝率を上げるために寝技を稽古しよう
寝技は、努力が結果に結びつきやすい技です。立技はしっかりと稽古するけど、寝技を熱心に稽古している人が少ないからではないでしょうか?寝技を稽古していない相手というのは寝技が有効に使えます。立技からの流れ、逃げられた時の対処など、しっかりと稽古しておきましょう。ぜひ、ご覧ください。
試合で使える寝技を身につけるには?
寝技を練習していると、寝技師同士の気の合う者同士で練習してしまいがちです。高度な寝技を身につけることができますが実践的ではありません。試合では、亀の相手をいかに仕留めるか、亀にさせないか、重要です。立技の強い人との練習が重要です。ぜひ、ご覧ください。
寝技の攻めの抑え込み、締め、関節技と防御のエビと亀
寝技は立技と違って努力で強くなることができます。寝技を磨くことで立ち技に優れる者にも肉薄することができます。攻めは抑え込み、締め、関節技の三つ、防御のエビと亀、体落としや巴投げなど、寝技に誘い込みやすい立ち技をしっかりと練習しましょう。
柔道の寝技を強化するためにブラジリアン柔術を学ぶこともおすすめの方法
関節技を覚える事が柔道においての寝技を強化する一つの方法です。アームロックの腕固めは横四方固めや、上四方固めから極める事ができる技です。ブラジリアン柔術は柔道の寝技よりはるかにレベルが高く、多彩で実践むけです。動画をYouTubeで見てみてください。これが柔道の寝技を強化するコツでもあります。