おすすめの素振り用竹刀で剣道に必要な筋肉をつける

武道家におすすめの情報

おすすめの素振り用竹刀で剣道に必要な筋肉をつける

おすすめの素振り用竹刀で剣道に必要な筋肉をつける

竹刀を振るときに必要な筋肉は、前腕や上腕二頭筋、三頭筋、三角筋、広背筋、僧帽筋など、様々な筋肉が関わってきます。

 

それらをウエイトトレーニングで鍛えることは、非常に有効なことだと思います。

 

しかし、剣道をする時の理想の筋肉は、やはり、剣道をするときの動作でつけていくことです。

 

打突を強く速くするには、素振りで筋肉をつけることができれば可能になります。

 

体全体の筋肉がしっかりしていれば、打突が強く速くなるだけでなく、体当りしても当たり負けをしません。

 

問題は、瞬発的な力を発揮する筋肉の速筋線維は、45秒以内などの短時間に限界を迎えるような負荷をかけないと、効率よく筋肉がつかないということです。

 

普通の竹刀では軽すぎて、なかなか45秒以内で、「もうこれ以上竹刀を振れない」という筋肉の限界を迎えることは難しいです。

 

そこでおすすめなのが、素振り用の竹刀です。

 

 

素振り用の竹刀であれば、しっかりと重さがあり、これを、速いスピードで素振りすることにより、打突に必要な筋肉をしっかりと鍛えることができます。

 

素振り用の木刀であれば、刃筋の立て方や、手の内の握りを学びながら、筋肉を鍛えられます。

 

 

普通の竹刀でも、先の方にオモリをつければ、高い負荷をかけることができます。

 

素振り用のオモリがありますので、そちらを利用するのも、負荷をかけるのにはいい方法だと思います。

 

 

創意工夫をして剣道をしていけば、悩み等は消えていく

剣道の試合において、私自身問題がありました。

 

それは「力負け」してしまうことです。

 

特に体格の大きい人が相手だと、鍔迫り合いなどの時に、面を引き際に簡単に入れられてしまったりします。

 

そんなとき私が薙刀をやっていた時に習った事ですが、相手の力を左右へ流しましょう。

 

鍔迫り合いに持って来ようとしたら、相手の利き足側へと体重をかけ、聞き足でない方へ相手を流す。

 

逆に面を打ってきたら受け止めるのではなく、竹刀を坂のように見立ててその上を斜めに滑らせましょう。

 

といっても1、2か月で出来るようなことではありませんので、半年は頑張ってください。

 

そうすれば簡単に相手の力を利用して勝つことができます。

 

このように色々と創意工夫をしながら剣道をしていけば、徐々に自分の中での悩み等は消えていきます。

 

環境についてはなれるところも多いかと思いますが、1、2カ月で全て習得できるスポーツでもありませんので、気長に頑張りましょう。

 

これからも剣道をする方、新しく始めようとしている方頑張って下さい、応援しています。

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道の竹刀の形(胴張り・小判型など)の種類や選び方について
竹刀はどれも同じように見えて、形に種類があります。その種類ごとに特徴があり、練習に適しているものや試合に適しているものなど、さまざまな種類があります。それぞれの特徴をつかんで、自分の目的に合った竹刀選びをできるようにしましょう。
剣道初心者でもわかる竹刀の作り方や組み立て方の動画を紹介!
竹刀を組み立てるのは、初心者にとっては非常に難しいものです。写真などで解説しているサイトもありますが、動画で作り方や組み立て方をわかりやすく解説している動画がありましたので紹介いたします。
剣道の竹刀のサイズの選び方
竹刀はさまざまなサイズがあります。小学生以下は規定がありませんが中学生以上になりますと、長さや重さなどが規定に適していないと使用することができません。小学生以下は身長を基準に選んでみましょう。
剣道の竹刀の部位の名称とは?上達のために覚えるべき竹刀の名前とは?
剣道で使う竹刀ですが、各部位で名前がついています。その基本的な名前を紹介しています。
竹刀袋を選ぶときのポイント
剣道の竹刀袋はさまざまな種類や色が販売されています。竹刀袋は、長い間使うものですので、自分に合った竹刀袋を選ぶことが大切です。竹刀袋を選ぶときのポイントを紹介します。
剣道の竹刀の握り方持ち方の動画
剣道の竹刀は基本の持ち方があります。その持ち方で持つと、無駄な力が入らず、必要なときに素早く竹刀を振ることができます。その基本の持ち方の動画を紹介いたします。
剣道の竹刀の中結い(なかゆい)の結び方のわかりやすい動画を紹介!
竹刀の剣先の手前にある中結い。試合中に緩んだりして動いてしまい、直している光景をよく見かけます。中結くらいは、自分で結べるようにしておきたいものです。わかりやすい動画を紹介しておきます。
竹刀のお手入れやメンテナンスの道具
竹刀は、すぐ割れる、ささくれる、という問題があります。しかし、しっかりメンテナンスをすることで、それら防止し、割れにくく長持ちさせることができます。ぜひ、ご覧ください。
軽く感じる実戦型竹刀の激安販売店
同じ重さの竹刀でも重心が手元に近くなる実戦型竹刀なら、かなり軽く感じます。そのため、スピード型の剣道をする人にとっては実戦型の竹刀はおすすめです。操作性がよく、返し技や応じ技も出しやすい試合用の竹刀といっていいでしょう。そんな実践型竹刀の激安通販店の紹介です。
カーボン竹刀のメリットとデメリットとは?試合で使うのはどうなの?
剣道の竹刀は、多くの人は竹の竹刀を使っています。それ以外にはカーボン竹刀があります。竹刀と比べて折れにくく、ささくれもできにくい竹刀です。竹の竹刀とは打突の感触や音が違いますので、初心者には不向きともいえます。激安で販売されているお店を紹介いたします。